毎回一人の作家を多方面から論じる文芸ミニプレス「APIED」を主宰する金城静穂さんが、初の単行本を出されました。写真とエッセイを主体にした「桜の木が一本」(1980円)です。夏葉社から出た「庄野潤三の本 山の上の家」(2420円)や、新潮社から出た「茨木のり子の家」を思い出すテイストです。

吉田一之さんはつれづれ織り作家、妻の道子さんは児童文学作家としてそれぞれ活躍し、京都の山科にある一軒家に長年暮らしておられます。夫婦の暮らしを支えるこの家が主人公でもあり、カメラマンの酒谷薫さんが、味わいのある一軒家の姿を写真に捉えています。

吉田家には巨大な桜の木があります。「1979年に1メートルほどの苗木を四百円で買い、一坪の庭に植えたものである」と道子さんは書いています。それが、今や幹回り1メートル50センチ、背丈は自宅二階の屋根を覆うまでに成長しました。その桜の木の写真を見ると、家がまるで巨木に覆われ、守られているという雰囲気です。夫婦は、桜の木を「叔父さん」と呼んで愛で、花の頃には、多くの人が集まってきました。いや、人だけでなく鳥や蛇までも寄ってきました。(なんだか素敵な絵本の始まりみたいです)

「風の音は葉のそよぎでわかる。空の深さは枝枝のいくつもの青で。たたきつける雨の警告、雨宿りの安らぎ、木陰の清涼さ、深い闇。自ら歩かないものが抱える懐の深さに、しんとする。」

風通しのいい家、古い本棚、ずらりと並んだ文学全集。窓際に置かれた水槽の向こうには、満開の花をつけた桜の枝が幾重にも広がっている。豊かな時間がここに流れています。

道子さんは子供の頃、西田幾多郎で有名な哲学の道のそばに住み、近所の友達とプールに通っていました。泳いだ後のけだるさは、泳いだという満足感と引き換えのように感じたとか。幼な心に「それが人生の何ものなのか、を教えるようなものだったのだ。何かをすれば、何かを得れば、何かが失われる。」と思ったそうです。

「その後の人生で、思い出すのは、この細い哲学の道と蝉時雨とその中でのけだるさ。そして、その蝉時雨を今我が家で聞いていることの不思議さ。」

本書には、一之さんのつづれ織り作品や道子さんの仕事場をはじめ、季節の野菜がいっぱいのとても美味しそうな食卓の風景など、お二人の生活が撮影されています。そして、道子さんの素敵な文章。

「時は料理を作る。ストーブに野菜と水を入れて置くだけで時間が経った後おいしいスープになっている。わが家では、時は風景を作る、である。桜が月桂樹が、紫陽花や木槿、山茶花が、壁の色が郵便受けが一つの風景を作っている。そして、その風景にいつか住人自身もなって、溶け込む。」時の仕事と題したエッセイには窓辺の本の写真が添えられています。

50年近く暮らしてきた家の風景に溶け込み、年を重ねて、やがて迎えるであろう死をどこかに感じながらも「先に思いを馳せるのではなく、今を生き切る。そうしたい。成長した暁にではなく、今、その瞬間を生きる子どものように。」書かれた文章に、しみじみ感じるところがありました。

★「桜の木が一本」発行を記念して、レティシア書房で7月21日〜8月2日に写真展を開きます。

 

 

 

Tagged with:
 

9月5日京都新聞の「くらし塾」で、「住まいのバリアフリー改修」が大きく取り上げられていました。

91才、85才のご夫婦の住宅改修の経緯が書いてありました。

2間続きの和室をフローリングにして、戸は引き戸。トイレも三枚戸にすることで車いすでの出入りも可能になったとあります。尿瓶を洗うためのシャワーをトイレにつけたので、自分で洗うにしろ、介護する方にも、安心して使えることでしょう。こういう細かい事は、よく相談できる建築関係者と出会うことで、相当違うでしょうね。

以前、お年寄りのための生活用品店を仲間と営んでいた関係で、たくさんのお年寄りとお付き合いさせていただきました。住宅改修も工務店の方と一緒に色々やってきました。そんな中で、転ばぬ先の杖は、あまり細部にわたって先走ってはいけないと思ったものです。

だって、どこが痛くなるか、動かなくなるか、ならないか、わからないですもん。

 

家を新築する場合、ここにあらかじめ手すりを付けておく、ではなく、手すりが必要になったら、付けられるように下地を施しておくこと。

段差をすべて解消することも確かに大切ですが、住み慣れている家なら、灯りの工夫だけで暮せる事もあること。

大げさな機械を使わなくても、今までの暮し方が続けられる小さな工夫が色々あること、等々。新聞でもちょっと書いてありましたが、玄関に椅子を置くだけで楽になることもあります。

 

この新聞記事で、改修を請け負ったのは、我々の家の担当をしてくださったフジイさんでした。

そうです、フジイさんとは昔、住宅改修をご一緒した仲でした。

これから先のために老人仕様の家をお願いする際、彼女に相談したのは、いまでも正解だったと思っています。紆余曲折ありましたが、そして、まだまだこれから婆さんになっていくわけで、なんやかや言いますが、なにとぞよろしくお付き合いください。

 

もしかしたら、今後のお仕事に我々の仕様がお役にたつかもしれませんしね。(女房)

 

 

 

Tagged with:
 

関西電力から、『計画停電をお願いする場合のスケジュール』が送られてきました。

先日の株主総会後の会見で、脱原発を完全否定した関電は、原発を停止して下さいというお願いには耳を貸さず、計画だからと、自分のお願いだけはしっかりしてきました。

だって、あんたたちが原発コワイって言うんだから、電力足りないじゃん、停電してもしかたないでしょ、という脅迫状にはっきり見えました。

明るくなくちゃ!いつでもお湯使えなくちゃ!やっぱ不便でしょ!!!っていうつもりやね。

 

わかりました。節電します。

今、家電はかなり賢くなっていますし、この際に買い替えられる人は即、節電に直結します。

それにみんながピーク時を意識してちょっと節電すれば、乗り越えられるはず。家を発電所ではなく節電所にすることで、電気は浮きます。

一人一人が何がホントに必要かを考える、とっても貴重な機会をあたえられたのです。

 

節電のお願い、受けて立ちましょう。(女房)

 

Tagged with:
 

前にもご紹介したカフェ「ムーレック」に連休最中、4日に行ってきました。
もちろん幻のコーヒー「カペ・アラミド」を飲むためですが、写真展をされていた上村さん夫妻と、展示中ずっと手伝ってくださっていたY子さんをぜひお連れしたかったのです。


ムーレック」は築100年くらい(?)のお家で、姉妹でカフェを営業しながらアジアとつながっている素敵な場所です。

「ムーレック」というのはタイ語で「小さな(レック)手(ムー)」という意味だそうです。(妹さんがタイに長く住んでおられました。)
子供達の手、そして、一人一人は小さいことしかできないけれど、つながれば大きく実を結ぶ意味もこめられているとか。

「カペ・アラミド」も売り上げの一部がフィリピンの「ハウスオブジョイ」という孤児院の支援に充てられます。
ここは、親のいない子供、虐待を受けている子供などを政府の福祉局の連絡を受けて保護し、ご飯を一緒に食べ、そして学校に通わせるところです。

「ムーレック」のお姉さんの方が、ドキュメンタリー映画の製作者で「ハウスオブジョイ」の依頼で作られた映画も見せていただきました。

上村さんたちは、ゆったりした古い家の佇まいや、展示してあるタイの子供達の写真をすごく気に入ってくれました。

コーヒーの方は、後味がすっきりとしていて、美味しかったです。
幻のコーヒーと言われる珍しいものを頂いた割には、もひとつ味音痴で感想がなんですが。

さて、楽しかった上村さんの「Northean Life」写真展も5月6日に終わりました。
たくさんの方々が見に来てくださいました。再会の和やかな雰囲気、楽しそうな笑い声が小さな本屋に満ちて、我々もいっぱい幸せを頂きました。
レティシア書房の小さな手が、また一つつながりました。
本当にありがとうございました。(女房)

Tagged with:
 

10日ほど前に我が家にやってきた子猫は、次の日に名前が決まりました。べべです。

ブリジット・バルドーの愛称ってすぐわかるあなた、同世代ですか?
金髪ではないのですが、ベージュ色の変わった毛色が、ちょっとセクシーで思わず子猫に呼びかけたら、連れ合いが「その名前がいい!」と即決。

さて、ごはんのメニューがミルクから、ふやかしたドライフードに進んだのは、2日目の夜。
歯がはえているので、大丈夫だろうと与えてみたら食べる食べる!
凄い勢いで、ぺろりと平らげました。次の日も食欲旺盛。

そうなるとあと気になるのは、ウンチです。すこしお腹をさすってやったり、お尻をガーゼでやさしくさわって促したら、夜中にう〜んとがんばりました。
頑張りすぎて、そのままウンチの上で寝てしまう始末。嬉しくて眠気もぶっとび、笑いながらお尻をふきましたね。
それからは、誰に教えられたわけでもないのに、前足で砂を掘ってウンチをして、また砂をかぶせるといういっちょまえのことをしてくれています。

一安心だけれども、食欲も遊びもますます激しくなり、お母さんはさらに睡眠不足の毎日です。
しかたありません。この可愛さには負けます。(女房)

Tagged with:
 

京都西陣に「はちはち」というパン屋さんがあります。街中というのにまるで森に迷い込んだようなところなのです。

森の中のパン屋さんって、なんかいい酵母菌がいっぱい生きていそうですっごく美味しいパンができそうですよね。

道順は、説明するのがとっても難しいので、ホームページを見て確かめてください。連れ合いなどは何度通っても、迷い、いまだに一人では行きつくことができません。

重くて、味わい深いライ麦パンを作っています。

時々食べたいな〜と思った頃に、

「そちらに行くついでがあるけど要る?」などと嬉しい連絡が入りゲットすることもしばしば。

先日も、レティシア書房で写真展をして頂いている家住利男氏の教え子さんが「はちはち」でランチしてからこちらへ回るというので、パンの配達をお願いしました。薄くスライスしたパンを、オーブントースターで少し温めて食べるのですが、馥郁とした香りに、ホント幸せな気分になります。

写真は12月限定の「はちはち」のシュトレーン。あ、今は行ってもありませんよ。クリスマス限定ですから。たいていは写真を撮るのを忘れて、食べてしまうのですが、奇跡的にこのときは記録を残せました。

メチャクチャオイシイです。しかし何度も言いますが、12月のみ。スミマセン。

 

 

わかりにくい場所にも関わらず、レティシア書房の回りにはここのパンのファンが多いです。「はちはち通信(はちはちが出しているウェブマガジン)」の先月号で、レティシア書房が開店したことを掲載してくれたので、それを見てお客様が来てくださった事もありますし、こちらからご紹介した方は必ずっていうほどリピーターになられます。

 

そういえば、お世話になった建都住宅の担当フジイさんも知らない間に「はちはち」へ出入りしている一人。フジイさんとは色々なところで好みが似ているのですが、やっぱりどこかで通じていたようです。

家に関してはエピソードがあまりに多すぎて、なかなか書けないでいるのですが、少しずつ綴っていけたらと思っているところです。

まず、私とフジイさんの出会いから・・・っていうと、ああ、ますます話が進まないかな〜。(女房)

 

 

 

Tagged with:
 

 

『電子レンジで魚が焼ける!』という紙パックをもらいました。後片付けもラクラクと書かれているので、鮭でも焼いてみるか、と使うことにしました。

 

箱から取り出して、広げてみると、こんがりシートとかいうものが貼ってあり、どうやらこの上に魚を置く仕組みらしい。①、②という手順通りに、紙パックの端を折り、組み立てているうちに、

「ン?何かに似てる。」

 

あんまり連想したくないものに思い当たりました。

「ゴキブリホイホイ」

 

紙の感じといい、組み立てる手順といい、そっくり。

 

裏を返せば、「小林製薬」って、製薬会社の製品。ゴキブリホイホイはアース製薬だと記憶しておりますが、にしたって、なんだかね〜。

これほどにまで直に「ゴキブリホイホイ」を思い描くほど、「ゴキブリホイホイ」というものが生活に浸透していることなのかもしれませんが、それならばなおのこと、この形態もう少しなんとか工夫できないものでしょうか。

電子レンジで約6分。鮭はけっこう上手に焼けました。ところが、鮭をシートからはがす時、ペタッとくっついて、そこでまた思い出す、というハメに。

メーカーの新しいデザインを期待してやみません。(女房)

Tagged with:
 

愛犬マロンです。

朝夕2回の散歩は彼女にとって何より大事な時間。滅多に「ワン!」と吠えない彼女は、ただただ私の周りを、黙って、しかし鼻息だけは荒く跳ね回る事で最大限の「ウレシイ!!」を表現します。そんなマロンを見ているだけでシアワセで、毎日の散歩なんて、ジャマくさいもんやと思い込んでいた浅慮を反省します。早起きになったことで、豊かな時間は過ごせるし、足は丈夫になるし、便通はバッチリだし。

 

そんなマロンの散歩道で、出会った後ろ姿。まだほの暗い早朝にこれを見た時は、それはもうドキッ!としました。写真ではわかりにくのですが、これ、2mほどのところに浮いて見えるんです。半年ほどしてやっとどなたか確かめました。先日、『七福神巡り』をしていた時に入った観音寺の続きに、その人は立っていました。銅像には「武見太郎」の名。かつて医師の権利の代弁者、武見天皇と呼ばれた日本医師会会長。京都の人やったかな。なぜここに立っておられるのかまでは、七福神巡りの最中につき調べはつきませんでした。正体がわかって、やれやれ。それからは「おはようさん」と声かけたりしてます。(女房)

Tagged with: