神戸で発行されている「ほんまに」の最新20号が入りました。特集は「本を売る」です。地元、神戸を中心に、兵庫県の本屋さんが沢山登場します。

須磨区の井戸書店。私の記憶に間違いなければ、店主の森さんとお会いしたことがあります。全く書店とは関係のない方でしたが、書店の娘さんと結婚されて、後を継がれたそうです。この書店は、可動式の書架を作ったことで、読書会・落語会など様々なイベントを開催してきました。なかでも「子ども論語塾」は100回を迎えたとか。頑張っている町の本屋さんです。

森さんを加えた座談会では、当店の古本市のご常連「1003」さん、猫が店番をしている「ワールドエンズガーデン」さん、編集の仕事をされながら本屋を営まれている「KITUNE BOOK&Art」さんが、「本を売ること、これからの本のこと」というテーマで興味深いお話をされています。

「目的があって、この本を買おうということで本屋に行くのではなくて、何かないかしらと思って、何か一冊選んで帰ってもらえるようなのが理想です。」とおっしゃるワールドエンズガーデンさんに私も同感です。「何も知らないところに新しい刺激ってあると思うので」とも。入いり込んだことのない世界を、どんな風にお客様にお見せするのかが書店員の頭の使いどころです。

リトルプレスに関しては、神戸一の在庫と情報を持っている「1003」さんは、リトルプレスの注文の難しさを、「自分の覚悟の境界線みたいなものにお客さんの顔が浮かぶかどうかで判断しているところがあります。」と話されています。あの人とこの人は買うかなぁ〜という予測をして、残った在庫と支払う金額と利益を考えながら、店に置くか、否かを決定するのは、私も同じです。

特集はまだまだ続きます。個性的な新刊書店が紹介されています。西宮に2016年オープンした「リトル書房」さんは、57歳でサラリーマンを退職して開店されたお店です。レティシア書房を始めたのと同じくらいの年齢で応援したくなります。

今は、コロナ問題で、外出もままならない状態ですが、いつか紹介されているお店を回ってみたいものです。

京都で頑張っている文芸雑誌「APIED」(770円)の最新35号も入荷しました。こちらの特集はチェーホフです。「桜の園」の映画を観たことぐらいしかないので、じっくり読んでみます。

 

お知らせ コロナウィルス感染拡大の緊急事態下、これ以上感染者を出さないために次週4月23日(木)より当面休業いたします。予定しておりましたギャラリーの個展もしばらくの間お休みいたします。この「店長日誌」は毎日更新していきますので、読んでいただけたら嬉しいです。また、休業中でも店で作業していることがあります。その時は半分店を開けていますので、ご用があれば声をかけてください。(日程は店長日誌にてお知らせします。)