大福書林が、ウズベキスタンとタシケントの地下鉄駅の素敵な装飾の世界を紹介した「メトロタシケント」(新刊/1980円)に続いて、ポルトガルの首都リスボンの地下鉄の駅々にあるタイル装飾を撮影した写真集「メトロリスボン」(新刊/ 2200円)の刊行しました。その記念として写真展を開催します。

1955年にリスボンの地下鉄の建設工事が始まりました。しかし、予算不足で装飾に回す資金がなくなり窮地に陥ります。その時考え出されたのが、安価で入手が容易だったモザイクタイルを代用することでした。59年に地下鉄は開通し、地下鉄の発達と共にモザイクタイル画も増えていき、地下鉄の壁がきらびやかになりました。本書の著者の鷹野律子さんは、地下鉄の主要26駅と、リスボンはじめポルトガルの街を彩る美しいタイルを探して歩き回りました。

とにかく美しい!これを見ることができるのかと思うと、ぜひ行ってみたくなりますね。今回は、写真集から一部を展示しています。既刊の「メトロタシケント」から、タシケントの地下鉄の美しいタイル装飾の写真もご覧いただけます。ウズベキスタンの地下鉄は、旧ソビエト連邦時代に建築が始まり、モスクワの地下鉄を意識した、駅ごとに装飾が違う華やかなものです。

今回、京都市内にあるポルトガルタイル専門店「アズレージョ・ピコ」さんのご協力で、可愛らしいタイル作品を出していただきました。ポルトガルの女性陶芸家インディーラさんの手描きタイルは、おおらかなデザインの一点物です(5500円〜)。そのほか、職人による異国情緒溢れるタイル(1320円〜)が並んでいます。インテリアの新しいテイストに加えてみては如何でしょう。

さらに、鷹野さんが作ったタイルをあしらったヘアゴム、ブローチ、マグネット(各500円)も販売しています。