藤野千夜の「編集ども集まれ」(双葉社/古書700円)は、400ページを越す大長編小説ですが、面白い!こんな展開になるのか!おそれいりました。

1985年のこと。学生時代漫研にいた小笹一夫は漫画雑誌を発行している青雲社に入社します。「週刊大人漫画クラブ」編集部に配属され、電話番の仕事をやらされます。「巨人の星」の原作者梶原一騎から、クレームの電話を受け取ったりと、新入社員らしい失敗を重ねながら、編集の仕事へと携わっていきます。この小説、実名で多くの漫画家や作品が登場するので、80年代からの日本の漫画史を読んでいるようなものです。なつかしい漫画家や、作品名が登場します。

そして、もう1人の主人公。作家の笹子さんです。2015年、彼女はJ保町(神保町のことですね)を訪れます。この町には、彼女が22年間勤務していた青雲社がありました。が、個人的事情で解雇されてしまい、その後一度も立ち寄らなかった場所です。彼女にとって、苦々しい思いしか残っていない町を再び訪れたのは、自伝小説の取材のためでした。取材の途中で、かつて通ったカレー屋さんやら、古書店を巡るうちに、あの時代を思い出します。85年青雲社に入社の若者小笹一夫の物語と、かつては同社で漫画編集部員として過ごし、今は文学賞を幾つか受賞した女性作家の物語が交互に語られます。漫画王国日本を俯瞰的に描いた世界は圧倒的です。

この小説は、二人の成長を過去と現在から見つめるものなのだな、と思い込んで読み始めました。しかし、ちょうど小説の中程で物語は大転換していきます。実は小笹一夫は、「小さい頃には、大きくなったら女の人になると信じていたのです。今も寝言が思い切り女言葉らしいと。」と、幼い時から性別に違和感がありました。スカートをはき、「一夫」ではなく「笹子」として出勤し始めたのです。70年代のことだから、性を変えることに慣れている社会ではありません。でも、彼、いや彼女の周りの女性同僚たちは、「そうなんだ。そういう人もいるんだよね」と、それまで通りの付き合いをします。ところが、会社はそうはいきません。男性として入社したからには、男性の服装で出勤しなさいと強要してきます。それを突っぱねた笹子は、結局会社を解雇されこの街を去ります。これ、藤野千夜の実話です。

帯に木皿泉が「藤野さんの書くものは、つよくてやさしい。そうか、こんなことがあったからか。」と書いています。

この物語は、自分が自分でいる、あるいは生きてゆくことを守る闘いの記録だったのです。そして、主人公がそれを守れたのは、漫画を愛する仲間たちがいたからであり、何よりも、闘いのど真ん中にいた本人の漫画への深い愛が支えになっていたのです。女であることを告白したあたりから、漫画家の岡崎京子が頻繁に登場してきます。彼女も作家を支えた一人だったのでしょう。

藤野千夜怒濤の実録物語です。是非お読みください。

 

★ 勝手ながら10月22日(月)23日(火)連休いたします。

 

WOWOWで放映していたオリジナルドキュメンタリー「Out in Japan」を見ました。このNPO団体は、セクシャル・マイノリティーの人達のカミングアウトをバックアップする組織です。

「『OUT IN JAPAN』とは、日本のLGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティにスポットライトを当て、市井の人々を含む多彩なポートレートを様々なフォトグラファーが撮影し、5年間で10,000人のギャラリーを目指すプロジェクトです。

個人、団体、企業、自治体等との連携を通して、WEBサイト・展覧会・写真集などを展開し、身近な存在としてのセクシュアル・マイノリティを可視化させ、正しい知識や理解を広げるきっかけとしていきます。」

私が同性愛の人に初めて接したのは、30数年前アメリカで英語文化を教えてくれた女性教師でした。ある日、彼女のホームパーティに参加したら、若い女性がワンサカ、ワンサカという願ってもない場面。しかし、どうも様子が違う。で、数少ない男性に聞いてみたら、レズビアンの人達の集まりでした。いろんな人達がいるんだという気分と、ちょっとした違和感(この知らないということが差別に繋がるのかもしれません)が混じった数時間でした。

違和感を払拭してくれたのは、同性愛を描いた数多くのアメリカ映画でした。古くはオードリー・ヘップバーンの「噂の二人」に始まり、最近では、トランスジェンダーの主人公が息子と旅する「トランスアメリカ」、ゲイのカウボーイの悲しい人生を描いた「ブロークバック・マウンテン」、同性愛者であることを公表した政治家を描く「ミルク」、さらに「キッズ・オールライト」、「ダラス・バイヤーズ・クラブ」、そして昨年見た「キャロル」など、様々な視点から同性愛をみつめた作品のおかげだと思います。

セクシャル・マイノリティーであることをカミングアウトするには、まだまだ困難な問題が山積みです。でも、このプロジェクトで写真を公開した人の表情は、どの人もステキです。最初に勤務したレコード店に来ていた化粧バリバリの男性二人が、手を取り合って楽しそうに試聴されていたことも、今ふと思いだしました。

梨木香歩のイギリス滞在時代のことを綴った「春になったら苺を摘みに」(新潮社600円)の最後を、彼女はこう結んでいます。

「理解はできないが受け入れる。ということを、観念上だけのものにしない、ということ」

なかなか困難なことかもしれませんが、いつぞや、TVの番組でボーイズラブコミックに夢中の女子高生に、俗にいう良識派の大人が白い目を向けた時、彼女は「何、読んだって自由じゃん」と、実に簡単に言ってのけました。これって、「誰を愛しても自由じゃん」と言い換えてもいいんですね。女子高生は真実を一言で言い切ったということです。