「笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑」

これ、間違って入力したのではありません。鈴村温さんの「SamePose」(さりげなく/1650円)を読んでいると、こうなるのです

朝起きて、先ずページをめくる。そしてムフフと一人笑いして、眠気を追っ払います。昼は、店に出る前に違うページをめくりハハハと笑い、顔を整えます。そして、夜。缶ビール片手にページを開き、ウヒャヒャと笑って、その日のストレスを発散させる。と、まあこんな風に、私はこの本を活用しています。

鈴村さんには今年3月、個展をしていただき、多くのお客様にご来店いただきました。兵庫県たつの市出身。成安造形大学イラストレーションクラスを卒業後、しばらく奈良の就労支援施設「たんぽぽの家」アートセンターHANAのアトリエで、障害者の方達の絵を描くサポートの仕事をされていましたが、2年前から地元に戻り、制作に専念しています。

3月の個展で、彼女の絵が描かれた手ぬぐいを買った方がきっかけで、出版社の目に止まり、今回この面白い「Same Pose」が、発行されることになりました。

彼女が描くのは、様々なポーズをとった動物(人間も含む)です。そして、そのポーズが左右に向かい合って配置されています。もともと何とも言えないコミカルな格好が、左右シンメトリーに配置されることで、ヒートアップしています。

不思議な魅力がある本です。ぜひ、ベッドサイドに置かれて、パラパラめくって下さい。きっと楽しい夢を見ると思います。

なお、鈴村さんは来年2021年11月3日から、2回目の個展をしていただく予定です。

 

今日からギャラリーは、小倉ミルトンさんの楽しい絵に占領されました。

挨拶文に「友人は私が火星から来たのではないかと言います。私も時々そんな気がします。子供の頃の夢の世界 もしかしたら本当にあったのかもしれません」と書かれています。

ミルトンさんは、音楽を聴いているとき、お酒を飲んでいるとき、電車に乗っているときなどに、浮かんだ形をメモしておいて、その上をなんどもなんども自分の線になるまで描くのだそうです。そして下絵をパネルのサイズに合わせて拡大し、マスキングをして色を置き、気に入ったテクスチャーを作っていく。自由な線と、鮮やかな色の作品群は、見ている私を知らない星に運んでくれそうです。何もない画面からイメージを立ち上げていく、モノを作る人が持つことのできるワクワクする時間が、そのまま生きている時間に重なるような幸せな感じがします

 

生きることを肯定してくれるような、「なんかええことあるかもな」と肩を叩いてくるような、 ハッピーになれること請け合いです。コロナ禍の不安も和らげてくれる「Milton Loves Miltons」と題したワクワク・ウキウキの絵画展へどうぞお越しください。(女房)

Milton’s art exhibition「Milton Loves Miltons」は9月16日(水)〜27日(日)

13:00〜19:00(9/21・22は定休日)

 

Tagged with:
 

京都市美術館は1933年に開館し、公立美術館としては東京都美術館に次ぎ日本で二番目に開館した美術館だそうです。2017年春から全面改修工事に入り、今年京セラ美術館として新装オープンしました。その杮落とし企画された杉本博司「瑠璃の浄土」展にやっと行ってきました。(コロナ対策として、事前予約しないと入場できません。)美術館は、壮麗でクラシカルな正面の外観を残しながら、中に入ると、明るく現代的なデザインでした。杉本博司展は館内奥「東山キューブ」と名付けられた場所で行われていました。

京都での杉本の初の大規模個展は、写真作家としての彼の作品が「京都」、「浄土」、「瑠璃・硝子」というテーマでくくられています。三十三間堂の千手観音立像を撮影した「仏の海」は、早朝の朝日が仏像の顔を通過してゆく瞬間が、見事に捉えられていて荘厳でした。

以前、TV「日曜美術館」で取り上げられていた「日本海、隠岐」という三点の作品が、放映時から強く印象に残っていて、その作品を見ることができるのが最大の楽しみでした。

一見すると、沖合を捉えたに過ぎない作品なのですが、海と空の境界の彼方に広がる世界に思いをはせる作品です。生き物のように悶える白波、限りなく境界線が混じり、どこまでが海で、どこからが空なのか、見ていると魂が、するりと身体を抜け出して、彼方へと漂っていくような錯覚に陥ります。何時間でも、ここにいたいと思える作品でした。世界初公開となる大判カラー作品「OPTICKS」シリーズも展示されていて、色彩の揺らぎの中に、自分が溶けていきそうでした。猛暑の朝でしたけれど、素敵な展覧会を見ることができました。

先日ご紹介した映画「アルプススタンドのはしの方」が映画人のセンスあふれる傑作とするならば、現在、京都国立近代美術館で開催中の、「京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ」は、美術館のスタッフのセンスの良さが光る展覧会だと思います。(9月22日まで)

季節の移ろいを、日本では二十四節気という季節の区分が用いられてきました。二十四節気は中国の戦国時代の頃に、季節を春夏秋冬の4等区分する暦のようなものとして考案された区分手法だそうです。1年を12の「節季」と12の「中気」に分類して、それらに季節を表す名前がつけられています。重要な中気である夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分は併せて二至二分(にしにぶん)と言い、重要な節気である立春、立夏。立秋、立冬を四立(しりゅう)、二至二分と四立を併せて八節(はっせつ)と名付けています。

「本展では、この二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介します。本展を一巡することで、一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、自然・社会環境が激変する現代生活を改めて考えるきっかけとなれば幸いです。」

との美術館の解説通り、京都の一年間をぐるっと巡ることができます。暮らしにアートが密着していることの楽しさが堪能できます。もちろん河井寬次郎、竹内栖鳳、堂本印象、上村松園といった京都の画人だけでありません。私の好きな写真家、野島康三の昭和初期の作品にも出会えました。太田喜二郎という画家の「洛北の農家」(大正13年作)には、え?これ洛北?京都?って、まるでゴーギャンが描く南海の島の農夫みたいに明るいやん、と驚きました。

イギリスを代表する現代アートの巨匠デイヴィッド・ホックニーの「Kyoto 24 April 1993」も飾ってありました。おそらく龍安寺の庭だと思いますが、石庭を鑑賞する修学旅行生たちの後姿をカメラに収め、それを庭園とコラージュした作品でした。

京都の暑さ、寒さ、にわか雨、新緑に吹き渡る風の心地よさ、雪の美しさなどなど、日頃知っているはずの季節の変化が、作品から感じ取ることができて新鮮でした。

堂本印象の「冬朝」を観て、今まで敬遠していた金閣寺近くにある「堂本印象美術館」に行ってみようと思いました。

★お知らせ  勝手ながら8月17日(月)〜20日(木)夏季休業いたします。

 

 

数年前、くぼやまさとるさんの「ニセ蟲図鑑」(1800円)という本が持ち込まれました。全ページ精密な虫の絵で、「フグアブ科」」「エビスコガネ科」「カメダマシ科」と、それぞれ科目別に整理されています。「ニセ蟲」のタイトルにひっかりながらも、美しい水彩画に誘われてページを繰ると、さらに、各々の虫に詳しい解説が付いていました。

「雨上がりの夕方に、虹とともに現れ、虹とともに姿を消す」というのはニジオビウカビテントウ。

そう、この本に描かれている虫は、「惑星キムネジネ」という架空の星に暮らしている想像上の虫の図鑑で、当然その名前も、解説も著者の作り話。全100ページ!その詳細な楽しい解説と、透明感のある美しい虫たちの姿は見応えがあります。

「オトアツメ科」の虫たちは卵の孵化や蛹の羽化が音によって促進されるとかで、「タマヒゲオトスキ」は、沿岸部に生息して夕凪の音を集めて聴くし、「アカヒゲオトアツメ」は焚き火のパチパチ音が受精を促進する。想像がどんどん膨らんでいく感じでしょ。「チリヂリス」だの、「ヒゲカゲロウ」だの、聞いたことがあるような無いような虫がいっぱい、カラフル模様の背中を見せて並んでいます。

