国立近代美術館で開催されている「井田照一版画展」に、お店の開店前に行ってきました。

この作家の事は全く知りませんでした。京都を拠点に創作活動を続け、膨大な作品を残して2006年世を去りました。

展示会場入った所に、展示してあるカラフルな色彩の諸作品を見た時、つまらん、と思ってしまいました。出来損ないのポップアートか。しかし、奥へ、奥へと進むうちに、その表現領域の広がりに驚かされ、繊細で、余白の多い画面構成で、直線が微妙に交差する作品に出会う事ができて、満足でした。出口にあった果物のオレンジを取り上げた作品の中で、青い色で仕上げた作品のザラザラした感覚が妙に、印象に残っています。その後、近くのUNITEさんに行き、ハンバーグランチをいただきました。このお店のハンバーグの微妙な大きさが気に入ってます。帰りしなに某新古書店を覗くと、おっ!辻村益郎さんの表紙彩画&装丁がいい雰囲気のベルヌの「海底二万海里」(1973年福音館)があるでわないか!この小説のマニアとしては買わないわけにはいきません。

 

お店に戻ると、奇妙な本が一冊持ち込まれていました。

「増補四訂八丈島流人銘々伝」(昭和39年第一書房)

流罪の概論から始まり、流刑地として八丈島に送られた人たちの生活を丹念に追っかけたノンフィクション。そして、第二部では、実際に送り込まれた人たを一人一人、紹介するという気の遠くなるような膨大な作業を収録。そして、第三部は「八丈島流人明細帳」流罪決定の日時、島に着いた時の年齢、罪状、出身地、死亡時までを一覧で網羅するという本です。

こんな本が出ていたんですね。葛西重雄、吉田貫三のお二人の著者の執念が生んだ一冊です。

 

 

Tagged with:
 

火曜日夜9時。堺雅人主演のドラマ「リーガルハイ」が断然面白い。

金のためにしか動かない弁護士が主演のドラマ。でも、よくあるパターンで、実は正義感を秘めていたとか、逆のパターンで悪の道の深みで喘ぐ男の孤独を描くとか、そういう二流センスは皆無のドラマです。

速射砲の如く飛び出す主人公の毒舌が先ず面白い。火曜の夜9時ってゴールデンタイム。その時間帯に、こんなに良識とか、社会正義をあざ笑うドラマをやるなんて!100人いれば、100人の正義があって、100人いれば、100人の悪があるのが当たり前。みんなが一緒の正義なんて、ちゃんちゃらおかしいよね〜と笑い飛ばす。もう、コミックの主人公ばりの奇妙なヘアスタイルとオーバーアクションで一気に加速する堺雅人が快調です。

しかも、この番組。制作はフジテレビ。フジといえば、日本は豊かな社会だという幻想を、数々のトレンディドラマでブラウン管につくりだした大御所ですね。女子アナを商品化して、マーケットに売り込んだ手法は見事でした。ドラマが提供するトレンディー追っかけてたら、きっと幸せになれますというテレビ局で、「ケッ、ケッ、ケッ」とその大嘘を笑い飛ばすドラマをやるとは、太っ腹というべきか。

ま、脚本を書いている古沢良太は、映画なら「キサラギ」(見事観客を騙します)、「探偵はBARにいる」(早く観たい!しかしいつも貸し出し中)。テレビは「ゴンゾウ伝説の刑事」(向田邦子賞受賞)、「外事警察」(見応え十分のNHKドラマ)そして、「相棒」を担当。なるほどね、そら上手いわなぁ〜と感心します。

この「ケッ、ケッ、ケッ」という感じは、西原理恵子様の「できるかな」(2003年扶桑社500円)シリーズで、税務署と大バトルするやり取りに似ていますと「がんばろう日本」みたいな、一直線にダーッと同じ方向に向くのが社会正義の風潮に、馴染めないお方には、きっと心安らかに??してくれる一冊です。

Tagged with:
 

『チャワンが飯を食べる食器なのに茶の碗とされるのは、チャワンが陶器の代名詞として使用されたからである。』フムフム

 

『なぜヨーロッパの人はそんなにコショウを求めたのだろう。それは肉の保存に関係をもつ事柄である。』そら、そうやろな。

 

『むしろ辛党ということばは、現実の味よりも「あまい」に対する「からい」に関係をもつのではなかろうか。』

『「すいもあまいもかみわけて」ということばからわかるように「すい」と「あまい」も対立概念になっている。』ははぁ〜。

 

以上すべて、古本に鉛筆で線が引かれていた箇所。いわゆる「痕跡」というやつです。

持ち込まれた石毛直道著「食卓の文化誌」という本を開いてみたら、たくさん線が引かれてました。痕跡を消しゴムで消しながら、自分からはきっと開くことはなかった本を、こうやって読めるのもちょっとした楽しみになりつつあります。

自分の守備範囲など、きわめて狭い私には、面白い作業です。

店主と交代しながらの店番、今週はエビスタさんの風景画展が好評で、通りがかりの方もちょっと覗いてくださっています。

そんな中、『Leaf』という雑誌にレティシア書房が掲載されました。

取材の折りに、我が家の犬マロンが寝そべっていたらしく、写真を撮ってもらいました。

写真横に「看板犬マロンが出迎える云々・・・」と書かれていたので、お客様に「犬は?」と聞かれてびっくりしました。

暑い日でマロンは裏の通路で爆睡だったもんで。

すみません。夏は看板犬、時々お休みしています。(女房)

 

Tagged with:
 

京都新聞夕刊連載の「現代のことば」5月25日にお馴染み善行堂の山本善行さんが「街歩きの記憶」とのタイトルで書かれています。

これが、ゆったりしたリズムの文章で、とても心地良いのです。ヘミングウェイの「移動祝祭日」の事から始まり、自分の住む街の事へと移り、若き日、ユニークな上映作品企画で有名だった京一会館のこと、しあんくれーる、BigBoyといったジャズ喫茶のこと、そして山本さんがよく通われた古本屋のことへと筆は進む。

この件で、BigBoyで300円のコーヒー飲みながら、★一つの岩波文庫(安い)を読んでいた大学時代を思い出しました。

内容がセンセーショナルでもないし、奇をてらった文章でもない。誰しも、あぁ〜こんなだった、と思い出す事ばかりです。しかし、ゆったりと進む文章が、まるで彼と一緒に街中を散歩している気分(小津映画に流れるリズムにとても近い)にさせてくれます。おそらく、このリズムを紡ぎだすまでに、何度も何度の推敲されたはず。こういう文章にであうと、ブログ更新のためにバタバタと文章を書いている自分が恥ずかしくなってきます。最近では、このバタバタ、尻切れとんぼ感が、私のリズムだと開き直っていますが、かないません。

(山本さんの記事は店に置いておりますので。読みたい方はお申し出ください)

梨木香歩の「からくりからくさ」(新潮社99年700円)

古い民家に住む四人の女性達の静かに過ぎてゆく時間を見事に描写した長編小説。この家で、ゆっくりと育って行く植物と、同じような時間軸で彼女たちも人生の様々な局面を乗り越えていきます。ラストシーンは、この作家のファンタジー小説家としての質の高さを示しています。400ページ弱の小説ですが、毎日すこすづつ、時間をかけて丁寧に読んでもらいたい一冊です。

小説に登場する家と同じように、この店もゆっくり育っていき、最後に朽ち果てて、残るは主人の白骨だけになればいいですね。

Tagged with:
 

昨日、先週末の大阪で催された一箱古本市に出品していた本が戻ってきた。

初めての出品。ドキドキで箱を開けました。一冊も売れてなけりゃ、どうしよう。結果は30冊持ち込んで、10冊の売れでした。まぁ、初めての体験にしては上出来かな。主催されたスタッフの皆様お疲れさまでした。

で、戻って来た商品ですが、棚には新しく入荷した商品で一杯です。困った。しばらく考えて、ギャラリーの棚の下の平台が空いているのを発見。80冊程並べられるので、ここをセール商品置き場に模様替え。かえってきた商品やら、新たに追加した商品を並べて、「200円〜500円コーナー」に生まれ変わりました。池澤夏樹「タマリンドの森」200円、坂本龍一「音楽は自由にする」500円、辺見庸「屈せざる者たち」300円、「上方芸能の魅惑」400円、ユリイカ増刊「宮崎俊の世界」200円、ユリイカ「押井守特集号」200円、小林信彦「道化師のためのレッスン」400円と多種多様な本が並んでいます。掘り出し物探してもらえればと思います。

実は、8月後半にギャラリー部分を解放して、一箱古本市+ドイツパンの写真展&パン販売という展示会を計画しています。まだ、企画段階なので未決定な部分がありますが、やってみたい!と思う人はお店までどうぞ。

 

開店して、二ヶ月。誰〜も来ないという恐怖の日も、もっと安せんかい!という如き、来て欲しくないお客様もなく無事に通過しました。みなさん、ありがとうございます。これも、一重に私の人間性によるものと自負しております。地球にも、人にも優しくない私のごとき人間が、ご批判も受けずに、それなりに皆様のお相手をさせてもらえるのは、本棚に並んでいる本が出す、こんなお言葉

「ちゃんとやりやぁ〜 わたしらの晴れの舞台作ってやぁ〜」です。

自分で仕入れた本には、最後まできちんとしていたい、という思いです。

Tagged with:
 

昨日、私もご多分にもれずに、金環日食を楽しみました。

丁度朝の犬の散歩でした。なかなか神秘的な体験でした。御池通りの日ざしも、いつもと違い少〜し暗めで、これまた毎日観る風景とは異質なものを見ているような気分でした。今は、科学的に説明もされていて、一つの科学現象として楽しめるものに過ぎませんが、過去、情報のない時代だったら、きっと不吉で禍々しい現象に見えたと思います。

ところで、こういう自然科学の大スペクタクルに立ち会うと。いつもの人が作った時間の流れとは違う、もっと大きな時間の流れを感じます。1分60秒、1時間60分、1日24時間という極めて規則的に経過してゆく時間とは違うものが存在する。この地球を取り巻く大自然もその時間に沿って動いてます。だからこの自然は人間の事なんか歯牙にもかけていません。自然は優しい、はぁ? 自然保護。はぁ?保護されるべきは人間ですね。地震はあって当たり前、山は崩れ、竜巻で家屋は舞い上がる。雷は人を焼き、高波は人をさらって行く。まぁ、地球の邪魔にならないように、隅っこで細々と暮らすのが肝要かと。

慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている 一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ あらゆることを

自分を勘定に入れずに よく見聞きし分かり そして忘れず 野原の松の林の陰の 小さな萱ぶきの小屋にいて」

宮沢賢治の詩「雨にも負けず」の一節は、そいうことが当たり前と言っています。

ところで、時間の流れと言えば、光瀬龍原作、萩尾望都画による「百億の昼と千億の夜」を思い出します。

「二千億年の昔、原初の時点から時は流れ始め、二千億年後のかなたで止む」

世界の終わりとして存在する永劫の門での弥勒と阿修羅との時間と宇宙生成をめぐる論戦は何度読んでもスリリングで、何度読んでもさっぱりわからない「面白さ」に満ちた傑作です。(秋田書店SFコミックス上下300円)

 

 

Tagged with:
 

毎週木曜日、鞍馬口のスーパー前で、古本市が開かれる。文庫、絵本、文芸書すべて○○円。

この市の事聞いてから、数年。毎週は無理ですが、なるべく行くようにしている。ご近所のおじさん、おばさん、学生に混じって、古本屋の親父やら、携帯片手のせどり屋までと大混雑しています。本日も行ってきました。文庫7冊にハードカバー2冊をゲット。

岩波書店が、梶山季之の「黒の試走車」を文庫で出していたのは知りませんでした。へえっ〜あの岩波がこんな企業サスペンスを出すなんてとびっくりです。映画は確か、田宮二郎主演のクールな作品でした。

ひとつ珍しい本を見つけました。中村智子著「風流夢譚事件以後」(田畑書店76年)。深沢七郎の小説「風流夢譚」を雑誌「中央公論」(60年12月)に掲載したために起こった右翼少年によるテロ「嶋中事件」(61年2月)。当時、中央公論社に在籍していた編集者の著者が、この事件に巻き込まれ、翻弄されてゆく様を描いたノンフィクション。

版元の田畑書店というのも聞いたことがない。最終ページに出版している本が載っている。龍村仁「キャロル逃走宣言ーロックンロールテレビジョン論」が出版されている。時代の闇にどんどん切り込む鋭い出版社みたいで、こちらの本も読んでみたい。

 

さて、もう一つ。こちらは市ではなく、ある場所で見つけた本。

昭和10年発行の「子規遺墨集」。厚さ3.5cm、長さ40cm、幅30cmの和綴じ本。正岡子規の毛筆の書をすべて網羅した大著だ。発行元の巧藝社の住所を見ると、「東京市神田」。「東京都」ではなく、「東京市」というのが、この本の古さを象徴している。さて、困った。正岡子規なんて、TV「坂の上の雲」に登場するキャラでしか知らない。だから、当然この本の価値も判断できないので、ネットで検索すると、なんと70000円の高値がついている。ひゃぁ〜、ますます値段が解らない。今日は、この値段をつける作業で悩みそうです。この価値のわからない人には1000円でも高く感じることでしょう。まぁ、70000円の古本を扱えるような書店ではないので、ほどほどで店に出します。また、実物を見にきてください。

 

 

Tagged with:
 

市内の大学で心理学を勉強されている学生さんがご来店。で、その話がふ〜ん。

彼曰く、就職に失敗した大学生が自殺してるんですよ。ふ〜ん、というのがその時の感想でした。その翌日、朝刊に目を通すと、こんな記事が。

「就職に失敗して自殺した大学生150人に」

こんな出来事読んで、え〜就職失敗したぐらいで自殺?!、情けない!と感じた貴方。失格です。

生まれた時から、正しいか正しくないか、白か黒かの二進法的世界の住人にならされた彼らが就職失敗=すべてダメという思考に走るのは当たり前。むしろ自殺者が少ないぐらいです。彼らに非はなく、責められるべきは、そんな世の中を作った貴方、失格の烙印を押された貴方です。失敗したってやり直せるとか、他にも道があるなんて軽々しくお説教したって通用しません。そういうゆる〜い世の中を否定して、「頑張ろう」成長一直線で疾走してきたんですからね。

森達也は、自分の著作の中で、世の中は正義か悪かではない、そのグレーゾーンに真実があると言い続けてきました。でも、不幸なことにこの国では、経済の成長こそ美徳、繁栄こそ正義。それが唯一の正解という流れに、みんな巻き込まれました。

努力すれば報われる。夢は必ずかなえられる。そんなアホな! 本当はこう言うべきでしょう。

努力しても、ほぼ報われません、夢なんて立ち消えます。でも、どうってことないです。

あきらめるな、自分を信じろなんて言う輩より、もうええやん、今日は古本屋で安い本買って、ビールでも飲んでお昼ねしまひょ、という輩の方が信用できます。

数十年前、作家の昭如氏が、今の若者をどう思うかと問われて、「若者は全然正しい。悪いのは大人だ」と力説していました。あん時は理解できませんでしたが、真実です。日本がこんな状況なのに、経済成長こそ!と力説している大人達が大勢います。まだ、多くの若い世代を殺すつもりかいな!今、なすべきことはヒートアップするんじゃなくて、トーンダウンして生きていく事を、貴方や、私のような大人世代が示すことだと思うんですが。

野坂昭如は「東京十二契」(昭和57年文藝春秋200円)と、「子噛み孫喰い」(昭和49年筑摩書房700円)があります。

Tagged with:
 

電話を取ると、「ミニプレス出したんで置いてもらえますか」という奇麗な声の女性でした。

夜、もう閉店間際に、その女性は来られた。拝見する。「本のある部屋」というミニプレス。特集は書店員の座談会「本屋大賞を全力で楽しむ」と、「梅田書店マップで、もっと楽しい本屋巡り」。新刊本のことがメインですが、私には、古本も、新刊本も、ミニプレスも関係ありません。紙の上に字が書かれてある「楽しきもの」です。面白いってこういうことね、とニンマリさせてくれるミニプレスの登場です。次号は11月とか。応援しますよ。因みにこの雑誌のデザインをしているAさんの「妄想本棚」に並んでいる本が、彼女の個性の良く出た楽しい一項ですね。(500円)

 

先日、大阪の版元で、限定販売の書籍を送り出していた湯川書房の「花深き」(小川国夫著)を、ご存知「善行堂」で入手しました。挿絵は平野遼。丁寧な本はこうして作るんだというお手本みたいな一冊です。この大量出版時代には、到底こんな本作りは不可能でしょうが、一日に一度はページをめくりたい魅力に溢れた本らしい本です。置いておくだけで光り輝く、そんな気がします。

 

と思えば、「富嶽三十六景」という全46枚のポストカードを収録したものが入荷しました。これは、なんと藤沢薬品という製薬メーカーが販促で作ったものらしく、各ポストカードには、主力商品の「ノイビタ」、「チオクタン」のロゴの入った代物。当然非売品ながら、ちょっとマニア心くすぐる一品です。

Tagged with:
 

今日は卓球の試合でした。

午前9時に、府立体育館に向かう。現在私のランクはD級。なんとか今日C級へのステップアップを目論む。試合は数人に分かれたチームごとの総当たり戦。練習をしながら、この親父は足が遅そうとか、こっちの旦那はバックサイドが弱そうとか、試合の対策を考える。

お〜。小学生がいる。1勝儲けた、と思ったのだが、こいつがくせ者だった。

最初の方と試合開始。1セット目を落とすも、その後相手のサーブを読み切り、3勝して勝ちをゲットする。この調子と、一人ほくそ笑みつつ、その小学生の試合を観る。

強い!!!!!!!!!!!!!

卓球のサーブは微妙です。下回転するもの、上回転するもの、横回転するもの、高速で逃げていくもの、無回転で沈んでゆくもの、そしてそのミックス。100人いたら、100種類のサーブがあると言われるぐらいの個性がある。で、その小学生のサーブ、高速で飛んで来て、横下に回転する。返したと思ったら、フワリとした棒玉で、スマッシュを打ち込まれる。もう対戦相手はなす術もなく、ストレート負け。

う〜ん、これはヤバい。私は二人目のちょっと年配の方にも勝ち、この小学生との対戦を迎える。このサーブがもう難関でした。大きくドライブして、しかも逆に回転つけて返さないと、全部スマッシュを打ち込まれる。

悪戦苦闘しているうちに、早くも2セットを取られる。サーブをコーナーギリギリに打って、左右に振ろうにも、なんせ小学生。運動能力は抜群。おまけに動体視力も良さそうで、ブラフのサーブもことごとく見破られゲームセット。小学生M君は、全員にストレート勝ちで、C級へランクアップ。疲れました。

お店には画集、美術関係が入荷しました。写真は沢渡朔「少女アリス」(河出書房73年初版)ちょっと貴重ですが、当店のプライスは3000円です。(古書のネットでは5000円以上の売価です)

 

Tagged with: