Goldmundの “AlL Will Prosper”(輸入CD1650円)のジャケットは、西部開拓時代のむさ苦しい男たちがテントの前に並んでる写真。中を開けても、解説もなけりゃ、ミュージシャンの紹介もないという、今時珍しいCDです。ウィキペディアによるとキース・ケニフという音楽家がやっているバンドの名前らしいです。

一言で言えば、ワイオミング、テネシー、テキサスの大草原を吹き抜ける風を感じます。これらのアメリカの都市に行った経験はありませんが、真っ青な空と、一面に広がるトウモロコシ畑を通過してゆく心地よい風のような音楽です。ギターとピアノだけで演奏されているのは、アメリカンスタンダードとも言えるもので、「アメイジンググレイス」「テキサスの黄色いバラ」「シェナンドー」など、あれ?どこかで聞いた曲ばかりです。オリジナルの英語タイトルしか記載されていないので、日本タイトルがわかりませんが、あぁ〜懐かしいとノスタルジックな気分へと誘われること間違いなしです。ゆっくりと、長い時間をかけて歌われ、演奏されてきたトラディッショナルな曲が持っている詩情を、ポツリ、ポツリと囁くように演奏したアルバムですね。

もう一人、ご紹介します。マンドリン奏者のデヴィッド・グリスマンです。

マンドリン、ギター、ベース、バイオリンに4人によるスインギーなサウンドです。彼はカントリーミュージック系の人物です。しかし、フランスのジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの名曲「マイナースィング」を演奏しているからでしょうか、これはヨーロッパに匂いがしてきます。それも、どちらかといえば北欧系。短い夏の日。森の中でみんなと楽しむランチの後ろで奏でられる楽しさと哀愁に満ちた音楽です。”Hot Dawg”というタイトルのアルバムは、ジャケットも素敵です。(輸入盤1400円)

どちらも、名作とか名盤ではありませんが、聴く人の気持ちを和らげてくれる音楽です。大文字山のてっぺんで、京都市内を見ながら、風に吹かれて聴いていたいな〜。

先ず、ご紹介するのは雪村いづみ(1937年〜)。元祖三人娘と言われた日本を代表する歌手、美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみですが、その中でも最も英語の発音がよく、海外の曲を歌わせれば、抜群の歌唱力を発揮したシンガーです。

彼女が、フランスの民族音楽ミュゼットを歌ったコンサートが1994年にありました。その様子を収録した「ミュゼットを唄う」(絶盤1700円)を入荷しました。音楽家の父と映画会社を経営する母をもつ雪村には、モダンなセンスが早くから身についていました。このライブには、ミュゼット界の大物アコーディオン奏者も参加して、フランスの下町の雰囲気一杯のコンサートに仕上げています。小粋で、ちょっとセンチで、ハートウォーミンな雪村の歌声を聞いていると、心が解放されてゆくようです。ベースはシャンソンなんだけれども、陽気で、明るく、ちょっと哀愁のある曲をのびのびと歌っていて、アコーデイオンが奏でるキラキラした音色とまるでダンスを踊っているような感じが素敵です。ジャケットデザインは和田誠。このCDの楽しさが伝わります。

さてもう一人ご紹介します。ズバリ美空ひばりです。今回入荷したのは1955年から1966年にかけて録音された膨大な曲の中から、ジャズスタンダードと、ポピュラー音楽の名曲をセレクトした2枚組「ラブ!ミソラ ヒバリ」(2500円)。エリントンの名曲「A列車で行こう」は、ドラムの音だけで列車が走り出す雰囲気を作るイントロで始まり、ベースとピアノが絡んで美空が登場。日本語で歌い出して、途中で英語にチェンジ。後半はスキャットでスイングします。この人の音楽力の大きさを知る一曲です。コール・ポータの”Just one of those things”では、フルオーケストラバックに、これもまた日本語でシャウトしていますが、ジャズと歌謡曲の微妙なライン上で巧みに歌う芸当を見せてくれます。

彼女の歌は、感情が過剰になりすぎることがあります。アイルランドの民謡で誰でも知っている「ダニーボーイ」も後半、そうなるのですが、そこですっと引く歌い方で、曲に深みを与えています。ライナーノーツも充実していて全曲歌詞(訳詞)付きです。

 

牧舎の前で、それぞれ牛を連れた男3人を描いた絵に惹かれて仕入れたCD。

アーテイストはハリー・マンクス/Harry Manx。タイトルは”Faith Lift”(US盤1700円)。アメリカの大地を吹き抜ける風が感じられるような音楽だろうと予想して、スタートボタンを押すと……。

えっ、えっ、なんだこの男??

いや、想像以上に心の中に染み込んでくるのです。生い立ちを調べてみると、これまた驚きでした。英国のマン島で生まれ、カナダに移住して育ち、70年代後半にヨーロッパに戻り、膝の上にギターを横にしてギターを弾くスタイルのシンガー&ソングライターとして活動を始めます。その後、日本に移って10年以上暮らし、インドの音楽家 ヴィシュワ・モハン・バットの演奏を聞いて、インドに渡って彼に師事し、5年間在住。インド楽器を習得し、2000年にカナダに戻り、ソルトスプリング島を拠点に活動を開始、という世界を渡り歩いて自分の音楽を作ってきた人です。CDジャケの内側の写真を見ると、50代のおっちゃんです。この手のシンガーにしては、CDがまた変化球的編成で、バイオリン、チェロ、ビオラというクラシック音楽風アンサンブルです。

彼のボーカルは、最初の印象通り「アメリカの大地を吹き抜ける風を感じさせる音楽」。

コマーシャル的なことに背を向けて、ひたすら自分の音楽を追求しています。色々な音楽を聴いていると、たまに風が吹いている気分にさせてくれるアルバムに出会うのですが、これもまたそんな一枚です。ガーシュインの名曲「サマータイム」。こんなアレンジもあるんだと感激です。

インドの弦楽器MohanVeenaも彼が弾いていて、時たまオリエンタルな世界が広がるのも面白いところです。彼のデヴューアルバム”Dog my Cat”(US盤2400円)も入荷しました。こちらはアメリカのルーツ音楽の味わい十分な一枚です。旅先で聴いたら、気分最高ですね。

さて、もう一人ご紹介します。こちらは女性のブルース系シンガーです。名前はダニーワイルド/Dani Wilde。1985年、英国生まれ。父の影響を受けて、幼い頃からシカゴ・ブルースや60年代のモータウンなどのソウル系レコードを聴いて育ち、地元で聞いたブルースフェスに魅了されて、シンガーへの道を歩み出します。今回入荷したのは”Live at Brighton Road”(US盤1900円)でCDとDVD(スタジオライブ)の二枚組です。

個人的に、アメリカの姉御肌のソウル&ブルース系シンガーが大好きで、このジャケを見た途端、姉御!と言いたくなりました。(でもまだ30代前半です)。ゴスペルフィーリング溢れるフォーク的な曲と、ブルースロックな飛ばしまくる曲で構成されたスタジオライブ盤です。こういう女性達ってみんなカッコいいいですね。ホッとさせてくれたり、元気出さんかい!と気合いを入れてくれます。

★連休のお知らせ 1/20(月) 1/21(火)連休いたします

★1/22(水)〜2/2(日) レティシア書房冬の古本市プレ企画「こんな本が揃いました」展

★2/3(月)2/4(火)古本市準備のため連休いたします

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。


 

 

 

「1964年のことだった。それまで輝かしい演奏家として名を馳せていたカナダのピアニストのグレン・グールドは、コンサート活動から完全に身をひいてしまった。1982年に死去するまで、その後はレコード録音、ラジオおよびテレビ番組、彼自身の音楽へのアプローチを論じる文書を書くなどの仕事以外はやらなかった。」

というのは、ミシェル・シュネデール著「グレン・グールド孤独のアリア」(筑摩書房/古書850円)の始まりです。クラシック界の異端児であり、ある種オタクだったグールドは、それゆえに誰にも到達できない美しいピアノの音色を響かせてくれました。クラシックファンだけでなく、ロック、ジャズを聴く人にもファンが多いというのも異色です。

彼のピアノが、ガブリエル・バンサンの「アンジュール」の短編映画のサントラ(CD国内盤/中古900円)として起用されています。絵本「アンジュール」は、理不尽に捨てられた犬のアンジュールが、孤独と失望の旅の果てに、新しい飼い主と出会うまでを、全く台詞なしで描き通した傑作で、犬を飼っている人には涙なしでは読めません。この作品にグールドのピアノ、いい選択です。

ノルウェイーを代表する作曲家グリークの「ピアノ・ソナタホ短調作品7」という地味な作品で幕を開けます。いかにもグールド、みたいな選曲ではなく、あくまでドラマに寄り添った選曲が続きます。で、本作のメインテーマにはバッハ/グノーの名曲「アヴェ・マリア」に、宮本笑里のヴァイオリンを重ねて録音したものが使われています。冬の夜明けの美しさを想像させるような、数分の曲ですが、何度聴いても素晴らしさに心震えます。

原作の「アンジュール」( BL出版/古書1050円)も在庫していますので、セットでグールドの繊細極まりない音楽に耳を傾けるのも一興です。グールドの名演奏21曲を集めた”The Sound of Gould”(US盤/中古1800円)もございます。何かと騒がしい年末のTVを消して浸ってみてください。

久々にCDのご紹介です。暑いからボサノヴァ!などという素人(?)選曲ではありません。

一つ目は、オランダの歌姫アン・バートンです。1966年から1988年までのラジオ局での録音を集めた「メモリアルアルバム1966-1988 」(国内プレス/1600円)。ジャズボーカルというと、エラ・フィッツジェラルドやサラ・ボーン、あるいはビリー・ホリディの名前が上がりますが、このクソ暑い時期には聴く気分にはなりません。エラが、あの巨体でシャバダバ、シャバダバ♩で迫ってこられると、ちょっと遠慮させてくださいと言いたくなりません?

その点、アン・バートンは、ぐいぐいと迫ってくることはありません。地味で、大人しい音楽です。そこには静寂とある種の倦怠感のような落ち着きが漂っています。そして彼女のバラード曲に流れる哀愁。そっと寄り添ってくる大人な雰囲気。こんな音楽を、真夏の夜の友としたいものです。当店では、アン・バートンは人気のシンガーで、過去何度かCDを入荷しましたが、すべて売切れています。渋い趣味の方が多いみたいです。

次にご紹介するのは、グラディ・テイトの「風のささやき」(国内プレス/1700円)です。グラディ・テイトをご存知の方は、余程のジャズファンだと思います。元々はドラマーで、多くのジャズアルバムでドラムソロなんて滅多にやらずに、しっかりと音楽を支えて来たミュージシャンです。その彼がボーカリストとして吹き込んだのが本作です。夏の午睡には、これとビール、その二つさえあれば幸せになれるはず。

アルバムタイトルの「風のささやき」は、S・マックィーン主演の映画「華麗なる駆け」の主題歌として有名な曲です。ゆっくりと、囁くように歌い始め、ストリングスオーケストラが絡んでくるあたりで、ゆっくり昼寝ができそうです。黒人シンガーらしいシャウトする曲もあるのですが、ギラギラした感じがなく、汗をかくことはありません。ビタースィートな心地よさ、タイトなリズムでリスナーを包んでくれます。

 

★連休のご案内  8月5日(月))6日(火)は恒例「レティシア書房 夏の古本市」(8/7〜8/18 参加27店舗)の準備のためにお休みさせていただきます。

 

1983年7月24日、西武ライオンズ球場で大きなコンサートがありました。出演は、ラッツ&スター、大滝詠一、サザンオールスターズというビッグネームです。そこで二番目に出た大滝詠一のステージが、初めてCD化(1900円/中古)されました。彼の経歴や功績を、今更どうこう書くつもりはありませんが、彼と彼の仲間たちがいなければ、歌謡曲もポップスも、今日の音楽的進展はあり得なかったのは事実です。

コンサートは、意表をついた形でスタートします。山本直親指揮の新日本フィルハーモーニー・オーケストラが壇上に並び、フルオーケストラで、大滝のヒットナンバーを演奏し始め、全5曲、インストが続きます。おそらくサザンオールスターズのファンは退屈だったでしょうね。しかしインストでも、彼のラグジュアリーで叙情的なメロデイーを満喫できて、私は楽しく聴きました。「カナリア諸島にて」を飛行機の中で聞いたら、きっと旅の気分がぐっと上がる出来上がりです。

その後は、彼の代表曲の釣瓶打ちです。薬師丸ひろ子の「探偵物語」や、森進一の「夏のリビエラ」の英語バージョンなど、こんな曲も歌うんだなぁ〜という選曲で楽しませてくれます。そして、エンディングがまた大滝らしいというべきか、「夢で逢えたら」のフルオーケストラ演奏で終わるのです。普通なら、ラストナンバーで盛り上がるところ、いやはやのラインナップです。

さて、大滝と同じく日本の音楽界に多大な影響を与えている、細野晴臣もユニークなアルバムを出しました。彼が1973年に発表したソロアルバム「HOSONO HOUSE」をリメイクした「HOCHONO HOUSE」(中古CD2500円)です。73年発表のアルバムは、今でも若い世代から圧倒的な支持があって、じゃあもう一度リメイクしてみようか、となったみたいです。ただ、単なるリメイクではなく、全ての曲の歌唱、演奏、ミックス、プロデユースを細野一人でやっています。「HOSONO HOUSE」を愛聴していた人ならわかると思いますが、逆の順番で演奏していることに気づきます。全く逆の順序でスタートし、オリジナルで先頭に収録されていた曲が、ここでは最後に演奏されています。自分の音楽で盛り上がることを良しとしない、彼らしい盛り下がる音楽をお楽しみください。

なお、この二枚のアルバムのことを特集した「レコードコレクター」最新号も古書(400円)で入荷しています。お好きな方はまとめてどうぞ。

ビートルズの”ALL You Need Is Love”、邦題「愛こそはすべて」(1967年発表)という曲がかつて大嫌いでした。

リフレインで“All you need is love,All you need is love,All you need is love,love love is all you need love,love,love” と歌われると、「やかましい!」と叫びたくなったものです。多分、愛だ愛だ、とだけでええんかい?と単純に思っていたのが原因です。

ビートルズのアニメ映画「イエローサブマリン」に収録されている彼らの曲をすべて収録した「イエローサブマリン〜ソングトラック」が1999年発売されました。このアルバムに収録されている同曲を、何度も聴き直してゆくうちに、いや待てよ、この曲は奥が深いと思い直すようになりました。

音楽技術、表現、方法論どれを取っても、ビートルズ以上の音楽はないというのは衆目の一致する意見です。技術という点ではこの曲が、コラージュという美術的テクニックを見事に生かしています。作曲、リードボーカルは、J・レノン。最初にフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が使われ、さらにバッハ「2声のインヴェンション番BWV779」、グレン・ミラー楽団の「イン・ザ・ムード」のイントロ部分が使われ、エンディングにはイングランド民謡「グリーン・スリーブス」が巧みにオリジナルメロディーにかぶさってきます。他にも使われているのかもしれませんが、私が言えるのはここまでです。

ところで、イギリス人のレノンが、わざわざフランス革命時に歌われた曲をなぜコラージュしたのでしょうか。「武器を取れ 市民らよ、隊列を組め 進もう 進もう!汚れた血が、我らの畑の畝を満たすまで!」という歌詞が象徴するような戦闘モード一杯の音楽です。多分、レノンはこのモードを皮肉りたかったのではないでしょうか。

「形にならないものを作ろうとしても無理さ 救いようのない人を救おうとしても無理さ そういう場合にには無力に等しい」と否定につぐ否定の後の「愛こそすべて 愛こそすべて 愛、愛があれば 何事もたやすくなる」と一転、ひっくり返る歌詞をぶつける不思議。その奥に光るレノンの平和への眼差しが見えてくる曲です。おそらく、異なった文化、人種など異種のものを否定しがちな今の世界で、最も歌われるべき歌でしょう。

このアルバムは、彼らのオリジナルアルバムではありませんが、複雑な音楽テクニックと多様な表現形態に満ちていて、ビートルズの傑作ではないでしょうか。今、当店にはCD(国内盤1300円)とアートワークの良さがよく分かるアナログ(レア!国内盤3000円)があります。

1970年にアメリカの雑誌「ローリング・ストーン」誌で行われたジョン・レノンへのインタビューをまとめた「ビートルズ革命」(片岡義男訳/古書500円)も入荷しました。ビートルズ結成から解散、小野ヨーコとの出会い、ポールとの確執等々、おそろしい数の質問に答えた一冊です。

ボサノヴァ音楽の大巨匠、アントニオ・カルロス・ジョビンは、70年代、ボサノヴァの枠にとらわれない壮大で技巧的、なおかつ内省的な作品を多く残しています。残念ながら、この時代の作品はあまり人気がありません。しかし、私は、派手ではないけれども、詩的で文学的な作品「ウルブ」(売切)は聴いて欲しいアルバムだと思っています。

1980年、英語やポルトガル語を交えて歌った「テラ・ブラジリス」(CD1300円)を、クラウス・オガーマンのプロデュースでシンフォニックなアルバムを発表しました。元々、クラシック音楽への深い教養があった彼だから出来た作品です。

タイトルの「テラ・ブラジリス」は、「ブラジルの大地」という意味です。ジャケットにはブラジルの大地と、ここに棲息する多くの動物達のイラストが描かれています。ジョビンは70年代から環境問題、特にアマゾン熱帯雨林保護活動を熱心に行ってきました。その思いが、このジャケットデザインに現れています。シンプルな楽器構成で、哀愁溢れるメロディー一杯のボサノヴァ音楽は、「究極のイージーリスニング」と称されて、お洒落なカフェの定番になっています。でも、本アルバムは、ブラジル音楽と育ってきジョビンの、50歳を過ぎて新しい音楽へ向かう姿勢と、自分を育てたブラジルの大地への思いを巧みに組み込んで、極めて作家性の高い作品となっています。

もう1枚、大胆なスタイルで、自分の故郷への思いをアルバムがあります。名パーカッショニスト、ラルフ・マクドナルドが1978年発表した「ザ・パス」(1500円)です。彼の祖母アルバーサ・フリッツに捧げられた(ジャケットに使われています)このアルバムは、レコードとして発売された当初、片面すべてを使って「パス」という組曲を演奏しています。パーカッションを中心に、ナイジェリア出身の歌手たちが参加して、土着的なリズムでゴスペル感覚溢れる音楽が展開されます。アフリカ的リズムは、やがてラテン系のサウンドを取り込んでさらに盛り上がっていきます。打楽器こそ、すべての音楽の原点、それを生み出したアフリカへのリスペクト溢れる作品となりました。

 

 

 

「星影の小径」は、1950年、小畑実の歌で発売された歌謡曲です。

ロマンチックなメロディーと、”I love you”と英語を用いたセンスの良さが功を奏して大ヒットしました。85年、ちあきなおみがそれをカバーしました。CMでも何度か使用されていたので、お馴染みだと思います。この曲を含むアルバム「星影の小径」のCD(2300円)、LP(貴重!4800円)を入荷しました。

47年、東京生まれのちあきは、10代の頃から米軍キャンプや、ジャズ喫茶、キャバレーで歌っていました。長い下積み生活で、実力を磨き、やがて72年「喝采」でレコード大賞を受賞しました。どちらかというと、演歌、歌謡曲のジャンルに入る歌手ですが、アルバム「星影の小径」は、センスのいいポップスで、余韻に浸れる傑作です。演歌でも、歌謡曲でもなく、中途半端なジャズテイストのアルバムでもなく、豊かな表現力を持ったちあきの歌唱力が聴かせます。

「静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの囁きは アカシアの香りよ」という「星影の小径」の出だしでそっと忍び寄る彼女の色気に、くすぐられてしまいます。多重録音っぽいボーカルアレンジとシンセサイザーの音が、どこか異郷の香りを運んできて、さらにマンドリンのような音が流れてくると、ほのかな海風が吹いて来ます。

そして、「星影の小径」シングル盤発売当時の、B面に入っていた「港の見える丘」も収録してあります。

「船の汽笛 むせび泣けば チラリホラリと 花弁 あなたと私に 降りかかる 春の午後でした」という歌詞に込められた、アンニュイな感情がすばらしい。ほとんど盛り上がらない曲調の歌なのに、ちあきが歌うと男と女の様々な恋物語が浮かんでくるから不思議です。

その次に登場するは、「上海帰りのリル」です。私が最初にこの曲を聴いたのは、根津甚八がカバーしたものだったと記憶しています。シブい哀愁のある歌い方が、かっこ良かった一曲でした。一方ちあきは、イタリアのファド、あるいはアルゼンチンタンゴ風のアレンジをバックに、感情を大きく表現することなく、ストイックに終わりまで歌いきります。余韻のある終り方も抜群です。アルバムを編曲したアレンジャーは、彼女が世界のあらゆる音楽に対応できると、確信していたのではないでしょうか。

ご承知のように、彼女は92年、夫だった俳優郷鍈治との死別をきっかけに一切の芸能活動を休止し、表舞台から姿を消して今日に至っています。95年公開の映画「GONIN」で、本木雅弘が、やくざの事務所に突っ込む、カッッコよすぎるシーンで、彼女の歌う「赤い花」が流れますが、これが最後のシングル盤となってしまいました。

勝手ながらレティシア書房は、5月7日(月)〜10日(木)連休させていただきます。

よろしくお願いします。

 

 

 

Tagged with:
 

「CARAMEL PAPA   PANAM  SOUL  IN  TOKYO 」(CD/廃盤3000円)というオムニバスアルバムは私のお気に入りの一枚です。70年代の日本のシティミュージックを代表する大貫妙子、鈴木茂、細野晴臣、松任谷正隆などの名曲が20曲収録されています。

70年代後半、私は西武百貨店と西武グループが演出するバラ色の世界に、かなり影響を受けていたと思います。豊かで明るい社会で、お洒落に、知的に、好きな事をしながら暮らしてゆく、その眩しさに酔わされていたように思います。大学生の5年間このデパートでバイトしていましたし…….。

収録されているミュージシャンたちが皆、西武グループが作り出した「おいしい生活」のために歌ったわけではないのですが、こうしてまとめて聴くと、あの時代のシティーミュージックは、そんな生活への憧れがベースにあったのかもしれません。それまで、音楽トレンドの主流にあった私小説的な、いわゆる”四畳半フォーク”の貧乏くささにヘキエキしていた私にとって、甘く切なく、アメリカ音楽の洒落た音楽センスが一杯の曲は飛びつきたいほど魅力的でした。

松本隆作詞、鈴木茂作曲の「微熱少年」はこんな歌い出しです。

「俄か雨降る午後に 体温計はさみ 天井の休日 ゆらゆらと揺れて溶け出した 窓のガラスを叩く 野球帽子の少年の ビー玉を石で砕いては 空に撒き散らす」

カッコいい!日本語でここまでセンスのいい曲ができるんだ!と驚いた日を思い出します。

この時代の音楽を語るとき荒井由実(松任谷由実)は、はずせません。このアルバムの最後に、彼女の傑作「航海日誌」という曲が収録されています。しかしここでは、鈴木茂、細野晴臣、彼女の夫の松任谷正隆がメンバーだったグループ「ティン・パン・アレー」が、ボーカルなしでインストで演奏しています。

原曲はスローなテンポで哀愁漂うサウンドなのですが、細野晴臣はブラジリアン感覚一杯に編曲しています。個人的には、ボーカルなしのこのアレンジがベストです。松任谷正隆のキーボードがなんともメランコリックで、明るく楽しかったあの時代へとすーっと連れていってくれます。曲のあたまに、波の音、汽笛が入いり、チリンという自転車のベルの音。それなりの会社に就職して、横浜あたりのマンションに住んで、休日には自転車に乗って、綺麗な彼女とクラブサンドイッチをほうばる、みたいな、今振り返れば阿呆かと思えるような若い日の妄想が甦る曲です。

ラスト、もう一度自転車のチリンという音で音楽は終ります。「夢は終わましたよ」と、言われたみたいです。