ご近所のギャラリー&BOOKSのお店「nowaki」さんに、DMを持って行った時のこと。ちょうど「nowaki」さんで開催されていた個展を観た瞬間、うわぁ〜、お腹の減る作品ばかり!と驚いたことがありました。

美味しそうなうどんが描かれた作品がズラリ並んでいたのです。絵を描かれたのはマメイケダさんで、このうどんの考案者が一井伸行さん。その時、ギャラリーにおられたので、ご挨拶させていただきました。

昨日、大阪のミニプレス出版社BOOKLOREから「ノブうどん帖」(1728円)という本が送られてきました。著者は一井伸行さん、絵はもちろんマメイケダさんです。

一井伸行さんは、「私はごく普通のサラリーマン家庭に生まれましたが、ある日突然うどんを打ち、出汁をとることになりました。今ではいろんなところで、うどん出汁のワークショップを開催しています。」と言う方で、プロの料理人ではありません。

著者自身もユニークですが、そのお父さんがまた格別に面白い。40年程前、お父さんは唐突に会社を辞め手打ちうどん屋を始めました。最初は閑古鳥が鳴いていたのですが、当時珍しかった手打ちうどんの美味しさが評判になり、大繁盛して支店を出すまでになりました。軌道に乗ったと思った途端、今度はアメリカ村でパスタやる!と言い出して、パスタ屋にさっさと転身してしまいます。ここで終わるかと思いきや、これからは農業や!と、10年以上続いたパスタ屋を閉じて、さっと長野県白馬村に移住してしまいました。著者も「すごい親父」と語っています。

そんな父の店で作ったうどんの出汁の味が忘れられず、多くの人に知ってもらいたくて、ワークショップを続けておられるのだそうです。この本には、著者のエッセンスが凝縮されています。すぐに役立つものばかりです。第一章はお父さんの話を中心にしたエッセイで、第二章はお出汁のレシピ。そして第三章が、友人たちのイメージに合わせて考えたうどんです。

「私が思い描くその人の印象を紙に書き出して、それを味や香りや食べ心地に置き換えて組み立てる。思いつきは良くても、食べておいしいと言うところに辿り着くまでには、なかなか仕上がりません。何度も試作を重ね、おいしく出来上がったらその人を訪ねて、一緒に食べる」という遊びを続けてきました。そんなうどんのレシピが溜まってきたので、マメイケダさんが絵にしました。名付けて「うどんスケッチ集」です。全て一井さんの友人知人のイメージに合わせたうどんが、たくさん描かれています。nowakiの店主、菊池美奈さんも登場。「ごまつゆ肉みそ」が、彼女のイメージとか。実に美味そうな面白い一冊です。

大阪にあるBOOKLOREから、「耳の人」(1620円)、「言の森」(1575円)など数冊の詩集を出している詩人、西尾勝彦が編集「旅人と詩人の雑誌 八月の水」の最新5号(BOOKLORE/1296円)が入荷しました。

この雑誌が作られたのは、東北大震災と、その後の世間の混乱が切っ掛けでした。これからどんな時代になってゆくのかという不安を越えて、こんな時代になってほしいという思いを雑誌という形にしたものです。

創刊の言葉にこうあります。「『旅人』と『詩人』が見直される時代になってほしい、と思ったのです。目先の利益ではなく、はるか遠くをみつめる『旅人』と『詩人』の存在が、今後、重みを持つはずだと思ったのです。彼らのまなざしの強さ、そして優しさによって、少しでも時代がおだやかになればと希望しています。」

その思いで5号まで発行されてきました。詩を中心にしたミニプレスはあまり動きが良くないのですが、例外的にこの雑誌はほぼ完売します。飾らない文章とシンプルな本作りがいいのだと思います。「ホホホ座」の山下店長が、毎回素敵な詩を発表されていて、今回も三作掲載されています。「おおみそか」という短い詩の後半が、いい雰囲気です。

「師走気分の人も、関係ないという人も 子どもだったおおみそかをよぎらせ 寒さを顔にたくさん受けて 冷たいほほの街

よいお年を ノーサイドの言葉で 皆 家路を歩く」

今年5月レティシア書房で紅型染めの個展をしてくださった、絵本作家ほんまわかさんも、毎号寄稿されています。絵本の仕事のこと、そして沖縄の市場のことを書いています。住まなくてはわからない沖縄の面白さが伝わって来ます。

紀行エッセイでは、大西正人の「ターナー島」が本好きにはお薦め。伊予鉄高浜線の最終駅、高浜に降り立った著者と妻は、そこでターナー島を見つけます。ターナー島とは漱石の「坊ちゃん」に登場する島です。そこから小説「坊ちゃん」の世界に入るのですが、松山を舞台にしたこの小説、「実際作中に出て来る地名などは、そのほとんどが実在しない。」と著者は指摘します。松山が舞台とは言っても、これは漱石が作った架空の松山なのです。それは、知りませんでした。

さらに、著者が再読して驚いたのが「『マドンナ』が実はほとんど登場しないという点である。登場する場面も少なければ。一言の声すら発しない。まちがいなくキーパーソンの一人でありながら、当人はほとんど現れないのだ」という事なのです。

そうだったか?とお思いの方、「坊ちゃん」を再読しては如何でしょうか。

なお、「八月の水」は2号〜4号まで各1冊づつ在庫がございます。

毎年人気の「ARKカレンダー2019」 入荷しました!! 

大/1080円 小/864円

売上げはARKに寄付いたします。よろしくお願いします。

カレンダーの犬や猫たちついては、撮影者の児玉さんのブログに上がっています。

 

 

 

岐阜に本拠を置くサカダチブックスの新刊が入荷しました。

「地方に住みはじめました。<岐阜市編>」(702円)です。東京から岐阜に越してきた女性が、縁のなかった一地方都市で、面白い暮らしかたを見つけてゆく本です。

「岐阜を全く知らなかった読者のみなさんが、少しでも岐阜に興味を持ち、せめて『岐阜』という字を間違えずに書けるようになりますように。それから、全国にある『岐阜』のような『地方』で暮すことを、ちょっとおもしろいかも、と感じていただければ嬉しいです。」という編集方針で、岐阜散策が始まります。

住みはじめて出会ったいい店のトップを飾るのは、「古書と古本の徒然舎」です。レティシア書房で年2回催す古本市にいつも出店してくださる常連さん。何度か伺ったことがありますが、程好い心地良さに満ちた古書店です。3年前に美殿町に移転して、店をスケールアップされました。この特集の面白いところは、お店の紹介記事のあと、「このあと、どこ行く?」という小コーナーがあって、周辺の素敵なお店を知ることができるのです。徒然舎に始まり喫茶ヨジハン文庫まで、個性的なお店がズラリ並びます。

今、地方都市の元気の無さが取り沙汰されていますが、きっとどこの街にも、新しい感覚でオーナーの個性を生かした店が誕生していると思います。岐阜の街をぶらぶらしたくなりました。

 

大阪発の出版社BOOKLOREから濱田久美子「Guide to Plants」(1944円)が入ってきました。この本は、一言で言ってしまえば、草木の切り絵集です。著者が心寄せる人たちと過ごした時間を、その庭に生えている草木を切り取ることで記録したとでも言えばいいのでしょうか。

「草木の切り絵は、庭で過ごした印象深い時間の記録でもあり、出会った人々をイメージして切り出したものがいくつかります。」

取り上げられているのは、作家永井宏さん、ソーイングテーブルコーヒーの玉井健二さん、恵美子さんご夫婦、そして、小さい頃過ごした母の、それぞれの庭にあった草木が集められています。大切な人達の日常を見続けてきた草木たちが、本の中で静かに佇んでいます。

巻末には、それぞれの草木の名前と、庭の持ち主との思い出話が載っています。読みながら切り絵を眺めたら、ゆったりした時間が流れるようです。

もう一点、海外文学好きにはお馴染みのフリーペーパー「BOOKMARK」の最新号も入荷しています。今回の特集は「やっぱり新訳」です、古今東西の文学、児童書、エンタメ小説の新訳本の紹介です。ゲストとして町田康が「気合と気合と気合」というタイトルで、自らが現代語訳した「宇治拾遺物語」のことを書いていますので、町田ファンなら見逃せません。

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。

個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

 

大阪を拠点に、出版活動を続けるBOOKLOREから、新刊のレシピ集が入ってきました。

BOOKLOREと言えば、旅人と詩人の雑誌「八月の水」(第1集630円、第二集735円)、畑尾和美「九月の朝顔」(2376円)、西尾勝彦「言の森」(1575円)、三倉理恵「月のスープ」(972円)等、詩を中心した本で有名です、昨日の店長日誌で紹介したクラフト・エヴィング商會の本と同様に、丁寧に丁寧に、一つ一つの言葉を大切にした本を作っています。

「言の森」に収録されている「そぼく」という詩は、素朴に暮らすと、どんな良いことが待っているかを詩にしてあります。

「遅さの価値を知る人たちに出会いました 一日いちにちが違うことを知りました」そして「損得では動かなくなりました わたしはわたしになりました」で終わります。日々寄り添ってくれる素敵な言葉が満載されています

そんな出版社の出すレシピ集が「My Dining」(1944円)です。

京都出身の中西ゆう子さんが、星ヶ丘洋裁学校の台所で開いた「青/AO料理教室」の、レシピと、そこであった様々なことが綴られています。

最近の豪華で、華美なレシピ集は写真が多く使用されていますが、この本はさりげないイラストと簡単な作り方のみ。シンプルな装丁とレイアウトで構成されています。それだからでしょうか、ここに紹介されているお料理を作らなくても、ほっこりした気分にさせてくれます。

後半は、彼女のエッセイが収録されていて、日々の喜びを見つける文章が並んでいます。著者のプロフィールを見ると、美術作家永井宏の文章ワークショップに参加されていたとか。変に飾った文章がないのはそのせいかもしれません。一見するとレシピ集に見えないところも良いですね。

 

Tagged with: