西洋絵画によくある裸婦像。私は、これのどこが面白いのかさっぱりわからず、ベッドサイドに素っ裸で寝そべっている裸婦なんて、ん?誘ってるの、としか思えませんでした。

しかし「素描集裸婦」(上巻・毎日新聞社/古書900円)を見て、見直しました、というかノックアウトされてしまいました。15名の名だたる画家が描いたデッサンの中の鴨居玲の作品に。

鴨居玲は、ひたすら人物を描き続けた画家ですが、以前伊丹市立美術館の展覧会で、緻密でありながら、大胆で、今にも動き出しそうな人物描写に感動しました。この作品集を、何の気なしに開けたところ、目に飛び込んできた彼の描いた裸婦は、肉厚的で重量感のあり、後ろ向きに寝ている女性の腰から足首にかけての描写が圧巻でした。ご存知のように、姉の鴨居羊子は、下着デザイナー・画家で、多くのエッセイも残しています。

この「素描集裸婦」には、梅原龍三郎、小磯良平、佐藤忠良などの作品も見ることができます。日本の現代絵画における画家に疎い私には、初めて知る人も多いのですが、小松崎邦雄の溢れ出る優しさ。加藤東一の膝をついている女性の静寂感。部屋の椅子に腰掛ける女性をさっさっと手早く描き、生き生きとした線が魅力的な梅原龍三郎など、どの裸婦にも見惚れてしまいました。

そして、印象に残ったのが斎藤真一でした。1922年、岡山生まれの斎藤は、瞽女を描いて注目された画家です。現代の青年漫画に出てきそうな不思議な雰囲気の裸婦が描かれています。一軒家の前にポツンと立った電柱。その前にいる裸婦の後姿。彼女には雨が激しく当たっています。つげ義春的世界。肩から垂れ下がる長い髪。斎藤は文筆にも才能があり、随筆集「瞽女」では日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しています。ネットで調べてみると多くの作品を残していることがわかりました。その中に、「瞽女物語』(講談社文庫)を発見。これ、店にありましたが、売れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の動物保護施設「ARK/アニマル・レフユージュ関西」が発行する2020年のカレンダー販売中です。

壁掛けタイプ(1000円)。机上タイプ(800円)があります。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。

 

先日、伊丹市美術館で開催されている「鴨居玲」展に行ってきました。絵画展で、こんなに圧倒されたのは久しぶりでした。

ご存知かもしれませんが、デザイナー鴨居羊子の弟さんです。彼女のエッセイは当店でも人気ですが、玲さんの絵画については、予備知識ゼロの状態でした。

本人が、自らの初期としている37〜38歳の頃の絵画から展示は始まります。パステル画の「ドンコサックの踊り」で、空中を浮遊するかの如き踊り子の躍動感!その後のシュールリアリズム的作品は、私には面白くなく通り過ぎました。

そして片隅で語る男三人を描いた「BAR」。ストイックな構図に足が止まりました。或は、「蛾と老人」で、アコーデイオンを弾く老人の前を飛ぶ蛾を捉えた、不思議な画面に吸い込まれていきました。

71年、スペインに渡った彼は、絶頂期を迎えます。重厚な、見事に人間の身体の動きを捉えた作品が並びますが、代表作「廃兵」には、ノックアウトされました。戦争で負傷し、肢体を失くした軍人を描いた作品で、こちらを見つめる兵士から、己の悲劇を怨む声が聞こえてきそうな辛い作品なのですが、暫く佇んでいました。まるで、動くな!と作者に言われているような圧倒的な存在感です。

そして、帰国後の彼の作品群へと展示は続きますが、それは早すぎる死へのラストランの幕開けでした。画面中央の真っ白なキャンバスの前に焦燥しきった表情の鴨居自身が座り、こちらを見つめています。彼の回りには、それまで彼が描いてきた人物や、彼の愛犬チータが取り囲み、何も描けなくなった「私」という大きな作品で、画家の悲痛な声なき叫びが迫ります。「もう描けない」という事実を、渾身の力で描ききった彼は、幾度かの自殺未遂の後、85年に、57歳の若さでこの世を去ります。

滅多に図録は買わないのですが、これは購入。日々、眺めています。

Tagged with: