京都文化博物館で開催されている「小早川秋聲展」に行ってきました。「國之楯」(写真左)は、戦時下の絵画をテーマにした美術展で見たことがありましたが、衝撃的でした。従軍画家として中国戦線に出向き、沢山の作品を描いたのですが、本作品だけは日本軍が受け取りを拒否したということです。

そんな画家が、他にどんな作品を残していたのか興味があり、当店の近くの会場ということもあって出かけたわけですが、今回の作品展のサブタイトルに「旅する画家の鎮魂歌」とあるように、若き日、この人は世界を旅して、多くの作品を残していたことに驚きました。

小早川秋聲は、大正期から昭和期にかけて京都を中心に活躍した日本画家です。当時の日本人としては異例ともいえる程、海外へ出かけていきます。大正9年には3年間ヨーロッパを外遊し、インドやエジプトにも足を運んでいるのです。その数年後には、今度はアメリカに渡り、数ヶ月間過ごしています。会場には、外遊時代に書かれた作品がたくさん展示されていています。

飛行機もなければ情報も少ない時代に、よくぞここまで世界を回ったものです。異国の景色に日本的叙情を感じる作品の数々に、しばし足を止めました。ちなみに彼はヨーロッパ外遊中に結婚しています。外国にいることの不安や戸惑いが無い人だったのかもしれません。

日本軍の中国侵略とその後の日中戦争中、陸軍の依頼で従軍画家として中国、東南アジアに派遣され戦争画を描きます。愛国心を奮起するような勇ましい作品が多いのが戦争画ですが、彼の場合は、勇猛な突撃シーンなどはなく、戦場で疲れた兵士達の休息の時を描いたりして、静かな絵が多くあります。そんな中の一点が「國之楯」」でした。

黒一色で塗りつぶされた背景に、胸の前で手を組んだ日本兵が横たわっています。顔には出征兵士に送られる日の丸が覆いかぶさっていて、一人の兵士が戦場で死んだ事実が迫り、動かなくなった肉体の持つ重さに対面することになります。国のために死んだ兵士の姿としてみれば、日本軍ご推薦の作品になるはずだったのですが、哀しみを湛えた絵は厭戦の気分を盛り上げるとして拒絶されたのかもしれません。自分は戦犯になるかもしれない恐怖におののきながらも、戦後を生きぬき1974年、京都で生涯を閉じました。

 

⭐️本の紹介をZOOMにてさせたいただく「フライデーブックナイト」。次回は9月17日(金)です。

⭐️北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。

10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約


 

 

美術家森村泰昌の「手の美術史」(二玄社/古書2100円)は、題名通り古今東西の名画の「手」の部分のみをクローズアップした本です。

「『手が描けたら一人前の画家だと言われる。それほど『手』の表現は難しいのだが、画家たちは実によく頑張った。あらゆる角度から『手』を発見し、それがどんなものであったかを、絵としてつなぎとめたのである。」

と森村は語っています。様々な意味を発する手。誘惑するような、謎めいた雰囲気を醸し出すような、祈りを象徴するような、そして喜怒哀楽を演出するなど、数多くの手が登場します。

1540年ごろに描かれた「ルクレティア・パンチャーティノ」(56〜57P)は、赤いドレスを着て椅子に座っている貴婦人の肖像画なのですが、左手は肘掛に、右手は読みかけの書物の上に置かれています。繊細で、透き通るような色白の手先は、いかにも高貴な婦人のものなのですが、その右手にどこか寂しさが漂っているように見えるのです。

アングルの「アンジェリカを救うルッジェーロ」(P131)に登場する手は、上品なエロティシズムが漂う作品です。フェルメールの有名な「手紙を読む女」(P105)の指先をよく見てみると、なんだか力が入っている感じです。悲しい、あるいは怒りを誘う手紙だったんでしょうか?

こういう絵画鑑賞の方法もあるのだと教えてくれる一冊です。

さて、赤瀬川源平「日本にある世界の名画入門」(光文社カッパブックス/古書300円)は、日本の美術館が所有している海外の名画を紹介している本です。さすが赤瀬川と言いたくなるほど絵の解説文が面白い!

スーティンの「セレの風景」(名古屋市美術館所蔵)という絵を「汚いけど美味い餃子屋の魅力」と表現しています。

「スーティンの絵は汚ない。それは正直にいおう。世俗的な、社会通念から見て、汚ないといわれても仕方がない。でもその汚ない感じは、駅裏の、パチンコ屋のさらに裏にある、美味しい餃子屋の汚ない感じに似ている。」

こんな文章を読むと、この作品見たくなりますよね。

「非常に明晰な印象を受ける」とピカソの「腕を組んですわるサルタンバンク」(ブリジストン美術館)を紹介しています。「赤い色を使っているけど、ひんやりと冷たい。その冷たさが気持ちいい。」という文章が、なるほど、これが赤瀬川の審美眼かと感心しました。

笑ったのはシャガール。「家庭で揚げるてんぷらとの付き合い」。こんな文章でシャガールを書いた人はいません。とにかく面白い!名画の敷居がグッと低くなります。

立春。まだまだ寒い日が続いていますが、ギャラリーは色鉛筆のあたたかなタッチの絵でほっこりした空気に溢れました。

平林香乃さんの「ひみつばなし」は、身の回りのグッズ、ごはん、本、果物、家、などが優しい色合いで描かれていて、ゆっくり見ていると、そこから物語が立ち上がってくるようです。

平林さんの絵に登場する動物たちは、みんな顔が見えません。木の陰に隠れていたり、本の中に入っていったりして、どの子も尻尾しか見えない。月の夜、テーブルの上に置いてある本の影に、キツネの尻尾が……..。ん?もしかしたら目の錯覚かもしれないし、そこでキツネが本を読んでいたのかもしれない。夢を見ていたのか?

日常の風景に潜む不思議ないたずら心が、なんともチャーミングです。ただ可愛いだけでない魅力的な世界が広がります。

「夜とひみつは、よく似合う。 紺色の世界は 冷たさと温かさ 厳しさと優しさを持っていて 赤いルージュも 悲しげな横顔も ほっこりとしたティータイムも どんなものも包み込んで 明かす前に、忘れる前に 朝を連れてやってくる そうして紺色はさらに深く美しく その世界に置かれているものは ひとつひとつが愛おしい 触れるときっと温かく まるで生きて呼吸しているかのよう そこに居た気配は形となって 目に映っているかのよう 夜を両手に抱けたなら 嘘も本当もきっと 優しく温か。」今回の個展に向けて書いた作家の思いです。

物語を探しにぜひお出かけくださいませ。(女房)

✴︎「ひみつばなし」HIRABAYASHI KANO EXIBITIONは、2月3日(水)〜14日(日)

月火定休 13:00〜19:00

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

星新一との名コンビで、小説・エッセイの挿絵を描いてきたイラストレーター真鍋博の集大成とでもいうべき「真鍋博の世界」(PIE/新刊3850円)が人気です。

真鍋は1932年愛媛県に生まれ多摩美大を卒業後、東京港区の中学校の教員になります。やがて、星新一や筒井康隆のSF小説の挿絵を担当し、その一方でファンタジックな未来社会を描いた作品も発表してゆきます。本書は、愛媛県美術館で行われた「真鍋博2020展」の公式図録でもあります。全7章に渡って、様々な角度から作品を選び出してあります。

本好きには、とりわけ第3章「文学との邂逅」が見逃せないところです。この章を開けると、1961年の星新一「悪魔のいる天国」の表紙原画が目に飛び込んできます。ゴシックロマン風の作品ですが、驚くべきことに真鍋は、本の版が変わるごとに新しいイラストを用意していました。それだけ星の作品に入れ込んでいたのです。だから、星のショートショートは、真鍋の表紙が無くては成り立たないと言ってもいいかもしれません。

早川文庫が出しているアガサ・クリスティー作品は、誰でも一度は手に取られたはずです。あのシリーズも真鍋が担当しています。ここには全て収録されていますが、見事な表紙絵の数々です。単行本ばかりではなく、「宝石」「建築文化」「ミステリマガジン」などの雑誌の表紙も描いていたことを、本書で知りました。

彼は色彩豊かな作品が多いのですが、印刷の時に、より精度の高いレベルで再現するために、トレーシングペーパー上に、4原色のシアン、マゼンタ、イエロー、キープレートの割合を書き入れて印刷に回していました。その例として、筒井康隆「七瀬ふたたび」の表紙絵の色指定を書いたトレーシングペーパーが付属しています。

個人的に最も好きな真鍋作品は、なんと言っても「真鍋博の鳥の眼」(1968)です。鳥の眼から見た都市が精密に描かれた線画で、ビルや、商店の名前が細かく書き込まれているのです。本書には、その中から「松山」が収録されています。以前、このオリジナルをとある古本市で見かけて後で買おうと、他の人に見つからないようコソッと隠しておいたのですが、戻ってみたら見事誰かに持って行かれてました。残念!(最近、新装版として再発されましたね)

 

★レティシア書房 年末年始の休み

12月28日(月)〜1月5日(火)休業いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

Tagged with:
 

「笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑」

これ、間違って入力したのではありません。鈴村温さんの「SamePose」(さりげなく/1650円)を読んでいると、こうなるのです

朝起きて、先ずページをめくる。そしてムフフと一人笑いして、眠気を追っ払います。昼は、店に出る前に違うページをめくりハハハと笑い、顔を整えます。そして、夜。缶ビール片手にページを開き、ウヒャヒャと笑って、その日のストレスを発散させる。と、まあこんな風に、私はこの本を活用しています。

鈴村さんには今年3月、個展をしていただき、多くのお客様にご来店いただきました。兵庫県たつの市出身。成安造形大学イラストレーションクラスを卒業後、しばらく奈良の就労支援施設「たんぽぽの家」アートセンターHANAのアトリエで、障害者の方達の絵を描くサポートの仕事をされていましたが、2年前から地元に戻り、制作に専念しています。

3月の個展で、彼女の絵が描かれた手ぬぐいを買った方がきっかけで、出版社の目に止まり、今回この面白い「Same Pose」が、発行されることになりました。

彼女が描くのは、様々なポーズをとった動物(人間も含む)です。そして、そのポーズが左右に向かい合って配置されています。もともと何とも言えないコミカルな格好が、左右シンメトリーに配置されることで、ヒートアップしています。

不思議な魅力がある本です。ぜひ、ベッドサイドに置かれて、パラパラめくって下さい。きっと楽しい夢を見ると思います。

なお、鈴村さんは来年2021年11月3日から、2回目の個展をしていただく予定です。

 

今日からギャラリーは、小倉ミルトンさんの楽しい絵に占領されました。

挨拶文に「友人は私が火星から来たのではないかと言います。私も時々そんな気がします。子供の頃の夢の世界 もしかしたら本当にあったのかもしれません」と書かれています。

ミルトンさんは、音楽を聴いているとき、お酒を飲んでいるとき、電車に乗っているときなどに、浮かんだ形をメモしておいて、その上をなんどもなんども自分の線になるまで描くのだそうです。そして下絵をパネルのサイズに合わせて拡大し、マスキングをして色を置き、気に入ったテクスチャーを作っていく。自由な線と、鮮やかな色の作品群は、見ている私を知らない星に運んでくれそうです。何もない画面からイメージを立ち上げていく、モノを作る人が持つことのできるワクワクする時間が、そのまま生きている時間に重なるような幸せな感じがします

 

生きることを肯定してくれるような、「なんかええことあるかもな」と肩を叩いてくるような、 ハッピーになれること請け合いです。コロナ禍の不安も和らげてくれる「Milton Loves Miltons」と題したワクワク・ウキウキの絵画展へどうぞお越しください。(女房)

Milton’s art exhibition「Milton Loves Miltons」は9月16日(水)〜27日(日)

13:00〜19:00(9/21・22は定休日)

 

Tagged with:
 

京都市美術館は1933年に開館し、公立美術館としては東京都美術館に次ぎ日本で二番目に開館した美術館だそうです。2017年春から全面改修工事に入り、今年京セラ美術館として新装オープンしました。その杮落とし企画された杉本博司「瑠璃の浄土」展にやっと行ってきました。(コロナ対策として、事前予約しないと入場できません。)美術館は、壮麗でクラシカルな正面の外観を残しながら、中に入ると、明るく現代的なデザインでした。杉本博司展は館内奥「東山キューブ」と名付けられた場所で行われていました。

京都での杉本の初の大規模個展は、写真作家としての彼の作品が「京都」、「浄土」、「瑠璃・硝子」というテーマでくくられています。三十三間堂の千手観音立像を撮影した「仏の海」は、早朝の朝日が仏像の顔を通過してゆく瞬間が、見事に捉えられていて荘厳でした。

以前、TV「日曜美術館」で取り上げられていた「日本海、隠岐」という三点の作品が、放映時から強く印象に残っていて、その作品を見ることができるのが最大の楽しみでした。

一見すると、沖合を捉えたに過ぎない作品なのですが、海と空の境界の彼方に広がる世界に思いをはせる作品です。生き物のように悶える白波、限りなく境界線が混じり、どこまでが海で、どこからが空なのか、見ていると魂が、するりと身体を抜け出して、彼方へと漂っていくような錯覚に陥ります。何時間でも、ここにいたいと思える作品でした。世界初公開となる大判カラー作品「OPTICKS」シリーズも展示されていて、色彩の揺らぎの中に、自分が溶けていきそうでした。猛暑の朝でしたけれど、素敵な展覧会を見ることができました。

先日ご紹介した映画「アルプススタンドのはしの方」が映画人のセンスあふれる傑作とするならば、現在、京都国立近代美術館で開催中の、「京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ」は、美術館のスタッフのセンスの良さが光る展覧会だと思います。(9月22日まで)

季節の移ろいを、日本では二十四節気という季節の区分が用いられてきました。二十四節気は中国の戦国時代の頃に、季節を春夏秋冬の4等区分する暦のようなものとして考案された区分手法だそうです。1年を12の「節季」と12の「中気」に分類して、それらに季節を表す名前がつけられています。重要な中気である夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分は併せて二至二分(にしにぶん)と言い、重要な節気である立春、立夏。立秋、立冬を四立(しりゅう)、二至二分と四立を併せて八節(はっせつ)と名付けています。

「本展では、この二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介します。本展を一巡することで、一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、自然・社会環境が激変する現代生活を改めて考えるきっかけとなれば幸いです。」

との美術館の解説通り、京都の一年間をぐるっと巡ることができます。暮らしにアートが密着していることの楽しさが堪能できます。もちろん河井寬次郎、竹内栖鳳、堂本印象、上村松園といった京都の画人だけでありません。私の好きな写真家、野島康三の昭和初期の作品にも出会えました。太田喜二郎という画家の「洛北の農家」(大正13年作)には、え?これ洛北?京都?って、まるでゴーギャンが描く南海の島の農夫みたいに明るいやん、と驚きました。

イギリスを代表する現代アートの巨匠デイヴィッド・ホックニーの「Kyoto 24 April 1993」も飾ってありました。おそらく龍安寺の庭だと思いますが、石庭を鑑賞する修学旅行生たちの後姿をカメラに収め、それを庭園とコラージュした作品でした。

京都の暑さ、寒さ、にわか雨、新緑に吹き渡る風の心地よさ、雪の美しさなどなど、日頃知っているはずの季節の変化が、作品から感じ取ることができて新鮮でした。

堂本印象の「冬朝」を観て、今まで敬遠していた金閣寺近くにある「堂本印象美術館」に行ってみようと思いました。

★お知らせ  勝手ながら8月17日(月)〜20日(木)夏季休業いたします。

 

 

数年前、くぼやまさとるさんの「ニセ蟲図鑑」(1800円)という本が持ち込まれました。全ページ精密な虫の絵で、「フグアブ科」」「エビスコガネ科」「カメダマシ科」と、それぞれ科目別に整理されています。「ニセ蟲」のタイトルにひっかりながらも、美しい水彩画に誘われてページを繰ると、さらに、各々の虫に詳しい解説が付いていました。

「雨上がりの夕方に、虹とともに現れ、虹とともに姿を消す」というのはニジオビウカビテントウ。

そう、この本に描かれている虫は、「惑星キムネジネ」という架空の星に暮らしている想像上の虫の図鑑で、当然その名前も、解説も著者の作り話。全100ページ!その詳細な楽しい解説と、透明感のある美しい虫たちの姿は見応えがあります。

「オトアツメ科」の虫たちは卵の孵化や蛹の羽化が音によって促進されるとかで、「タマヒゲオトスキ」は、沿岸部に生息して夕凪の音を集めて聴くし、「アカヒゲオトアツメ」は焚き火のパチパチ音が受精を促進する。想像がどんどん膨らんでいく感じでしょ。「チリヂリス」だの、「ヒゲカゲロウ」だの、聞いたことがあるような無いような虫がいっぱい、カラフル模様の背中を見せて並んでいます。

くぼやまさんのポストカードは店にも置いていましたが、いつか原画を見たいと思っていました。不思議の星に生息するニセ虫たちは、思っていたよりも繊細で、かわいい奴らでした。政治家の嘘にはうんざりですが、こんなキュートな嘘なら騙されても笑えます。

今回は、原画(3300円〜52000円)を始め、ブローチ(2000円)、陶器(2500円)、手ぬぐい(1800円)などのグッズも販売しております。(女房)

★くぼやまさとる水彩画展「星の虫ワールド」は7/8(水)〜19(日)13:00〜19:00 月・火定休

 

 

数ヶ月ぶりに美術館に行ってきました。京都国立近代美術館で公開中の「チェコ・デザイン100年の旅」。

チェコといえば、私はチェコアニメがすぐ浮かびます。オーストリア・ハンガリー帝国からの独立、第二次世界大戦を経て、社会主義国家としての歩み。そして民主化への道、という激動の20世紀を経験したこの国の様々なジャンルのデザインの変遷を一気に見ることが出来る企画で、ずっと観たかった展覧会でした。

入館すると、先ず目に飛び込んでくるのがアルフォンヌ・ミュシャの有名なポスター「ジスモンダ」です。まろやかな曲線美の女性と、卓越したデザインの衣装。本好きには、カレル・チャペックの戯曲「ロボット」(1925年の初版)の表紙が魅力的。兄のヨゼフが作ったもので、フランスでキュビズムの影響を受けていたことのわかる作品です。

時代と共に変わっていくデザインに、この国独特のオリジナルティーを感じます。現代に至るまで、日用品やおもちゃ、工芸品、家具、書籍と多方面に渡っています。このバイクなんか、暫く観ていましたが、飽きて来ないですね。

民族伝統へ傾いた第二次世界大戦期以降も、社会・政治情勢の変遷と共に絶えず新しいものを創り出してきました。その100年間を見ることができる展覧会です。

 

美術館3階で行われている「日本・ポーランド国交樹立100周年記念ポーランドの映画ポスター」展も面白い。非共産圏の国から入ってきた映画ポスターって、全て国内でオリジナルとは全く違う形に作りかえられます。え?これがあの映画なの??というものばかりです。蛇が絡み合うグロテスクなポスターは、「ローズマリーの赤ちゃん」だったり、可愛らしいおもちゃの新幹線が描かれたものは、日本映画の傑作「新幹線爆破」だったり。「ゴジラ」のポスターもユーモラスでした。

「チェコ・デザイン100年の旅」は7月5日まで、「日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター」は12日まで開催されています。映画館や美術館に出向くのはやっぱり楽しい。