絵本作家、酒井駒子の絵と散文が楽しめる「森のノート」(筑摩書房1800円)が入荷しました。元々、筑摩書房が発行している小誌「ちくま」に2014年から2年間連載していた「引き出しの森」に加筆したものです。

「ちくま」は書店店頭で無料配布しているものですが、発行部数が少ないのかあまり見かけることはありませんでした。どうしても欲しかったので版元に連絡して2年間分送ってもらいました。今でも、書架から出しては、少しづつ読んで、眺めています。

淡いタッチで、少年少女の孤独な心の奥まで見せてしまうような彼女の画風は、今更説明する必要はないと思います。作品に付随している短い文章に注目です。

「演習か何かだろうと思う。飛んでくる軍用機をあんなに近くで見るのは初めてだった。カラマツの森とカーキ色の機体とのコントラストが不穏で何度も頭の中で思いだす。機体にはフロント以外、窓が一切無かった。ぬるんとした生き物みたいだった。」

軍用機の不気味さを「ぬるんとした生き物」として、殺戮の恐怖を表現しています。で、この文に描かれている絵は、白いワンピースを着た少女が、小さな鳥と戯れている様を描いた作品です。もしも、この軍用機が爆弾を落として、少女を吹き飛ばしてしまうことを想像すると、ぞっとしてきます。

絵が単に文章の挿絵になっていないところも、この本の面白いところです。例えば、バレーのコスチュームを纏った少女が、仔グマと踊っている作品の後に続く文章は、「道の途中」というタイトルで、郊外の古い建物に入った時の印象と、散歩途中の橋で見つけた小さな子ども用手袋のエッセイ。「小さなミトン。欲しいような気がしたが、通りすぎる。子狐の、細い棒のような手に、はめてみたい」と、クマさんの手を取って踊る少女の切なさがシンクロしているように感じました。上手い本作りですね。

酒井は、多くの本の表紙の絵を描いていますが、岩瀬成子の「マルの背中」(講談社1200円)の表紙絵も素敵です。母親と二人暮らしの少女が、ある日”幸運の猫”を貰いうけます。真白な猫とそれを見つめる少女を描いています。大人が考える以上に、過酷な世界で生きている子どもの世界を象徴的に描き出した作品ですが、個人的にはここに登場する駄菓子屋のおっちゃんを描いて欲しかったです。

 

 

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

 

 

 

今年も、ARK(アニマルレフュージ関西)の写真展を開催することができました。ARKは、イギリス人エリザベス・オリバーさんを中心に1990年に大阪で設立されました。捨てられたり、虐待されたりしていた犬や猫たちを保護する活動を続けています。我が家のマロン(雑種犬)も11年前にARKからやってきて、16才になりました。

レティシア書房では5回目となる今回、ARKの写真を2006年からボランティアで取り続けている原田京子さんから、「新しい写真が間に合わないのだけれど、いままで撮った中から、レティシアセレクトお願い出来ませんか?」と連絡を頂き、店長と二人で選んだ作品が並びました。原田さん曰く「シブい選択」だそうで、これまでの作品展で取り上げられることが少なかった子達も登場。

 

私は、白猫アリエル(写真左)の表情に魅かれました。ARKの前に捨てられていた11匹の猫のうちの1匹ですが、ARKで働いていた平田さん(マロンを引き取る時にお世話になりました!)のもとで、昨年天国に旅立ったということです。 大きな猫(8kg)と小さな犬(1kg)フーちゃんとニックの日常風景は、思わずふっと笑ってしまいます。そして、湖のほとりに捨てられていた犬、結(写真右)と名付けられたこの子は聴導犬協会に見初められて訓練中というエピソードなど、キャプションを読んでいると彼らに親しみがわいてきます。

この写真展のタイトル「犬生、猫生、人生。」が示すように、犬でも人間でも命の大切さは一緒。どの生にも未来はあります。人と動物が一緒にいい明日を迎えられたらどれほど幸せでしょう。縁あって我が家に住みついた犬と猫も、暢気に寝たり食べたり(時々いたずらもしたり、振り回されもしますが)しているだけで、毎日小さな喜びを運んでくれます。

写真展では、Tシャツ、ポストカード、クリアファイル、キーホルダー、お散歩バッグ等々、ARKのグッズも販売しています。売上金はすべてARKの活動資金に役立てるために寄付いたします。(女房)

 

ARK写真展2017「犬生、猫生、人生。」は6月18日(日)まで。月曜定休日。最終日18時まで。

 

 

 

 

Tagged with:
 

現在、当ギャラリーで写真展開催中の、動物レスキュー組織「アニマルレフージュ関西(ARK)」の来年度カレンダーが入荷しました。毎年、販売していますが、なんとか今回の写真展に間に合いました。今日から12月まで当店でお取り扱いしておりますので、よろしくお願いします。

壁掛けタイプ(1000円)と、卓上タイプ(800円)の二種類があります。顔を寄せ合った子いぬの写真なんか、もう可愛い!!と、抱きしめたくなりますが、彼らは決して幸せな境遇にいたわけではなく、それぞれの事情を抱え、ARKにたどりつきました。今でこそ、ARKという保護施設で、安心した生活を送り、また新しい家族に迎えられた犬や猫もいますが、過去には、遺棄されたり、暴力を受けたりしています。

ARK代表、エリザベス・オリバーさんの「動物と分かちあう人生」(1944円)、「スイート・ホーム物語」(1836円)、「日本の犬猫は幸せか」(734円)を読むと、ヨーロッパに比べて動物保護意識の低い日本の現状、災害時のペットの安全対策、あるいは安楽死の現状をつぶさに知ることができます。(以上3冊の本の販売は写真展最終の18日まで)

動物にとって優しくない国は、やはり人にとっても優しくない国ではないでしょうか。

 

さて、本日オープンしたMUJIBOOKS(イオンモール京都/無印良品)の「オススメ本の紹介」コーナーに参加させていただくことになりました。これは、何人かが、それぞれセレクトした本を数冊選び、コメントとともに店内で展示販売してもらうという企画です。テーマは何でも良かったのですが、「共生」ということを考えるという意味合いで、以下の文を添えて熊に関する本を選びました。こんな本です。

「ぼく生きたかったよ」 すずきまりこ かりん舎
「ブルーベア」 リン・スクーラー 集英社
「熊になった少年」 池澤夏樹 スイッチ・パブリッシング
「終りのない旅星野道夫インタビュー」 湯川豊 スイッチ・パブリッシング
「なめとこ山の熊 あべ 弘士 三起商行

いつから、熊は人間の敵になってしまったのでしょうか。クマモンは可愛いけど、本物は人を襲うから怖いと考えますか?本来、熊は山の奥で彼らの生活を全うしていたはず。それが、人間の住む近くまで出てきたのは何故でしょう。そんな事も含めて、人間にとっても、熊にとっても住みやすい世界のありようを考える本です。」

 

私たちも、犬も猫も、熊も、この星に共にへばりついて生きていることを、頭の隅に置いておきたいものです。

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知弘さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショーを予定しております。(要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)

Tagged with:
 

本日より、「ARK (アニマルレフージュ関西)写真展2016」が始まりました。

 

 

捨てられたり、虐待されたりした犬、猫を保護し、新しい飼主を探す活動を続けているARK。そこで暮らす、犬、猫達の個性的な顔がまた今年もズラリと揃いました。レティシア書房での開催は4回目。写真家の原田京子さんは、ボランティアで撮ってこられた犬猫たちの写真を並べる為に毎年駆けつけてくださるのですが、この展示作業がいつもとても楽しいのです。この子は何処に飾ろうか?見つめられて照れるね、とか言いながら。

そんな中、貫禄十分な猫の「ゴンゾー」はやっと決まった位置から「なんや、あんた、見に来ただけか、ちゃんと寄付しぃや」と言われそうな迫力ですが、どうぞ気にしないでご鑑賞くださいね。その横には、小さな、小さな子いぬの「ルッツ」(写真右)。どんな経緯でARKに来たのかは知りませんが、新しい飼主に出会って欲しいものです。一方で、もう可愛いという言葉しか浮かばない仔猫達のあどけない姿を捉えた写真もあります。

この子たちは、それぞれ何らかの不幸な事情でここへ来ています。子いぬ、仔猫ばかりではありません。警察に収容され、あまりにも可愛かったために、保健所送り一歩手前で、警官が連れて来た犬の「一歩」は、調べてみると老犬。でも残りの犬生を幸せにここで過ごし、天国へと旅立ちました。一本道の手前で振り返ってこちらを見る彼は、まるで「ありがとう」と言っているみたいです。

或は、ホームレスの飼主の元で育った犬「せいちゃん」。飼主が警察のお世話になったために、ARKで暮らしています。すっかり老いていまいましたが、真っ直ぐにこちらを、見つめている瞳の中にあるのは何でしょうか。一緒に暮した飼主との懐かしい日々のことなのか、今日の散歩のことか。無垢な表情にくぎ付けになります。同じように、飼主が刑務所暮らしを余儀なくされたために、やって来た猫の「イヴェール」。私って美人よね、と訴える視線には、オジサンはまいったなぁ〜。どうやら、新しい飼主を見つけて、幸せに暮らしているようです。

今回の写真展で、私のお気に入りは、森の中にすくっと立って、風の匂いをかいでいる犬、ハクホウです。動物が持つ逞しさと優しさが溢れ出た一枚です。(CDの棚の上に飾りました)

写真展では、多くのARKグッズを販売しています。半袖・長袖Tシャツ、クリアファイル(5種類あります)、オリジナルトートバッグ、本、シール、キーホルダーなど。売上げはすべてARKにお渡しいたします。

「ARK写真展2016 犬生、猫生、人生。」は9月18日(日)まで。

なお、ARKの写真家原田京子さんの個展をレティシア書房で開催します。ご期待下さい。

★原田京子写真展「Spanish Sentiment」10月4日〜16日

 

大阪府能勢町にある動物レスキュー団体「アニマルレフュージ関西/ARK」の写真展、本日より始まりました。今年はARK設立25周年になります。この25年間にどれだけ多くの犬や猫達が救われて、新しい飼い主のもとへ旅だっていったことでしょう。この会を設立されたオリバーさん、お疲れさまでした。

レティシア書房でも、ARKの写真展三回目となりました。書店にギャラリースペースをとった時から、この写真展だけはできるだけ長く続けて行きたいと思っていました。

今回もいろいろな過去を背負った彼等の、今は幸せに暮らしている姿を捉えた写真が20枚ほどやってきました。この新作写真展は、レティシア書房が皮切りで、今後各地を巡回するそうです。写真家原田京子さんは、ARKの動物たちをボランティアで、撮り続けておられます。いつも搬入の時には、ARKのスタッフ平田さんと一緒に来て、「この子はどこへ置く?」とかワイワイ言いながら、楽しく飾り付けてくださいます。我々も年に一度、また新しい犬猫の写真を、お二人と共に展示することが愉しみになっています。(右写真はサンダー。アークに来てから表情がゆたかになりました)

小さい時に虐められて前足を失くしたレオニダス。今は京都下鴨神社のそばにお住まいの方のところに貰われていったそうです。足1本なくたって、それが何?とでも言いたげな、可愛い姿を捉えた写真は我々に希望をくれます。

ブリーダーの元で手荒い扱いを受けていて、人間不信からパニックを引き起こし、安楽死まで検討されていたカール(左写真)は、ホントはとっても甘えんぼさんでした。振り向いた顔の愛嬌のあること。この子達は、人より強いのかも、とARKのスタッフもおっしゃってました。

 

刑務所に収監されることが決まった飼主が、このままでは自分の9匹の猫達が不幸になってしまうとの思いから、ARKに持ち込み、みんな新しい家族のもとへ旅だっていったというエピソード。こうした小さなストーリーが、写真に一つ一つついているので、読んでいると彼等が身近に感じられます。飼主の人生がどう転ぼうと、生きていく彼等はしたたかで、まことに健気です。

避難シェルターにいるからといって、決して哀しげな表情をしているわけではありません。元気な子、力強い子、穏やかな子と様々な顔を見せる彼等に、逆に私たちが救われてるのかもしれません。

ARKグッズも各種揃えています。毎年人気のTシャツもカラフルです。新顔としては、オリバーさん推薦の美しい輸入カードがたくさん入りました。キーホルダー・カーステッカー・クリアファイル(これもいつも人気です。種類が増えました。)缶バッジ・お散歩バッグ等々、売上げは全額ARKの運営に回されます。

ARK写真展「犬生。猫生。人生。」は8月9日(日)まで。

 

ARKから8年前にやってきた我が家のマロン(写真右下)は、14歳になろうとしていますが、相変わらず元気にお散歩を続けています。ちなみに、好きなものは、お父さんと行く夜の散歩とおやつ。(特に好物は、豆腐・ヨーグルト・パン)苦手なものは雷です。(女房)

 

10月20日の北海道ネイチャーガイド安藤誠さんのトークショー「安藤塾」(20時スタート1500円)は、あと数人で満杯になります。ネイチャートーク聴いてみようかなぁ〜とお思いの方はお早めにご予約下さい。ところで、文踊社から出版されている「14人のバードウォッチャーが語る探鳥見聞録」(1200円)に安藤さんが文章を載せておられます。「満月とシマフクロウの沼」というタイトルで、北海道の野生動物の人気者、エゾフクロウを通して、人と自然の付き合い方を述べられています。鳥や熊達をそっとしておいてやりたい、という気持ちが伝わってきます。

皆さんそれぞれ追っかけている鳥たちのことを面白く語られてますが、松田道生さんが書いた「カラスが教えてくれた言葉」で、研究者として、やっとカラスに襲われたと喜んでおられたのが、なんだか素敵でした。

各文章の最後に、その方の簡単な略歴が載っていて、皆さん野鳥の会の方とか、その方面に関係している方が多いのですが、「野鳥が教えてくれたこと」を書かれた神戸字考(ごうどうたか)さんの経歴はちょっと変わっていました。小学生の時に動物画家・薮内正幸の画集を見て、ご自分も絵を書くようになり、C.W.ニコルの専門学校で自然環境管理を学び、2000年からは英国サンダーランド大学、自然環境・野生生物画学科に在籍されていました。氏の野鳥画も掲載されています。

薮内正幸氏の動物画は私も好きで、本の装丁が彼だと買ってしまいます。最近見つけたのは、齋藤惇夫作の「冒険者たち」(岩波文庫350円)です。

身近にいる野鳥ですが、案外無関心な方が多いと思いますが、ちょっと面白い発見ができそうな本ですね。御所や、鴨川散策の時に上をみあげたくなるかもしれません。(下の絵は薮内正幸作品です)

Tagged with:
 

ペットショップにいくまえに」実行委員会刊行の「ねこだっこしたら」(どいかや作・絵)が届きました。(200円)わずか8ページの小冊子は手作りで、販売価格の半分は犬たち猫たちの保護や譲渡会をしている団体に寄付されます。どいかやさんの可愛いイラストをぜひご覧ください。

飼い主を失ったり、野生化した多くの猫や犬が毎年処分されています。その中には、ペットショップで買ってきたものの、飼うのが面倒になって捨てられた猫、犬が多くいます。そんな現状を知ってもらい、少しでも良い方向へと向かうように「ペットショップにいくまえに」というイベントがスタートしました。絵本作家のどいかやさんの「誰かが犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、飼い主のいない動物をもらい受ける、ということが当たり前の世の中になってほしい。」という想いにはまったく同感です。

ミロコマチコ、田島征三、どいかや、とりごえまり等9名の作家の「いのち」をテーマにした作品展もスタートしました。この展示会は残念ながら、いまのところ東京のみですが、京都川端三条近くの「nowaki」で、その作品展に連動した形での展示会(29日まで)が始まっています。

我が家のマロンも保護されていたARKからは、素敵な来年のカレンダーも届いています。もちろん、カレンダー代金はすべて動物たちのために運用されます。(1000円)

 

 

Tagged with:
 

お馴染み、我が家ののんき犬マロンです。

ん?ちょっと賢そうやん。まるで本好きな淑女の静かなたたずまい。

この写真は、ただいまギャラリーで開催中の写真展「ダンスの話を続けてよ」の作家かくたみほさんが撮ってくれました。

17日朝、東京から搬入に来て初日は一日中在廊して頂いたのですが、無類の犬好き。なんでもご実家の愛犬を最近失くされたとかで、作品を飾りながら「犬に会わせてもらえます?」とリクエストされ、マロン登場と相成りました。

暑い夏、表で看板犬するのはお休みしていましたが、久々に店の前につないだらご近所さんに「あ、マロンちゃん。久しぶり〜」と声かけてもらったりしてごきげんでした。本屋の中で撮りたいという写真家に応じて、はいポーズ!したのがこれ。

いやぁ〜さすがです。可愛いです。賢そうです。ストーリーを感じます。ぼーっとした写真が多かったのは、被写体のせいではなかったか・・・。

お客様が途切れた3時頃、調子に乗ってやんちゃ娘のラッキーも店に入れました。

ラッキーは、ウロウロ動きじっとしていないので、家の外ではリードをはずすわけにはいかないのですが、我慢強くシャッターチャンスを待って頂きました。なんと!これまた、図書館通いをしている女学生の風情ではないですか。

とまあ、親バカ丸だしのはしゃぎぶりを横目に、美しい写真が出来上がりました。かくたさん、誠にありがとうございました。

ギャラリー開催中の写真展、ぜひご覧下さい。

こちらはフィンランドの風を感じる本当に爽やかな作品の数々です。(女房)

★かくたみほ写真展 9月29日(日)まで

 

Tagged with:
 

動物保護団体ARK から、来年のカレンダーが届きました。ARK に保護された猫、犬達の魅力的な写真が12枚。そしてスタッフの一日と、これからのARKの活動を紹介したページなど、盛り沢山のカレンダーです。毎年このカレンダーを、ほとんどボランティアで撮影されている原田京子さんは、彼らの表情をますます魅力的に撮られています。本当にいい写真の数々です。

そして各写真の下には、気の利いた言葉が入っています。例えば、

「猫のしつけは厄介だと聞くが、そんなことはない。あいつは、たった2日で私をしつけたもの」

猫を飼っている方には、十分納得できますね。

最後のページを飾る犬の写真の下には、こうです

「”愛”の反対は”憎しみ”ではなく”無関心”である」

今でも、多くの犬や猫たちが毎月処分されています。こういう状況下では、ARKに保護されて、新しい飼い主を見つけた犬や猫たちは、とてもラッキーなのかもしれません。レティシア書房では、このカレンダーの予約を開始いたします。もちろん、売上げは全額ARKに寄付します。「可愛い〜」だけで、飼ったものの人間の勝手で捨てられたり、引越等の理由で飼えなくなった犬猫たちのセカンドライフ(維持費、不妊手術やワクチンなどの医療費)に使われます。

7年前ARKから我が家にやって来たマロン(右・雑種)も、昨年似たような境遇で北海道からやって来たラッキー(左・雑種)も、ごらんのように暢気な顔で毎日元気に過ごしています。マロンは、はじめは上目遣いで我々をそうーっと見上げるだけで、感情を表に出さない子でしたが、今はにっこり笑います(ホント!)し、甘え上手になりました。ラッキーも、やって来た時は「しけた面」でションボリしてましたが、毎朝散歩の時間は、はしゃぎまわっています。

ARKの犬猫たちを救うには、お金が必要です。カレンダー1冊で、ちょっと手助けできればそれは、素敵なことですよね。彼らに支援をお願いいたします。

 

 

Tagged with:
 

児童文学、それも函入りの美本が入っています。整理して、店頭に並べるまで時間かかりそうなんで、一部ここで紹介いたします。

石井桃子さんの「ノンちゃん雲に乗る」は67年福音館から発行された版です。。この本は確か、50年代初めにに光文社から初めて発行されたはず。その時の挿画は桂ユキ子でしたが、こちらの本の装幀画は中川宗弥。

石井桃子は、戦前「くまのプーさん」の原書に感銘を受け、児童文学の翻訳を始めます。そして戦後、最初の創作「ノンちゃん雲に乗る」を発行します。福音館版は大きさが18cm×13cmで、ブルーの表紙の手に丁度収まるいい感じの本作りです。

石井桃子翻訳ものとしては岩波書店の「とぶ船」(ヒルデ・ルイス)、「たのしい川べ」(ケネス・グレーアム)そして、「とびらをあけるメリーポピンズ」(初版本)その他のメリー・ポピンズ物も数点入荷しました。

岩波の函入りの海外児童文学はリンドグレーン「ミオよわたしのミオ」、ルーマー・ゴッテン「人形の家」、ゲープハルト「どこからきた少女」なども入荷しています。珍しいのは東都書房版「アイヌ童話集」ですね。著者は金田一京助と彼の末弟。アイヌ語を忠実に日本語に訳したものとして貴重な一冊です。

川端康成、佐藤春夫、獅子文六等が監修している豪華監修陣の昭和38年発行の小学館「幼年世界名作文学全集」のキングスレイ「水の子トム」は函の絵柄、本体の挿画も躍動感に満ちています。この時代は、少年少女物とはいえ、きっちりした本作りをしていたことがわかる証拠みたいな本です。

まだまだ出てきそうですが、ここで猫好きに一冊。テリー・ドゥロイ・グルーバー著「ニューヨークの猫たち」(講談社 昭和57年)本の帯にこう書かれています

「ぬくぬくとしたペット暮らしをニャンと蹴飛ばし、本能のまましたたかに生きる都会の猫たち。写真・英文・対訳と3倍楽しめ、半猫人、愛猫家、猫好きをとりこにする本」

まさにそんな一冊です。

 

 

Tagged with: