ユーゴスラビア出身のエミール・クストリッツァ監督・主演作品「オン・ザ・ミルキーロード」を観ました。

映画でも小説でも、作家の独特の文体、リズムがあります。見始めて、或は読み始めて、暫くの間は、作家のリズムにこちらがチューニングする時間です。その間に、この作家は合わないなぁ〜と感じたり、いいねぇ、この監督は!と画面に釘付けになったりします。で、クストリッツァのリズムですが、最初の40分程、私にはどうにも波長が合いませんでした。

国籍不明の国同士、戦争中のお話です。砲弾飛び交う中、ロバに乗ってミルクを配達する男が主人公です。これ戦争映画?…..ではありません。男の周囲にはロバ、鷹、さらには大きなヘビが集まってきます。え?ファンタジー映画?…..ではありません。戦争中だと言うのに、村人たちは、飲めや歌えやの大宴会。延々続くバルカンサウンド。ミュージカル?…..ではありません。

もう、わけわからん状態で進行していきます。ところが、1時間を過ぎたころからでしょうか。不思議に気分が良いのです。シュールな展開に、こちらの判断能力などほぼ壊滅状態。破天荒な世界に巻き込まれてしまいました。主人公と新婚ほやほやの花嫁は、追いかけてくる兵士から逃げ回るのですが、この逃避行たるや、サスペンスも笑いもファンタジーも満載で、楽しいこと。

そうして、ラストに至って、映画が訴えたかったことが見事に映像になっています。花嫁を失くした男は、その後、荒野の険しい山を、大きな石ころを担いでひたすら登っていきます。何故か?それがラストシーンで分かります。

映画では地雷と火炎放射器を、愚かしい戦争のシンボルとして描いています。その愚かしいシンボルに黙々と立ち向かう主人公の姿を見せながら、カメラはぐんぐんと空を登っていきます。映画最初の違和感など吹っ飛び、こみ上げて来る涙で一杯の幕切れでした。エミール・クストリッツァ。只者ではありません。

 

 

 

 

映画館で観たい映画ってありますよね。

古くは「アラビアのロレンス」「2001年宇宙の旅」「地獄の黙示録」「未知との遭遇」そして「スターウォーズ」と、大スクリーンで、響き渡る音響の中に身を置いてスクリーンを凝視することで、その映画のスゴさを理解できる映画。

「ブレードランナー」の続編として製作された「ブレードランナー2049」もそんな一本でした。映画が始まってすぐに広がる未来のLAの都市の姿など、小さい画面で観たら、その迫力なんてさっぱりわかりませんね。

先ず、この映画、言葉で書かれたシナリオの世界を、よくもまぁ、ここまで映像化したもんだと驚きました。最先端のCG技術を駆使しながら、意匠デザイナー、セットデザイナー、美術監督、色彩コーディネーター等々多くのプロが作り上げた2049年のLAの姿を堪能してください。

そして、CGは凄いが中身からっぽの大作が多い中、深い物語性をきちんと備えていました。前作「ブレードランナー」は、反乱した人造人間(レプリカント)を追いかける捜査官を描いた単純なストーリーでした。今回も、そんな感じの話ですが、ゆっくりしたリズム(上映時間は2時間半を超えます)で、進行していきます。自身もレプリカントの捜査官Kが、人間に反旗を起こした旧型レプリカントを追い詰めてゆく過程で、自分の頭の中にある記憶を巡って疑問を持ち始めます。私とは何者なのかという問いかけが、とんでもない方向へと向かっていきます。圧倒的な映像美に幻惑さらされながら、私たちもKと共に長い旅をすることになります。

監督は、個人的に今年のベスト3に入る「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。「メッセージ」の時も、複雑なストーリーを単純に割り切らずに、不可解な部分を残しながら演出していました。

「ブレードランナー」の下敷きになっている日本のアニメ「甲殻機動隊」は、人間の躰に機械を埋め込んだ人物が主人公です。つまり、生物だった人間が、無生物へと転化してゆく世界を描いています。しかし、「ブレードランナー2049」は、その逆です。人造人間であるはずのレプリカントが子供を生むという、無生物だったはずの存在が生物として存在しうるのかへと向かいます。どちらにしても人間って何?というテーマを内包していることは間違いないですね。

様々な解釈が成り立つ映画です。テクノロジーに満ちた世界を描きながら、雪とか木とか虫が、何らかの意味合いを持って迫ってくる不思議な作品でもあります。もう一回見ておきたい(大画面で)と思いました。

 

 

 

 

 

ロビイストというのは、政治家に様々な陳情をして法案を通させるのが主な仕事です。アメリカのロビイストで、トップクラスの実力を持った女性を主人公にした映画「女神の見えざる手」は、面白さ抜群の映画でした。これは、観なけりゃ損です。

ヒロインのスローン(オリジナルタイトルは「ミス・スローン」です)は、事務所の社長に、銃擁護派団体代表という大物クライアントを紹介されます。銃規制法案を通さないために、法案に前向きな女性たちを取り込んで欲しいという依頼です。このクライアントが、トランプ大統領なみにマッチョで、どこか女性をバカにしています。こういうおっさんって、アメリカにも我が国にも一杯います。

彼が言うには、例えば銃を恐れる母親から銃で大切な子供を守る母親へ、というようなイメージチェンジなどで女性たちを取り込み、規制反対に向けて欲しいと、陳腐丸出しのキャッチコピーの数々を提示するので、スローンはあきれて大笑い。彼の提案を一蹴します。それどころか、大きな権力を持つ「銃擁護団体」に対抗心を剥き出しに、「銃規制は必要だ」と言い放ち、逆に規制法案賛成派のNPO団体の要請を受け、部下を引き連れて会社を辞めます。

映画は、ここからあの手この手で、大きな勢力にぶつかってゆく彼女の闘いを描いていきます。相手の出方を読み、その一歩先をゆく冷徹な彼女をジェシカ・チャステインが颯爽と演じます。この映画が並の作品になっていないのは、彼女を、銃犯罪の犠牲者だったとか、正義の人にしていないこと。最後に明かされる彼女の陳述は圧巻です。

味方が傷つくような事も、使えるものはすべて使って勝利に向かって邁進するのですが、罠にハマり、公聴会で査問を受け万事休すかと思った瞬間、稀に見る大逆転劇が待っているのです。いや、お見事でした。結末は言えないのですが、しゃべりたい!!誰かと一緒に観たら、あのシーンは、こんな意味があったんだとか、きっと話が弾む映画です。

羨ましいなぁ〜と思う事がひとつあります。ウォータゲート事件を扱った「大統領の陰謀」以降、政治を扱ったアメリカ映画には、必ず合衆国憲法が登場します。「大統領の陰謀」では修正第1条「言論の自由」、そして今回は修正第2条「人民の武装」を巡っての意見が飛び交います。我が国の映画やドラマで憲法の中身がフツウに登場するなんて希有なことです。憲法が根付いている国なんですね。

 

 

 

★臨時休業のお知らせ

11月6日(月)7日(火)連休いたします

 

 

確か、50年代のアメリカ映画「スペンサーの山」だったと記憶しているのですが、街を出て都会に向かう青年に、老人が”Today is just another  day……..Have a nice trip” という台詞が、心に残るエンディングでした。

“Today is just another  day” 一見単調に見える毎日。けれども、少しづつ違っている。今日は今日、明日は明日。いい旅を続けてくださいと言われて青年はバスに乗ります。ジム・ジャームッシュの新作「パターソン」を見ていて、この台詞が甦りました。毎日の新しさ忘れずに、いい人生をとでも言いたげな老人の台詞が、響いてきました。

主人公の住むいかにもアメリカの小さな町の名前は、パターソンで、彼の名前もまた同じパターソン。市バスの運転手です。

毎日同じ時間に起きて、簡単な朝食を済ませ、歩いて会社に出向き、バスを運転して、同じ場所でランチボックスを開いて昼食、午後の仕事をこなして帰宅。夜は妻の作った料理を一緒に楽しみ、愛犬と散歩に行き、途中で馴染みのバーでビールを一杯。そんな生活が毎日、規則正しく続きます。映画は月曜日から次の月曜日までを丹念に淡々と描いていきます。

規則正しい毎日とはいうものの、ほんのちょっとした違いが日々起こります。バスが故障することもあるし、バーでの諍いにも巻き込まれる。ここまで書いて来ると、退屈な映画だと思われるかもしれませんが、ちょっと違うのが、この運転手の趣味です。詩作です。運転の前、ランチの後、または自宅で、ノートに思いついた詩を書き綴ります。まるで、微妙に変化する日々を慈しむように、ひたすら書き続けます。

世界の少しの変化を言葉に翻訳するのが、詩人の役割だとすれば、日々、始発のバスに射し込む朝日の輝きや、空の色、散歩の時の夜風の肌触りや、町の雑踏を歩む人々の姿をパターソンは見つめ、拾っていきます。私たちは、彼と一緒にお付き合いするようにパターソンという町をみつめます。そんなに大きな出来事ではなくても、生きていれば様々な事が起こります。まぁ、こんなもんかなぁ〜。上を目指さない、望まない、飄々と毎日を生きるパターソンの姿を、平凡で退屈だとは思わず、しみじみ幸せそうだな、と感じるのです。

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」でセンセーショナルなデビューをした時、あの映画のポスターはクールだっだけれど、監督としての力量は、まだ信用していませんでした。が、小津安二郎ばりの映画リズムで展開する「パターソン」の演出には脱帽しました。

カンヌ映画祭で、パルムドッグ賞を受賞した犬の”マービン”の演技もお見逃し無く。

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

個人的に、ゾンビもの、吸血鬼もの、そして半魚人もの映画は、大好物です。昨今、吸血鬼や半魚人は、絶滅危惧種でスクリーンでお目にかかることは滅多にありません。しかし、ゾンビものは手を変え品を変えて登場して、ファンを喜ばせてくれます。

先日、韓国映画「新感染ファイナル・エキスプレス」を観に行きました。傑作です。監督ヨン・サンホという人は、スピルバーグの「JAWS」、あるいは黒澤明「天国と地獄」辺りの映画文法を熱心に研究していたんではないかな、と思いました。

映画は、バイオ企業が垂れ流した薬に感染した人間がゾンビ化し、その一人が超特急に乗り込んで、一気にゾンビが増加。列車内が大パニックに陥るという(もちろん)荒唐無稽なお話ですが、監督が映画の技術を自分のもににしているので、バカバカしいなんて全く思うことなしに、一気にラストまで見せてくれます。ゾンビが登場するまでの伏線も巧みで、例えば主人公が勤務する投資会社が、問題のバイオ企業に絡んで来るというオチなんて、上手いですね。

主人公と娘が列車に乗り込み、娘が何気なくホームを見ていると、ホームにいた人物が襲われるます。えっ!と思った途端に、列車は発車。その間、僅か数十秒のカットですが、映画とはこれだ!と思う瞬間です。列車内で孤立した乗客達が、次々とゾンビ化していきます。あ、この人は襲われるな、きっとこいつは好きな女を守って死んでゆくな、こいつは他人を押しのけても生き残ろうとするな、と思った通りに進んでいくのですが、途中でその定石の展開がガタガタと崩れていきます。

え?え?え〜!この人もゾンビに?! まさか、まさか、この人までも!そんなぁ〜、という悲痛な思いのまま進行。非情な演出が冴え渡ります。さぁ、ここで泣いてくださいと言わんばかりのケレン味たっぷりの演出に、まんまとはまって泣いている人もいましたね。ハリウッド映画だったら、絶対こんな展開にはなりません。

ディーゼル機関車に飛び乗ってやっと脱出した主人公たちにむかって何十人ものゾンビが走ってきます。機関車に乗り込もうとして引きづられてゆくシーンを俯瞰で撮るという、とんでもない映像美学まで楽しませるヨン・サンホという映画人は、第一線級の実力者です。

ラスト、主人公の娘が歌う「アロハ・オエ」に、私も(まんまとはまり)思わず泣いてしまいました。

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

 

 

 

映画好きイラストレーター、朝野ペコさんと楠木雪野さんのユニットによる「続・荒野の二人展 /私たちのするめ映画」が本日より始まりました。

2年前、「荒野の二人展」をしていただいた時、映画の話で盛り上がり、次はいつ?と楽しみにしていた第2弾です。前回は、連想ゲームのように、ある映画の一場面から次の映画がつながって、二人のイラストレーターが交互に絵をならべていく趣向でしたが、今回は「私たちのするめ映画」という副題がついています。「するめ映画」とは、作家・エッセイストの吉本由美さんが提唱した「地味で渋くてゆるゆるなんだが噛めば噛むほど味の出るスルメのような映画の総称」だそうです。映画大好きのイラストレーター二人が選んだ、シブい映画が12点並びました。いずれも大ヒット作は微妙に避けた、センスの良い面白い選択になっています。何より、この自分だけの「するめ映画」を選んでいく時が一番楽しかったとか。この映画のここが大好き!譲れない!という、自分の好みを改めてみつめることのできた時間だったそうです。

その一点、一点には映画の解説と「するめポイント」と題した小ネタを書いた解説プレートが設置されています。例えば、1931年製作のドイツ映画「会議は踊る」の「するめポイント」は、気楽に楽しめ、笑える軽妙で良質な歌劇との評価のあとに、「皇帝の影武者は登場するときにいつも歌をくちずさんでいるが日本語吹き替え版だとそれが『与作』っぽくて、それも好き」と鑑賞のポイントが書かれています。

1967年のSF映画「縮みゆく人間」(写真右)なんて、80分たらずのB級作品があるかと思えば、1969年のグルジア作品「放浪の画家ピロスマニ」という人知れず公開された傑作も選ばれています。(暫く前に、無くなった立誠シネマで再上映されてました)或は、能天気な1967年公開にハリウッド映画「ハタリ!」や、1984年公開のスタイリッシュなフランスアクション映画「サブウェイ」など。展示されている作品すべてを紹介するわけにはまいりませんが、二人とも映画のジャンルに拘ることなく、新旧、ヨローッパ、アメリカ、日本の映画を縦横無尽に楽しんでこられたことがよくわかりました。

映画好きはもちろん、最近あんまり観てないなと言う方も、ぜひ一度ご覧下さい。個性の違うお二人の絵がほんとうに楽しいです。朝野さんの、モノクロのキリッとしたイラストは、スクリーントーンを使って丁寧に、好きな映画を愛おしむように描かれています。一方、楠木さんの生き生きとした線と大胆な構図は、そのまま映画のポスターになりそうです。(作品はすべて販売しています)

なお、同時企画として映画パンフレットフェアも開催中です。新旧の映画パンフが100円から販売中です。すこしずつ秋の気配が漂う今日この頃、映画館へ出かけてみませんか?ちなみに昨日の定休日、店長はゾンビ映画に、女房は時代劇にとそれぞれ好みの映画館へ行ってきました。(女房)

「続・荒野の二人展 私たちのするめ映画」は9月24日(日)まで 月曜定休日 最終日は19時まで。

スパイアクションシリーズ「ジェイソン・ボーン」は、大好きな映画です。TVで放映される度に何度でも観てしまいます。スタイリッシュな切れ味が最高。

だから、このシリーズの監督ダグ・リーマンが、イラク戦争に派兵されたアメリカ軍兵士を描いた新作「ザ・ウォール」は、きっと面白いに違いないろうと、勇んで劇場に駆けつました。

しかし、痛ぁ〜い!咽喉が猛烈に乾く!そして得体の知れない恐怖を持ったまま、冷えきった映画館で、冷えきった身体と心のまま帰路に着くという映画でした。お薦めしたいような、したくないような…….。

登場人物は二人の兵士と、最後まで顔を見せない敵側スナイパーの三人のみ。舞台は砂漠のど真ん中。「ジェイソン・ボーン」みたいなアクションは皆無です。

どこからか狙ってくるスナイパーに一人が撃たれ、残された一人は孤立無援の状態になります。スナイパーは抜群の射撃能力で、この兵士の膝の、しかも止血しにくい部分を撃ち抜き、さらに所持していた水筒を、無線のアンテナを、破壊します。彼は猛烈な乾きに襲われて、傷口もふさがらず、救援も呼べない状況で一人ぼっちにさらされます。それだけではありません。スナイパーは英語が堪能で、アメリカ軍の無線を持っていて、兵士と会話を始めます。「なんで、イラクに来たんだ」とじわり、じわり追い詰められていき、精神の崩壊寸前で気絶してしまって、ふと痛みを感じて目を覚めると、なんと烏が銃撃された膝を啄んでいるという、イタァ〜イ世界。

戦場の恐怖を、ここまで描き込んだ映画は珍しいかもしれません。ハリウッドの資本家が泣いて喜ぶヒット作連発の監督が、もう殆ど低予算の、インディーズ映画みたいな作品を製作したことに驚きました。イラク戦争時、クリント・イーストウッドが「アメリカンスナイパー」で、戦場にいる恐怖を彼なりに描きましたが、ダグ・リーマンは、あれは甘い!と思ったのかもしれません。どこから撃たれるかわからない恐怖に晒されることのみを、映像化したのですから。

さて、映画は、救援にきたヘリに載せられて脱出となるところでクライマックスを迎えるはずだったのですが………。ゾクリとする悪寒を抱えたまま、なんの開放感もなく劇場を後にする始末。しかし、戦場に放り出されるとは、きっとこういう事なのです。

先程「お薦めしたいような、したくないような…….。」と書きましたが、戦争をしたがっているかの国や、この国のお偉いさんには、ぜひ見ていただきたいと思います。

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

 

京都シネマの予告編で、全身刺青のダンサーが、縦横無尽に駆け抜ける映画の予告がありました。なんて、かっこいい!

そのドキュメンタリー映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン  世界一優雅な野獣」を昨日見てきました。

ウクライナ出身、史上最年少の19歳で英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニン。しかし、幼少の時からバレエ学校に通い、田舎からキエフでバレエ教育を受けるのには、さらに高い学費が必要になります。父と祖母が他国に出稼ぎに出て、息子に付き添う母とは別居、両親はやがて離婚し、家族が崩壊します。家族のことが大好きだった彼は、その事で深く傷つきます。プレッシャーの中で、クラシックバレエダンサーには相応しくない刺青を彫り、薬物に手を出します。心身とも傷つきながら、舞台で踊る鬼気迫る孤独な彼の表情が映し出されていきます。2年後、ポルーニンは突如バレエ団を退団。バレエ界全体に衝撃が走ります。

映画は、幼少の頃からダンスに抜群の冴えを見せる彼の映像を混ぜ合わせながら、世界の頂点から、自滅的などん底へと落ちてゆく彼を見つめていきます。ここまでなら、よくある悲劇のスターの物語ですが、ここからです。

先ずは、映画の公式HP、或はyou tube でホージアのヒット曲「Take Me To Church」に合わせて踊る彼を見て下さいた。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオは、一旦は踊ることから離れた彼が、再度空中を舞うことに、その技術と精神のすべてを捧げた瞬間を捉えています。苦悩から歓喜へと躍動する肉体、ありのままの自分を表現する姿に心底感動します。その映像がyou tubeにアップされて、世界中の人々からの熱い支持を受けたことが、彼を再びバレエに駆り立てることになりました。

クラシックバレエの窮屈な制約から飛躍したポルーニンは、プリンシパル時代決して呼ばなかった家族を招待します。一度はバラバラになった父と母、祖母たちは、彼の素晴らしい舞台を観る為に集まるのです。最も大切にしていた家族の再会です。息子のバレエダンサーへの道の反対しながらも、学費を工面した父親を舞台に呼んだ映画「リトル・ダンサー」の感動的なラストを思いだしました。

長く、曲がりくねった道を経て、ポルーニンはやっと自分の人生を手に入れたところで映画は幕です。エンドクレジットもお見逃しなく。惚れ惚れする程美しい彼の踊りが観られますよ。お薦めの一本です。

 

 

先日、マクドナルドの創業から、全米トップのバーガー店になるまでの描いた「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」という映画を観ました。マクドナルドの創業の話なんて面白い??と、これが今のアメリカを知る上でも役立つ、極めて面白い映画でした。

1950年代、ミルクシェイカーのセールスマンだったレイは、ディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>に出会います。流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトにビジネスチャンスを見つけたレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わします。アメリカのどんな町にも裁判所と教会はあるが、ここにマクドナルドも加えるという野望を達成すべく、全米へと進出していきます。

ここで、注目しなけらればならないのは、創業者のディック&マック兄弟は、地元で品質の良いバーガーが提供できれば満足で、会社を大きくする気などさらさらなかったことです。当然、低コストで利潤追求に突き進むレイとは、衝突してしまいます。そして遂にレイは、この兄弟を駆逐して、自らの帝国を築き上げるのです。これが、今日、全世界に広がるマクドナルドの原点です。

レイが、劇中で何度も、ビジネスで勝ち残る方法を語る男のレコードを聞いていました。ノーマン・ヴィンセント・ピールという元牧師が吹き込んだレコードで、『積極的思考の力(Power of Positive Thinking)』というものです。。今で言う自己啓発もの。ビジネスの勝者が人生の勝者だ!絶対に成功すると信じろ!みたいなことを力説します。ところで、このノーマンは、トランプ大統領が唯一尊敬している人物だと、映画評論家の町山智浩が指摘しています。弱肉強食のビジネス界をくぐり抜けて、アメリカンドリームを掴んだ!オレは強い!という正にトランプ的資質ですね。

「だからいま、この映画が作られたんですよ。ドナルド・トランプ的なアメリカというものは、もともとこのマクドナルドなんだということなんですよ」と町田は言います。

この映画は、トランプ的勝者を賞賛する映画ではありません。マクドナルドの全米進出と共に、同じようなスーパー、同じようなホテルがチェーン展開しようとする時代であり、まさにアメリカの均一化、それはやがて世界の均一化へと向かう切っ掛けが、マクドナルドにあったことを描いています。主人公レイを演じるのは、マイケル・キートン。最近「『バードマン」「スポットライト」といった傑作で優れた演技を残していますが、今回の野心丸だしの男も実にハマってました。

因みに、この映画、本家マクドナルド社の協力は一切受けていませんが、もうバンバン、マクドナルドのロゴや店舗を使っています。アメリカでは、表現活動のために著作権のあるもの(ここではロゴ等)を使用するのは構わないという法律があって、表現者は守られているのだそうです。日本では考えられないですね。

久しぶりにマクドナルドに行って、バーガーを齧りながらトランプ的なるものをかみしめてみるかな。

 

8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。


 

林の中を全力で走り抜ける兵士。聞こえてくるのは兵士の鼓動と風だけ。立ち止まった兵士に一発の銃弾。死ぬ前に見たのは風に揺れる木々。無駄死としか言いようのない若い兵士こそ、貧しいけれども、勤勉な、どこにでもいる夫婦の一人息子でした。

映画「ヒトラーヘの285枚の葉書」(京都シネマで上映中)は、ここから、平凡な市民である夫婦が自分たちの出来る手段で、息子の命を奪ったヒトラーへの抵抗を描いていきます。

二人は、「ヒトラーを信じるな」と書いた葉書を、市内の至る所に置いていきます。対フランス戦で勝利を納めて、ヨーロッパでもドイツ帝国の優位が確実になってきた時代のベルリンで、こんな葉書を撒き、政権批判を繰り広げるのは、極めて危険な行為です。ゲシュタポと警察の捜査網をかいくぐり、2年間で285枚ものヒトラーへの批判の葉書を書きました。

映画は、ヒッチコックばりのサスペンス映像を組み込みながら、ささやかな抵抗を続ける二人の日々の生活を凝視します。市民としての日々の生活をこなしながら、毎夜、筆跡を隠して葉書を書き、置いてゆく姿に、息子を無駄死にさせたヒトラー政権への、戦争への怒りと悲しみが浮き上がり、心に沁みます。妻を演じたのは、名優エマ・トンプソン。夫役は、ブレンダン・グリーソン。二人の完璧な演技力は、観るものの魂を揺さぶります。

そして、もう一人、捜査をするフランスの若い刑事。彼は、ゲシュタポへの不信と、この夫婦への親近感を持ちながらも、時の巨大な権力には逆らえず、夫婦を処刑台に送ります。その後悔と自己批判の果てに待ち受けていたのは、やはり悲劇でした。おそらく、実際の戦争、例えば、第二次世界大戦下の日本でも、これは間違っていると思っていても、憲兵やら特高がうろつく街中では、黙らざるを得なかった人々は決して少なくなかったのだろうと思います。

285枚の葉書のうち、ほとんどは市民が警察に届けました。しかし、十数枚だけが発見できませんでした。心ある人達が読み、信用できる人へと回したのでしょう。小さな希望は消えなかったということです。

映画の原作は、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの記録文書を基に、わずか4週間で書き上げたと言われる「ベルリンに一人死す」です。実在したオットー&エリーゼのハンペル夫妻をモデルにしたこの小説は、1947年の初版発行から60年以上経た2009年に、初めて英訳され世界的なベストセラーとなりました。2014年、日本でもみすず書房から翻訳本が出版されました。

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

★休業のお知らせ 8月7日(月)8日(火)は古本市の準備のため連休します。 

         8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。