くぼやまさんのポストカードは店にも置いていましたが、いつか原画を見たいと思っていました。不思議の星に生息するニセ虫たちは、思っていたよりも繊細で、かわいい奴らでした。政治家の嘘にはうんざりですが、こんなキュートな嘘なら騙されても笑えます。

今回は、原画(3300円〜52000円)を始め、ブローチ(2000円)、陶器(2500円)、手ぬぐい(1800円)などのグッズも販売しております。(女房)

★くぼやまさとる水彩画展「星の虫ワールド」は7/8(水)〜19(日)13:00〜19:00 月・火定休

 

 

数ヶ月ぶりに美術館に行ってきました。京都国立近代美術館で公開中の「チェコ・デザイン100年の旅」。

チェコといえば、私はチェコアニメがすぐ浮かびます。オーストリア・ハンガリー帝国からの独立、第二次世界大戦を経て、社会主義国家としての歩み。そして民主化への道、という激動の20世紀を経験したこの国の様々なジャンルのデザインの変遷を一気に見ることが出来る企画で、ずっと観たかった展覧会でした。

入館すると、先ず目に飛び込んでくるのがアルフォンヌ・ミュシャの有名なポスター「ジスモンダ」です。まろやかな曲線美の女性と、卓越したデザインの衣装。本好きには、カレル・チャペックの戯曲「ロボット」(1925年の初版)の表紙が魅力的。兄のヨゼフが作ったもので、フランスでキュビズムの影響を受けていたことのわかる作品です。

時代と共に変わっていくデザインに、この国独特のオリジナルティーを感じます。現代に至るまで、日用品やおもちゃ、工芸品、家具、書籍と多方面に渡っています。このバイクなんか、暫く観ていましたが、飽きて来ないですね。

民族伝統へ傾いた第二次世界大戦期以降も、社会・政治情勢の変遷と共に絶えず新しいものを創り出してきました。その100年間を見ることができる展覧会です。

 

美術館3階で行われている「日本・ポーランド国交樹立100周年記念ポーランドの映画ポスター」展も面白い。非共産圏の国から入ってきた映画ポスターって、全て国内でオリジナルとは全く違う形に作りかえられます。え?これがあの映画なの??というものばかりです。蛇が絡み合うグロテスクなポスターは、「ローズマリーの赤ちゃん」だったり、可愛らしいおもちゃの新幹線が描かれたものは、日本映画の傑作「新幹線爆破」だったり。「ゴジラ」のポスターもユーモラスでした。

「チェコ・デザイン100年の旅」は7月5日まで、「日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター」は12日まで開催されています。映画館や美術館に出向くのはやっぱり楽しい。

今年4月、東京立川にオープンする美術館の開館記念展が「エリック・カール 遊ぶための本」です。その記念図録がブルーシープ社から発売されました(新刊/2200円)。

図録の帯に記載されていますが、これはエリック・カールの全てがわかる立派な書籍です。カールといえば、「はらぺこあおむし」が有名な、色彩を巧みに操る魔術師みたいな絵本作家。

本書で序文を書いている、今人気の絵本作家tupera tuperaは、カールの世界をこう表現しています。 「画面を隅々まで眺めてから、今度は、顕微鏡でも覗くかのように、ぐっと絵に顔を近づける。すると、まるで色鮮やかな銀河や惑星をみているような光景が目の前に広がる。エリック・カールによって生み出された紙の宇宙だ。」

カールの作品では、アメリカの童歌を元に、カールが描いた動物たちが登場する「月ようびはなにたべる?アメリカのわらべうた」(1993)が大好きです。ここに登場するヤマアラシの美しい姿に目を奪われました。「ごきげんななめのてんとうむし」(1977)に登場するサイや、「えをかくかくかく」(2011)に出てくる馬なども、今にも画面を蹴破って飛び出しそうです。

そんな楽しい本と遊ぶ子供達を、人気の写真家長島有里枝が撮影して、子供達の素敵な表情が収録されています。さらに マサチューセッツにあるカールのアトリエや、カール美術館の訪問記や、カールのこれまでの歴史、そして書影入りの作品リストが網羅されています。グラフイックデザイナー時代の作品を初めて見ることができました。永久保存版として持っておいても損はないと思います。

 

神田日勝は、1937年東京に生まれました。4歳の時、日本は太平洋戦争に突入します。そして、45年3月東京大空襲、この年の8月戦災者集団帰農計画に基づく拓北農兵隊に応募して、北海道へと入植します。ここから、一農業従事者としての苦難の道が始まります。趣味として絵を描いていたものの、青年期の彼は農業こそ自分の生きる道だと思っていました。が、19歳の時に描いた「痩馬」という作品が注目を浴び、画家への道が開いていきます。

私が彼の作品を知ったのは、TVの「日曜美術館」でした。その時に見た馬の作品は力強さに満ちていて、記憶に残りました。

北海道新聞社発行の「神田日勝 北辺のリアリスト」(古書1100円)を入荷しましたのでご紹介します。彼が生涯描き続けた馬が何点か収録されています。道産子らしい太い足と優しそうな目の馬の作品と共に、1965年に発表した「死馬」という、個人的に傑作だと思っている作品も収録されています。体を丸めて永遠の眠りについた一頭の馬。人間の過酷な労働の手助けをしてきたのでしょうか、足元には太い鎖が見えます。共に生きた馬への哀悼が感じられる作品です。

一方で、厳しい自然に抗うように生きる人たちの姿を静謐に描いた「飯場の風景」のような作品も見逃せません。そんな彼が、魅入られたように色をふんだんに使い鮮やかに描いた「画室」(1966年)なんて作品のポップな感覚は、重く沈み込む馬の作品群とは全く正反対です。

 

 

しかし、1970年の夏、神田は32歳の短い生涯を終えました。死の少し前、彼はこんな言葉を残しています。

「結局、どう云う作品が生まれるのかは、どういう生き方をするかにかかっている」

生きることと描くことが同次元にある、リアリストならではの力が作品の隅々にまで行き届いているからこそ、私たちは感動するのだと思いました。

余談ですが、昨年末個展をしていただいた北海道在住のあかしのぶこさんにもらった、お土産のクッキーは、神田日勝の絶筆である「半分欠けた馬」のデザインでした。北海道の人々に愛されているんですね。

 

★連休のお知らせ 1/20(月) 1/21(火)連休いたします

★1/22(水)〜2/2(日) レティシア書房冬の古本市プレ企画「こんな本が揃いました」展

★2/3(月)2/4(火)古本市準備のため連休いたします

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。


 

 

Tagged with:
 

新年最初の読書は、マガジンハウスで、数々の雑誌の編集に携わってきた編集者岡本仁の「続々果てしのない本の話」(オークラ出版/古書1200円)でした。同社の「&Premium」に連載されていた読書エッセイ40編をまとめたもので、誠光社の堀部篤史さんと共作した「古本18哩」も収録してあるという本好きにはたまらん一冊なのです。ところが読みだした最初は、ケッ!アートに詳しい編集者が、クールに自分の好きな作家をエッセイ風に描いた東京人好みの本ね…….みたいな感じで、プリプリしながら読んでいました。(なら読むな!)

が、そういう扁壺なおじさんの気持ちを、ゆっくりと柔らかにしてくれて、結局最後まで一気に読みきりました。そのキッカケになったのが、こんな文章でした。

「幸せな結婚というのは『いま、ここ』がいちばん尊いと知るきっかけであると同時に、『いま、ここ』がいかに儚いものなのかを悟るきっかけでもあるのじゃないか。ミランダ・ジュライの『あなたが選んでくれるもの』で、彼女が自分の結婚について触れている部分を読んでいるうちにそんな気持ちになり、庄野潤三の『夕べの雲』を思い出した。」

ミランダ・ジュライ→庄野潤三へと流れてゆく文章が、チャーミングです。本書では、ひとりの作家、あるいは著作から、岡本が思い浮かべた作品が次々と果てしなく並べられていきます。もちろん、私の知らない作家や、アーテイストや写真家がどんどん登場してきますが、決して上から目線にならずに、ねえ、こんな面白い人いるよ、みたいな感覚なのです。程々にクールでベタベタせずに描かれているので、心地よく読めます。

岡田温司著「モランディとその時代」という美術の本から「この本は自分自身の考えと信じていることが、もしかしたらただの紋切り型になっていないかと疑ってみることの大事さを教えてくれる。見ているようで見ていない、聞いているようで聞いていない、考えているようで考えていないことが、自分のまわりにまだまだたくさんあるような気がしてきた。」

本の内容を紹介しつつ、最後に自分の言葉で、その本から受けた思想をきちんと伝えることは、なかなか出来ません。(ブログを書きながら日々痛感しています)

一方で、著者は、少年のような瑞々しい感性をひょいと出すことがあります。京都の細見美術館で見た「永遠の少年、ラルティーグ」展の感想をこんな文章で綴っています。

「いまこの瞬間の興奮と幸せを永遠のものにしたいという、ラルティーグの無邪気さが観る者を自然に笑顔にしてしまうような写真、涙が出そうになるほど素敵だった。」

なんだか写真展で、顔をクシャクシャにして楽しんでいる著者の姿が想像できます。

それにしても方々の美術館に出かけていますねぇ〜。本当に好きなんだ。

Tagged with:
 

京都国立近代美術館で開催中の「丸山応挙から近代京都画壇へ」が15日で終わるので、散歩がてら行ってきました。ヘェ〜結構人が入っているんだ〜と感心しながら、鑑賞しました。

18世紀の京都。円山応挙は、実物写生に基づいた写生画というジャンルを切り開きました。精緻に描かれた応挙の写生画は、爆発的な人気を博し、円山派を形成します。私のような日本画に馴染みのないものにも圧倒的美しさで迫ってきます。小さく描かれた雀は、今にも屏風を突き破って飛び出しそうだし、「保津川図」に描かれた水の勢いは、4K、8Kの最新の映像技術の表現に負けない凄みがありました。

明治期の京都画壇を代表する一人、岸竹堂の「猛虎図」の虎なんて、咆哮が聞こえてきそうなぐらい臨場感に溢れていました。久々に来て良かったなぁ〜と思いながら、4Fのコレクションギャラリーに向かいました。

 

 

そこでは写真家野島康三の作品がズラリと展示されていました。かなり前でしたが、この写真家の作品を見て以来、特に女性のポートレイト作品に強く惹かれました。

野島康三(1889–1964)は、絵画を意識させる写真作品を数多く残しています。野島初期の「ピクトリアリズム」と呼ばれる写真は、ぼかしなどの技法を用いない「ストレートフォトグラフィ」が主流となると、絵画の模倣だとして批判の対象となり、下火になっていきます。しかし、独特の質感をもつ世界観を作品に投入した野島は、1930年代のドイツ新興写真に影響を受けながら、新しい作品を発表してきました。今回の展示には、モダンガールの素顔を捉えた「女の顔」も展示されていて、素敵な再会を果たしました。

ちょっと攻撃的で、アンニュイな視線をこちらに向ける女性を、ややローアングル気味で捉えた作品に、初めて出会った時は、そのクールな作品の佇まいに魅入ってしまいました。このまま、今のファッション雑誌にも使えそうな斬新な感覚だと思います。応挙の作品を見にきたはずが、野島の作品で頭がいっぱいになった帰り道でしたが、久々の近代美術館はやっぱり行って良かったです。

 

 

●大阪の動物保護団体ARKの来年度カレンダー発売中です。

壁掛けタイプ1000円(少なくなってきました) 机上タイプ800円です。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。