以前、サントリーミュージアムで開催された「THE ドラえもん展」の図録は、かなり凝った内容です。ページをめくると武蔵野美術大学教授で、デザイン評論家の柏木博が、当展覧会アドバイザーとして「消えてしまった風景への夢」という文章を寄せています。ドラえもんの連載が始まったのは1970年。60年代の高度経済成長時代は終焉を迎え、それまでの産業社会、あるいは消費社会に疑問が出てきた時代です。

「そこに描かれている風景、そして、のび太やしずかちゃんやジャイアンといった子どもたちは、60年代の『高度経済成長』の経過の中で、次第に消えていった存在であり、それが、この漫画の中で生き返っているのである。」と書いています。

遊び場としての空き地がなくなり、集団で遊ぶことが失われていった時代に登場したドラえもんというキャラクターを巡って、様々な表現ジャンルで活躍するアーテイストたちが、ドラえもんへのオマージュを表した作品が図録に収録されています。奈良美智の「シャイアンにリボンをとられたドラミちゃん」は有名な作品ですので、ご存知の方も多いと思います。

美術家の森村泰昌も参加しています。曰く、「ドラえもんをイメージしたドレスを作り、それを『私=モリムラ』を形どった人形に着せます。といってもドラえもんの着ぐるみを作るのではなく、ドラえもんを優雅に演出したドレスを作ります。ドラえもんのドレス。ですから、『ドラス』です。宇宙的でありながら、かわいく、そしてエレガント。」

エレガントかどうかはさておき、宇宙的であることは間違いありません。

デザイン的にいいな〜と思ったのが、グラフィックデザイナーの松下計が製作した「すべての階層のドラえもん」。ビルのあらゆる階にドラえもんらしきシルエットが出没しています。なんの違和感もなく溶け込んでいるところが、さすがドラえもんです。

そして最も微笑ましかったのは、写真家蜷川実花が、他の仕事ほっとらかしにして取り組んだ「ドラちゃん1日デートの巻」。この後ろ姿を見て、微笑まない人は、いないでしょう。

どのページにもアーティストたちの才能が開花した作品が一杯。(古書/700円)

 

 

 

大阪の動物保護施設ARK関西アニマルレフユージュの2020年カレンダーが入荷しました。

壁掛けタイプ1000円、卓上サイズ800円です。なお当売上は、保護活動費に当てられます。

宮城県出身の小説家、木村紅美の「夜の隅のアトリエ」(文藝春秋/古書1150円)を読みました。2006年「風化する女」で文学界新人賞を受賞し、08年「月食の日」で芥川賞候補になり、本作で野間文芸新人賞候補に選ばれて、順調に小説家としての道を歩んでいます。彼女の小説はこれが初めてですが、ハマりました。

東京で美容師をしていた主人公、田辺真理子が「自分の素性もわからなくしたい。仕事も名前も変えて、つきあいのあるすべての人のまえから、突然、予告なしに消える」ことを実行し、年の暮れに東京から半日かけある町に辿り着きます。そこは、「猛吹雪に支配されていた。薄黒色の空から、意思を持っていそうな雪が、たえまなく、降る、というよりも渦を巻きながら、巨大なバケツをひっくり返されたみたいに襲いかかってくる」ような、まるで世界から孤立したような所です。

この町で、彼女は殆ど客のいない散髪屋の二階に下宿し、誘われるままに場末のラブホテルの受付を始めます。生きる希望とか、人生の展望などまるでなく、惰眠を貪る生活を続ける真理子。作家は、ひたすら雪に閉じ込められる町を精緻な描写で描いていきます。退屈?いや、全然。息をひそめて暮らす彼女の生活に安らぎさえ感じてくるのです。そんな生活でも、それなりに人間関係が生まれます。それを切っ掛けに彼女が生きる希望を見出す、などというやわな展開にはなりませんので、ご安心を…….。

デッサン教室でヌードモデルのバイトをした縁で、ラブホテルの主人のヌードモデルを始めます。ここで、二人に歪んだ性関係が生まれるような展開にしないところが巧みです。病気で臥せているホテルの主人の妻、老朽化する建物の改装資金もない、そんな場末のホテルにも容赦なく雪は降りかかります。小説の主人公は、雪かもしれません。

誰も見向きもしない町で生きる真理子を見つめて終るのかと思いきや、こんな展開になります

「いまいるここで、東京を離れいくつめの町になるやら、いつからか正確に把握していない。短くてひと月ほどから長くて一年半ごとに、北から南まで、観光地でなくこれといった特徴のない町、産業が衰え過疎化の進んだ町ばかりに引き寄せられ、移り住んでいる。候補地はいたるところにある。五、六年を過ぎた。」

彼女には、「いままでもこれからも、知らない町へと流れ去ってゆくことだけがたしかだ。追われているようなこの暮らしは安住より生きている心地を得られる。」のです。

寂寞たる光景の過疎の町にあって、その寂しさ、孤独を友にするように生きてゆく自由。

「朝が訪れるまえに、自然とそのままに目ざめなくなる日がくることを夢見る。上手くいくだろうか。くちびるがほころぶ。帰る場所はどこにもない」

この簡潔なラスト。私たちが、見知らぬ町に立ち寄った時、そこに真理子が人知れず生きていると思うような幕切です。

 

★町田尚子さんのCharity Calendar2019入荷しました。

540円(右)

(売上の一部は動物愛護活動の一貫として寄付されます)昨年も早々に完売しました。お早めにどうぞ!

 

ARKカレンダー2019も入荷しました!! (下)

大/1080円 小/864円

こちらも毎年人気です。売上げはARKに寄付いたします。よろしくお願いします。

カレンダーついては、撮影者の児玉さんのブログにも上がっています。

現在、当ギャラリーで写真展開催中の、動物レスキュー組織「アニマルレフージュ関西(ARK)」の来年度カレンダーが入荷しました。毎年、販売していますが、なんとか今回の写真展に間に合いました。今日から12月まで当店でお取り扱いしておりますので、よろしくお願いします。

壁掛けタイプ(1000円)と、卓上タイプ(800円)の二種類があります。顔を寄せ合った子いぬの写真なんか、もう可愛い!!と、抱きしめたくなりますが、彼らは決して幸せな境遇にいたわけではなく、それぞれの事情を抱え、ARKにたどりつきました。今でこそ、ARKという保護施設で、安心した生活を送り、また新しい家族に迎えられた犬や猫もいますが、過去には、遺棄されたり、暴力を受けたりしています。

ARK代表、エリザベス・オリバーさんの「動物と分かちあう人生」(1944円)、「スイート・ホーム物語」(1836円)、「日本の犬猫は幸せか」(734円)を読むと、ヨーロッパに比べて動物保護意識の低い日本の現状、災害時のペットの安全対策、あるいは安楽死の現状をつぶさに知ることができます。(以上3冊の本の販売は写真展最終の18日まで)

動物にとって優しくない国は、やはり人にとっても優しくない国ではないでしょうか。

 

さて、本日オープンしたMUJIBOOKS(イオンモール京都/無印良品)の「オススメ本の紹介」コーナーに参加させていただくことになりました。これは、何人かが、それぞれセレクトした本を数冊選び、コメントとともに店内で展示販売してもらうという企画です。テーマは何でも良かったのですが、「共生」ということを考えるという意味合いで、以下の文を添えて熊に関する本を選びました。こんな本です。

「ぼく生きたかったよ」 すずきまりこ かりん舎
「ブルーベア」 リン・スクーラー 集英社
「熊になった少年」 池澤夏樹 スイッチ・パブリッシング
「終りのない旅星野道夫インタビュー」 湯川豊 スイッチ・パブリッシング
「なめとこ山の熊 あべ 弘士 三起商行

いつから、熊は人間の敵になってしまったのでしょうか。クマモンは可愛いけど、本物は人を襲うから怖いと考えますか?本来、熊は山の奥で彼らの生活を全うしていたはず。それが、人間の住む近くまで出てきたのは何故でしょう。そんな事も含めて、人間にとっても、熊にとっても住みやすい世界のありようを考える本です。」

 

私たちも、犬も猫も、熊も、この星に共にへばりついて生きていることを、頭の隅に置いておきたいものです。

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知弘さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショーを予定しております。(要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)

Tagged with: