とある老人ホームで行われている虐待、窃盗の証拠を探すために、一人のスパイがその老人ホームに送り込まれました。スパイの御年83歳。多分、映画に登場した最高齢のスパイでしょう。「京都シネマ」にて上映中のチリ映画「83歳のやさしいスパイ」は、探偵事務所の募集に応募して合格したセルヒオが、ホームに潜入し、携帯電話の使い方も不慣れなのに、眼鏡型の隠しカメラなんかも使ったりして、大真面目に仕事をしていきます。

驚いたことに、これ、ドラマではなくドキュメンタリーなんです。つまり、探偵事務所に雇われた素人のおじいさんが潜入する、その様子をカメラに収めているのです。ホーム側には、もちろんあらかじめ記録映画を撮りますという了解を取っているとは思いますが、果たして入居者のご老人たちは、どこまで理解していたのでしょうね。

とにかくセルヒオは、このホームの入居者たちと暮らし始めるのですが、映画は、彼が老婦人たちと仲良くなってゆく様子を、様々な角度から撮影してゆきます。妻を亡くして間もないセルヒオは、とても優しい人で、ユーモアがあり、知性も兼ね備えているので、女性たちにモテます。

まるでハートウォーミングなドラマを観ているようで、上手い作り方です。監督はマイテ・アルベルディという若い女性。長編ドキュメンタリー作品で評価の高い監督みたいです。

入居者の笑顔、寂しげな表情、遠くを見つめる虚ろな横顔などを収めながら、一方でセルヒオという老人の人間性に迫っていきます。黒柳徹子が「老人ホームの映画の多い中で、ユニークさは、特別!」というコメントを寄せています。

映画館では、後部の座席に女房と並んで座ったのですが、前方を見ると、髪の毛の白い方ばかりがズラリ。そちらの景色もなかなか壮観でした。