夕書房から出た鷲尾和彦写真集「Station」(夕書房/新刊・3960円)は、被写体となった一人一人の人生に思いを寄せて見た一冊でした。

「2015年9月9日、オーストリア・ウィーン西駅。欧州から日本への帰途にあった私は、空港へ向かうバスにに乗り換えるために降りた駅のホームで、あふれんばかりに押し寄せる人の波に突如としてのみ込まれた。」

多くの国の人々が行き交う駅のホームで、写真家が過ごした3時間。そこに映し出される時間を私たちは見る、いや体験することになります。写真集には梨木香歩は文章を寄せています。

「『Station』に収められた写真を見ている間、被写体となった人びとに何度も感情移入した。ひとの群れのなかに、自分も混じり込んでしまう。同じ時間、同じ場所を共にしている、自分も含め、彼らは行きずりの人びとでもある。つまりその場限り、かりそめ、つぎの瞬間は分水領のように運命が分かたれていく。」

祖国から離されて、他国へ流されてゆく難民らしき人々が、ここには多く登場してきます。壁際に立ちすくんだアラブ系の女性の視線と出合うと、もう動けなくなる。彼女の運命を思い、こちらも立ちすくんでしまう。大きなバッグを持って、ホームを足早に立ち去る男たちがどこへ行こうとしているのか。列車の窓から、こちらを見つめる少女には何が待っているのか、幸あれと祈られずにはいられない。

「一枚一枚に人生が集約されている」と梨木は書いています。私たちの生きているこの時代の姿を、普段の生活の中では忘れている姿を見せつけてくれる写真集です。ぜひ、傍に置いておいて欲しい一冊だと思いました。そして、ページを開いてこれからの彼らの暮らしに、思いを馳せてみてください。

誠光社で、現在「Station」の写真が展開催されています。(9月15日まで)

 

★インスタグラム始めましたlaetitia_booksで検索してください。