20代後半から30代前半、辻邦生(1925〜1999)の小説に入れこみました。

織田信長の生涯を、宣教師の視点から描いた「安土往還記」(筑摩書房600円)。もうこのストイックな文体で描かれる信長像にしびれましたね。

「人間は、温情を与えることで下劣なものに成り下がることがあるのだ。」下劣な存在にならないことを己にも、他者にも激しく求め、ひたすら極みに達しようとする、恐ろしく孤独な存在。明智がなぜ謀反を起こしたのか様々な説がありますが、このラストには、なるほどなぁ〜あの眼に耐えられなかったのかと納得しました。

 

その後、この人の長編歴史小説を片っ端から読破。「背教者ユリアヌス」(中央公論社1500円)全2段720ページ、「西行花伝」(1995年新潮社1000円)520ページ、「春の載冠」(1977年新潮社1600円)上下巻全900ページ2段組み、と今なら絶対読めません。歴史に翻弄されながら、悲劇的終末へ突っ走る男達、女達の人生。もうそれは真面目な小説です。文学の絶対性を信じて、人のあるべき姿を求める理想論です。古くさいかもしれませんね。現に古本市場では人気ありません。でも、理想論を真面目に語ることが大人の仕事ではないでしょうか?

昨今の原発再稼働についての意見の中に、「原発廃止は理想論。理想だけでは生活できない」とか「きれい事じゃ、無理」とかという台詞を見かけます。それは、全く間違ってます。そういう、あるべき未来への理想を真面目に語ることが第一歩のはず。理想論をせせら笑うような考え方では、いつまでもこの国はお子様の国ですね。

そういう意味で、辻邦生の読書経験は、大事なことでした。

Tagged with:
 

オ〜!Leni Rieffenstahl”Five Miles”(洋書5000円)が手に入った。

Leni Rieffenstahl、日本語で表記するとレニ・リーフェンシュタール。1902年生まれのドイツの舞踏家、女優、映画監督そして写真家でもあった。ナチス政権下で国威発揚のために製作されたベルリンオリンピックの記録映画「オリンピア」で注目を浴びるものの、ナチスのプロパガンダ映画を製作したとして、戦後黙殺されてきました。でも、この移動カメラを駆使して製作された記録映画は、今観てもとてつもなく面白いだけでなく、今日のスポーツ撮影に多大な影響を与えていることがわかる。というか、彼女がいなかったら、きっとスポーツの映像ってつまんないものになっていたはず。

戦後、ナチスとの関係を追求され続けますが、尊厳を回復(本人はナチス党員ではなかった)。70年代以降、アフリカのヌバ族の人たちの生活を撮影した写真集を発表。さらに、驚くべき事に70才を過ぎてスキューバダイビングの資格を取り、100歳!!のときに『ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海』で現役の映画監督として復帰する。もちろん、世界最年長者ダイバー記録を樹立。その翌年の2003年、静かにこの世を去りました。101才生涯現役でした。

いや〜ぁ、波瀾万丈の生涯。その彼女のすべてを網羅した写真集。当然、オリンピック撮影中の力強い写真は見所で、観ていても全然飽きて来ない。しかし、もっと凄いのは最後のページに載っている海中で撮影された海洋動物の生々しい色合い。この高齢で海に潜り、生命力溢れる世界を撮ろうとする欲望はただ者ではありませんな。少々高いかもしれません。あんまり売りたくないのでお客様防衛価格ですが、どうしても欲しい方は、気合い入れて価格交渉をしてみては? 

店には彼女の本としては「レニ・リーフェンシュタール芸術と政治のはざまに」(LIBRO社昭和56年初版 1500円)もあります。こちらはナチス政権下で彼女の悪戦苦闘が描かれていて、ドキュメンタリー映画を観ているような面白さです。

 

Tagged with:
 

中山可穂の小説に一時入れこみました。何故って。それはタイトルに能の名曲を使い、その筋を踏襲して新しい物語を作っていたからです。

「悲歌」(角川書店2009年 700円)に納められているのは「隅田川」、「定家」、「蝉丸」の三編。お能の事ご存知ならよくお分かりだと思いますが、能の名作ばかりです。でも能の事全く知らなくても、大丈夫。恋愛小説の面白さを楽しめます。特にお薦めは、最後の「蝉丸」。結婚して幸せな男が、かつて溺愛した青年のことが忘れられず、妻をほっとらかしにして、「彼は僕のすべてだ」と言い放ち、アンコールワットの遺跡をさまようお話。この人の小説には、男性同士、女性同士の性愛描写が登場します。特に、女性同士の描写は、とても濃く、ページとばしそうになる事があります。タイトル忘れましたが、好きな女性探して砂漠をさまよい歩くヒロインのお話は、映画「シェリタリングスカイ」さながらの喉が乾く事この上ない砂漠放浪小説ですが、のめり込みそうになります。

 

多分、この人のテーマはかなわぬ恋、禁じられた愛を様々な側面から描くことにあります。やはり、能のモチーフを散りばめた「卒都婆小町」、「弱法師」、「浮舟」などその代表作(文庫本「弱法師」200円)でしょう。ただ、熱愛シーンの描写が一本調子になることもあり、その辺りの作家の技術力の一層の向上をファンとしては望んでいますが、先ほどご紹介した「悲歌」の三編はラストシーンの切なさが見事ですので、推薦できます。

少し、じめ〜っとした湿気漲るお部屋で、ドアーズの”The End”でもお聴きになりながら、お読み下さるとよろしいかと思います。

 

 

 

 

Tagged with:
 

たまには、分厚い本を読んでみましょう。

お薦めはスポーツライターの故山際淳司の「スポーツノンフィクション傑作集成」(文芸春秋社95年発行)。全ページ796項で3000円。1ページに換算すると、約4円のお買い得。

山際は、ご存知のようにスポーツノンフィクションに一つのスタイルを作った作家です。特に「Suports Graphic Number」誌創刊号に載せた「江夏の21球」で注目され、そのストイックな文体で人気を呼びました。野球、ボクシング、サッカーありとあらゆるジャンルのスポーツを取材し、対象にのめり込む事なく、山際の視点で躍動するアスリート達の喜び、挫折を描いてきました。スポーツに興味なくたって、この人のノンフィクションは読めます。「江夏の21球」からお読み下さい。この時の日本シリーズ知らなくても、いや、野球知らなくても、まるであの球場にいて、何が起こりつつあるのか、そのサスペンス。大味な昨今の映画や、サスペンス小説に負けません。因みにページ数は9項で36円!たった、36円ですぞ、この興奮を味わうのに。

蛇足ながら、この作品はアメリカで映画にしてもらいたい。ハリウッドの野球映画と、「地獄の黙示録」までの戦争映画には絶対の信用を置いています。日本シリーズに出場する近鉄バッファーローズの監督役にはウォルター・マッソー、広島カープの監督にはトム・ハンクス、最後のバッター石渡にはロバート・レッフォード、江夏のキャッチャー役にはフィリップ・シーモア・ホフマン、そしてフーァースト衣笠にはケヴィン・コスナーと野球映画の名演で知られる俳優達が競演すればワクワクです。でも、肝心の主役の江夏に匹敵する役者が想像できません。それだけ、このノンフィクションの江夏の描き方が優れているのかもわかりませんね。

文庫片手の読書を楽しむのもいいですが、たまには分厚い本と格闘するのもいいものです。枕にもなるし、お店も儲かるしね。

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

川本三郎の、バーズの、妻夫木のそれぞれの「マイ・バック・ページ」

映画評論家として信頼している川本三郎さんの、ノンフィクション「マイバックページ」に始めて出会ったのは86年雑誌「Switch」での連載だ。衝撃だった。自分自身の忌まわしい過去を振り返えるつらい作業。川本さんがかつて朝日ジャーナール記者だった時代に、自衛隊基地に乱入した過激派の活動家と接触し、その結果、警察の取り調べを受け、朝日新聞社を退社せざるを得なくなるまでを綴った苦い記録だ。(河出書房新社版1988年発行1400円)

激しく揺れ動く時代に自分を見失いそうな時に、彼を助けたのはCCR、ストーンズ。そして本のタイトルにもなった曲を作ったボブ・ディランらのロックだった。時代にロックが反抗し、また寄り添った幸せな時代でもあった。

 

 

そして、昨年映画化される。監督は、やはり信頼している山下敦弘。出演は妻夫木 聡×松山ケンイチ。原作の持ち味は十分に生かしながら映画独自の解釈をする。ラストシーンで妻夫木が大号泣する。もう素晴らしい泣き顔だ。妻夫木は上手い役者だが、彼のベストパフォーマンス。何故、彼が号泣するのかの説明はしません。DVD借りて観てください。男の泣くシーンで、こちらも泣いてしまいそうになる。

 

もうひとつ、この曲について。ボブ・ディランの名曲であることは事実だが、カヴァーしたウエストコースト系バンド、ザ・バーズが素晴らしい。朝の犬の散歩の時、ipodで聴く。多分、世界で最も切ない歌声だろう。桜の満開の下で、この曲が脳みそにしみ込んでくると、もう何もいらないという気分にさせてくれる。(この曲の入ったCD昨日までありましたが、残念売れました)

いろんな意味で、「マイ・バック・ページ」という言葉は今も影響を与える言葉だ。

Tagged with:
 

先日、春田太一「天才 勝新太郎」(文春新書)を買われたお客様が、「マスター、こらぁオモロい」と来られました。そんなに、勝新には興味なかったけど、「座頭市」見直そうとレンタルショップへ行かれたそうです。

先日、大阪の古本市で格安コーナーで、またこの本を見つけました。まぁ、失敗してもこの値段ならいいや、と思い帰りの阪急で読み出しました。ほんま、面白い。タイトル通り天才ですね、彼は。TV版「座頭市」には台本がなく、臨機応変に、現場で勝の頭の中にあるイメージがシナリオ化されていくという事実に先ずびっくり。TVで昼間再放送していたのを観ましたが、なるほどね、あのスピーディな展開はここから来ていたのか!しかも、勝は自ら編集までしていた。制作、主演、編集とほぼ独裁的立場で飽くなき作品の質を高めようとしていた。

勝が大映入社時、彼の前には市川雷蔵という大きな存在がおり、常に意識し、追いつき追い越そうとして挫折する。雷蔵が溝口健二、市川崑らの巨匠と素晴らしい仕事をしていたため、彼も挑戦するもどれも失敗。それでも、エキサイティングな映画目指して奮闘努力する姿は、小説を読む楽しさです。やがて、安部公房の「砂の女」で高い評価を得た勅使河原宏と組み、やはり安部公房原作の「燃え尽きた地図」に主演する。映画は失敗するも、映画制作者への欲望に火が付き、初監督作品「顔役」への道を一直線に進む。

濃い、とても濃いお話ですが、人生一直線、しゃにむに突っ走れ!で爽快です。阪急電車が烏丸駅に着くのが惜しい!!読み終わったら店に出します。300円です。最初に買われたお客様が、帰り際に「こんな本あったら。置いといて」と言われた。えっ、こんな本ってどんな本? ギラギラして、猪突猛進で、しかも爽やかな人なんていませんよ。

Tagged with:
 

お店はオープンして一ヶ月が過ぎました。

少しづつですが、ご贔屓にしてくださるお客様もおられます。と、同時にいろんな本、雑誌が集まってきました。まだ、買取できる程の精神的余裕?がないので、委託でお預かりしたり、もう捨てるからご自由にと置いていかれた本が面白い空気を作り出しています。

雑誌では「噂の真相」が10円で登場。スキャンダル雑誌ながら、お上に楯突き、皇室をパロディ化し続け、編集者は殴られ、刺されと満身創痍。一流国「日本」の仮面をこれでもか、これでもかと引っ剥がし続けた姿勢は立派です。連載執筆者は筒井康隆、アラーキー、田中康夫、佐高信、ナンシー関、中森明夫、斉藤美奈子と辛口がズラリ。手元にある2001年6月号の特集記事には「皇太子妃懐妊の知られざる真実」など危ない記事勢揃い。今となっては、資料としても貴重です。今も出版していれば「誰にも言えない東京電力」なんて記事が読めたのに。すべて10円です。

「噂の真相」と前後して入ってきたのが牧神社、創土社が出版していた幻想文学の貴重な初版本が数十冊。アーサー・マッケン作品集成全6巻は古本マーケットでもかなり高額で販売されています、(因みにわが店は15000円)大学時代、牧神社が出していた雑誌でメルヴィルの「白鯨」をやっていて、買いました。それ以来、数十年ぶりに牧神社の本を手にするとはなぁ〜。

幻想文学は、あんまり知りません。でも、日本の幻想文学の第一人者だった渋沢龍彦の妻だった矢川澄子さんの本は好きでした。この人の翻訳もの、特に児童文学ものはいいですね。文庫なら「わたしのメルヘン散歩」(筑摩文庫87年刊行初版400円)を手に取ってはいかがですか。

 

Tagged with:
 

「羊パレット」開催中の関係で、羊好きな方々が続々ご来店。小さな店がリュックを背負った人たちで混み合って、店主も女房もびっくり。

 

ほとんどが、京都府立文化博物館や嶋臺ギャラリーの帰り道。それゆえ古本より手つむぎの雑誌「スピナッツ」やフェルトのグッズの前でゆっくり過ごされる方が多いようです。

 

そんな中、扉を開けて「あ!『ひつじがすき』が置いてある!」と叫ばれた女性がいらっしゃいました。『ひつじがすき』というのは羊について書かれた美しい本のタイトル。可愛い子羊の写真が表紙になっていて、ちょうど、ガラスの羊展をしているコーナーに作品と一緒にディスプレイしていました。

 

好きな本があったので喜んでもらえたのかと思っていたら、なんと、著者ご本人。この本は、著者佐々倉さんの連れ合いさんの、すてきな羊の写真がいっぱいの、本当に丁寧な作りの本です。

ちなみに、この本には知り合いの「羊まるごと研究所」が載っています。

「羊パレット」を見にこられたついでに寄ってくださったのでした。

こちらも感激しましたが、ご本人も大喜びで、記念撮影となりました。

店をやっていればこその出会いです。(女房)

 

 

Tagged with:
 

ついに開店!!

まだまだ先のことと思っていたのに、本棚に本を並べて、ギャラリーを整えたら、あっという間の3月6日12時。

 

前日は雨、6日の予想は春の嵐だし、お客様一人もみえなかったらどーしょー・・・・

不安を抱いたまま、店に着くと、なんと、予想もしなかったことに、開店祝いのお花がいっぱい!

その上、ありがたいことにお天気は回復し、午後からはぽかぽか陽気となりました。

懐かしい人が顔を見せてくださったり、お客様同士も再会を喜び合うという場面もありました。みなさん楽しげにおしゃべりして、店にも花がいっぱい、本の話にもいっぱい花が咲きました。

 

ご祝儀に買ってくださった先輩、差し入れを持ってきてくれた同級生、手伝っていただいた方々。みなさん本当にありがとうございました。ただただ感謝です。

明日からもがんばります。勇気百倍!!!!!(女房)

 

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

 

本棚に続いて、看板が出来ました。

これまた制作は本棚と同じく、クシュさん。

そして、レティシア書房のロゴと猫のデザインは、DESSIN—Kというデザイン工房にお願いしました。長年の友人であり、いつも頼りにしている大姉御のキタオカさんは、テキスタイルデザイナーとして多くの仕事をしながら、一方で銅版画家でもあります。

 

彼女は、打ち合わせの席で「どんなデザインにしたい?」「コンセプトは?」と、真剣に色々な事を聞いてくれました。

長いつき合いの友達に、改めて質問されると、なんだか照れくさく、ボソボソ答えた様な気がします。

でも、結果、出来上がったデザインは「そうそう!コレ!コレ!」というもので、我々の思いが素敵な形になりました。

 

この本の上に乗っている黒猫レティシア(ホントのレティシアは茶トラでしたが)は、この先、文字通り店の看板猫として我々の大切なパートナーになってくれそうです。

才能ある友人たちのおかげで、小さな本屋はようやく出発いたします。有り難いことです。(女房)

Tagged with: