鯨庭(クジラバ)の初作品集「千の夏と夢」(リイド社/古書600円)について、朝日新聞の「好書好日」でこんな文章を見つけました。

「職人がひとつひとつ手で仕上げた工芸品などから、生体エネルギーの迸り感じる時がある。躍動する竜のしなりに辺りの空気を震わせるグリフィンの羽ばたき 本作に登場する伝説の生き物を描いた線からも、エネルギーの放出を感じた。」

決して緻密な線で描かれた漫画ではないのですが、明らかに空中に飛び出すエネルギーを感じました。

短編が5つ収納されています。村に雨を降らすために龍神の生贄として献上された娘と、龍神との心の交流を描いた「いとしくておいしい」、山で人間の子供を拾い名前をつけて育てた鬼と、人間社会へと帰ってゆく子供との永遠の別れを描いた「ばかな鬼」、生物兵器として育てられたケンタロプスが戦後に目覚める「君はそれでも優しかった」、鷲の頭と馬の後半身があわされたヒポグリフと研究者の交流を描いた「僕のジル」、そして父親をなくした娘を見守る掛け軸の中に描かれた龍の物語「千の夏と夢」。どれも幻の獣と人間の交流を描いています、

どの作品にも感情移入してしまいそうですが、やっぱり第一話の「いとしくておいしい」のラストシーンでしょうか。本当は生贄を食べたくないのだが、村に恵の雨をもたらすために食いちぎる竜の迫力あるカットに続いて、目に涙を浮かべる龍神、そして、降り出す雨。龍神が流す涙のように降り続きます。

ファンタジーですが、慈愛に満ちていて、ある時は悲恋のような物語は涙を誘います。最終話の「千の夏と夢」で、幼い娘を残して天国へ旅立った父。父の納骨の朝、娘はそれまで彼女を見守ってきた掛け軸の竜にそっと触れるワンカットで幕を閉じます。これは泣ける。今後の活躍が期待の作家です。