ここしばらく、コロナウイルス感染拡大のニュースを受けて映画館に行かず、録画したものをもっぱら見ています。先日見たのは、デンマーク映画「ギルティー」。監督は、長編映画デビューのグスタフ・モーラー。全編に渡って、警察の緊急コールセンターに勤務する主人公の警官しか出てきません。あとはコールセンター内の同僚や上司がいるだけ。ほぼ一人という設定は、前にご紹介した「サーチ」に近いですが、こういうやり方もあるか、と驚きました。

警察官のアスガーは、ある事件をきっかけに現場の第一線から退き(その理由は後半明らかになってきます)、緊急通報司令室でオペレーターとして勤務しています。ある日、一本の通報を受けます。今まさに誘拐されているという女性自身からの緊迫した通報でした。事件解決の手段は電話だけ。さあ、どうする。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い、現場に到着した警官の靴音などヘッドフォンを通して聞こえてくる音。アスガーは、多分優秀な警官だったこともあり、数少ない手がかりを通して犯人を突き止めます。ところが、直後にそれが全く間違いだったことが判明するという展開になっていきます。

90分間、緊張を強いられる映画ですが面白い。観客にはアスガーの顔しか見えません。さらわれた女も、その夫も、子供達の顔や表情も、もちろん現場の様子もすべて、聞こえてくる声だけで想像するしかないのです。シンプルな設定ながら、全く予測できない展開の本作は、各地の映画祭で高い評価を受けました、

監督のグスタフ・モーラーは「音声というのは、誰一人として同じイメージを思い浮かべることがない、ということにヒントを得た。観客一人ひとりの頭の中で、それぞれが全く異なる人物像を想像するのだ」と語っています。観客の想像力を操るという、全く新しい映像表現で一本の作品を作りあげました。

映画館で見た人たちは、同時にスクリーンに対峙しながら、それぞれの頭の中で、違った顔の女性や、夫、子供たちのイメージを持って帰るということになります。これ、想像した登場人物の姿をみんなで語り合ったら、面白いかもしれません。

 

★連休のお知らせ 勝手ながら4月13日(月・定休日)14日(火)臨時休業いたします

 

 

京都シネマで上映中に見逃した、ベネディクト・エルリングソン作品「立ち上がる女」(アイスランド映画)。DVDを購入してをやっと見ることができました。

雄大な自然が広がるアイスランドの田舎町に住むハットラは、セミプ口合唱団の講師をしています。
しかし、彼女は一方で、過激な環境活動家でした。地元にできたアルミニウム工場が自然を破壊するとして、一人で果敢な戦いを繰りかえすうちに、マスコミが正体のわからない犯人を「山女」と命名し、政府から目の敵にされるようになります。映画は、そんな彼女の生活を描きます。

ある日、彼女が以前に申請していた養子の件で、通知が来ました。ウクライナで戦火で両親を失った女の子を迎えることが認められます。母親になるという夢の実現のためにも、ハットラは、最後の戦いを挑んでいきます。と、こう書いてしまうと、なんだか厳しい映画だなぁ〜と思われる方もおられるかもしれませんが、この映画、笑えるのです…….。

一つには、劇中音楽を演奏しているブラスバンドと女性3人の合唱隊が、画面に割り込んでくるのです。ハットラが何か行動を起こす時、急に彼女の後方でドンチャカ、ブンチャカ楽器を演奏し始めるのです。え?何これ?? これはあくまでお話ですよ、というために伴奏しているのかと思いましたが、段々とこの音楽が彼女への応援歌に聞こえてきます。彼らが登場すると、こちらも一緒に彼女の行動を応援しているのです。

音楽にのって、ハットラが、自分で決めて自分で動き出した人生が新たな展開を見せていきます。登場人物たちも、個性的です。破壊活動の後、軍隊に追いかけられるシーンの盛り上げ方も、お見事で、サスペンス映画のお手本です。

滅多に映画のコメントを出さない梨木香歩が「楽しい日常と、孤独な戦士であることは両立するのだ。
守るべきもののために、決して屈しない彼女の不撓の精神と肉体は、大地アースの女神の化身のようだ。」という文章を寄せています。その通り、彼女は二つの自分を生き、さらに養子をもらい、もう一つの人生を生きます。幸せを手に入れるために躊躇なく行動する自由で強い女性像を監督は作り上げました。

ラスト、女の子を迎えに行った帰りのバスに乗っていたハットラは、異常気象のせいか大雨で水没した道路を、娘となった女の子を抱いて歩いてゆきます。人生なんでもどんとこい!気合十分の後ろ姿で映画は終わります。ヒロインを演じたハルドラ・ゲイルハンズドッテイルも実にカッコいい!

アイスランドは、男女平等度で十年連続一位を保っている国だそうです。だからこそ、映画の中で男も女も力強く自由な感じに生きているのでしょうか。

★連休のお知らせ 勝手ながら4月13日(月・定休日)14日(火)臨時休業いたします

WOWOWで録ってもらっていた東出昌大の主演映画「寝ても覚めても」を見ました。劇場公開時、気になっていた一本でした。監督は濱口竜介。数年前に監督した「ハッピーアワー」が高い評価を得ていたので新作も期待していました。

「寝ても覚めても」は、柴崎友香の同名小説の映画化ですが、ちょっとフランス映画的な恋愛映画に仕上がりました。大阪に暮らす21歳の朝子は、風来坊のような男、麦(ばく)と出会い、運命的な恋に落ちますが、ある日麦は朝子の前から忽然と姿を消します。2年後、東京で働いていた朝子は、麦とそっくりな顔の亮平という青年に出会います。最初朝子は、亮平があまりにも麦に似ているので驚き、避けようとするのですが、逆にそんな朝子に亮平が好意を抱きます。やがて朝子も惹かれていきます。

二人が結婚を決めて新しい出発の用意をしている時、彼女の前に突然麦が現れます。と言っても、麦と朝子の運命の再会で盛り上がる物語ではなく、また朝子が麦への想いを振り切って、亮平との愛に生きるという感動的物語にもなりません。道行きみたいに麦と旅に出る朝子ですが、途中であっさり放棄。麦の方も、じゃぁ、ここでバイバイって、おいおい、そんなもんなの??と観客は置いてけぼりです。登場人物に感情移入しにくい構造の映画ですが、そこが心地良いのです。

麦と別れて、彼女は亮平と一緒に住むはずだった新居へ行くのですが、彼は心の整理がつかず当然のように拒否します。しかし結局「俺は一生、お前を信じない」とか言いながら、家に迎えます。ラスト、新居の前を流れる川を見つめる二人をカメラが捉えて、映画は幕を閉じます。ハッピーエンドでもなく、アンハッピーエンドでもない、映画です。

島倉千代子風に「人生いろいろ、男もいろいろ」、ペギー葉山風に「ケ、セラ、セラなるようになる」といったところですね。盛り上げて泣かしたりせず、わかった風な結論も示さない。ちょっと離れたところから、この人間喜劇を見つめているところがフランス映画的でした。あ、そう言えばこの映画、日本・フランス合作で、ヨーロッパでも公開されているそうです。

公開時、映画館で観ていて、開いた口が塞がらなかった映画があります。ちょうどレティシア書房の古本市真っ最中で、ブログでご紹介していませんでした。

今回家で見直して、やはり凄い映画だなと感心しました。弱冠28歳のアニース・チャガンティ監督「サーチ」です。

妻を亡くしたデビットは、一人娘マーゴットと二人暮らし。ある日、マーゴットと連絡が取れなくなります。いつもやりとりしているメールにも、電話にも応答がありません。事件に巻き込まれたか、失踪したのか?なんとか娘を探そうとする父の姿を追いかける映画です。なんだ普通のサスペンス映画?とお思いの方、それが全く違うのです。

物語がすべてパソコンのモニター画面上で進行していくのです。娘の無事を信じたいデビッドは、マーゴットのPCにログインして、インスタグラム、フェイスブック等の彼女が活用しているSNSにアクセスを試みていきます。

映画には、パソコンの操作画面と、PCのカメラが捉えた父親の姿、そして誘拐事件を捜査する刑事とのチャット画面などのPC世界だけが延々映し出されます。

PCの画面には、父親が知らなかった娘の姿がありました。観ていると、そこに登場する娘や、娘の友人はリアルな存在なのか、もしかしたら架空の人物なのではないか、と不思議な気分に陥ります。沢山の情報が詰まっているのにそこに居る人の本心に届かないもどかしさ。娘はネットの向こうで何をしていたのか?私たちも錯綜しながら、刻々と変化するモニター画面に釘付けにされて、最後のどんでん返しに遭遇する羽目になります。

スティーブン・スピルバーグが、従来の映画文法を全く無視して作り上げた25歳のデビュー作「激突」(71年)と同じような、革命的な新しさに満ちた映画です。そして、私たちが、繰り広げられる事象がリアルなのか、ヴァーチャルなのか判断できないネット社会で生きていることを突きつける作品でもありました。もし、この作品が10年前に公開されていたら、SF映画と言われてしまうかもしれませんが、今なら誰もが、いかにもありそうだと納得します。SNSが日常のコミュニケーションツールになっている方には、これが当たり前でしょう。スピルバーグ同様チャガンティ監督は天才ですね。

エンタメ作品として、破格の面白さを持っている一方で、ネット社会に生きる私たちの姿を見事に捉え、戦慄します。

劇場公開された時、見逃した「帰ってきたヒトラー」をWOWOWで録画してもらって観ることができました。コメディタッチで軽快に進むので笑ってしまうのですが、ホントに笑ってていいのか……と自問自答する作品でした。

ヒトラーの姿をした男が、突如今のベルリンに現れます。お〜そっくり!と、みんな写真をとったり、肩を組んだりと楽しそうなんですが、実は彼はホンモノのヒトラーなんです。突然、時空を超えて目を覚ましたヒットラー。最初は彼自身何が起こったかわからずに右往左往するのですが、やがて一人のテレビマンが偶然注目します。彼は、才能がないとテレビ局をリストラさればかりで、このヒトラーそっくりの男を使って復帰を目論みます。

「ヒトラー」を連れてドイツ全国を旅するうちに、行く先先で、面白い芸人と大歓迎されます。そして、テレビのワイドショーに登場させたところ、大演説をぶち上げ、視聴者を驚かせ、自分の魅力に引き込んでいきます。なんて、完成度の高い芸だ!とテレビ局の人間も大喝采。そりゃ、そうでしょ、演説の天才ヒトラーその人なんですから。

実際に、映像メディアを駆使して大衆を扇動してきたヒトラーにとって、ネット環境が全土を覆い尽くしている現代は、願ったりかなったりです。ネットで親衛隊を募集したり、フェイスブックで毒舌を披露したりして、人々の心を掴んでいきます。私たちも、蜂に刺されて逃げ回ったりするちょっとひょうきんな可愛らしい彼の姿などに、いつの間にか親近感を覚えたり、つい笑ってしまっていたり。

しかし、ホントに笑ってていいのか?

第二次世界大戦から70年が経過し、全てが変わった現代社会はずなのに、当時のままの危険な思想を語る男の言葉に引き込まれ、知らず知らずに扇動されてゆくテレビの前の人たち。移民問題に揺れ動くドイツの現状が当時と重なり、彼のストレートな愛国心にだまされて、自らの正気と狂気の一線を見失っていく現代の私たちの危うさに気づくと、ゾッとしてきます。怪物は、どんな時代にもわれわれの心に忍び込んでくる…….この映画、実はとても怖い作品なのです。

 

全編をワンカットで撮影した、というキャッチコピーで話題の映画「1971」を観ました。2時間全速で走ったような疲労を感じました。”全編をワンカット”というのは、はっきり言って物理的に不可能です。セットを整え、多くのスタッフ・キャストを準備させ、天候に気遣いながら一気に撮りあげるなんて、先ず無理です。しかし、観るものを緊張感から逃がさないように画面に釘付けにさせるために、ワンカットで作り上げる気合いで臨んでいます。

物語の舞台は第一次世界大戦です。ドイツ軍の罠とは知らず、総攻撃をかける前線部隊に対して、作戦中止の命令書を届けるために二人の若き英国軍兵隊、スコフィールドとブレイクが選ばれます。どこに敵が待ち受けているかわからない平原や森を抜けていかねばなりません。長い長い塹壕を走り抜ける兵士を、まずワンカットで捉えます。けが人で一杯の塹壕、疲弊した兵士たちの虚ろな視線。生と死がせめぎ合う怖さが私たちに迫ってきます。

スリルとサスペンスで目が離せない映画は沢山あります。でも、この映画が他のものと違うのは、戦場の恐怖が、私たちにずっと取り付いてくるのです。その恐怖から逃がさないために、あえてワンカット撮影を敢行した監督サム・メンデスの挑戦。腹ばいになりながら泥の川を越えて、腐乱した多くの死体をかき分けて、廃墟の家に潜む狙撃兵に怯えながら、兵士と一緒に進む2時間です。

ラスト、銃撃音も砲撃音も全く聞こえてこない平原に佇む主人公の安堵感と一緒に私たちもやっと解放されます。しかし、その時胸に去来するのは、幾多の場所で放置されたままの累々たる兵士の死体であり、小さな子供と二人だけの廃墟で不安に押し潰されそうな時間を生きる母親であり、一緒に任務に出たものの酷い死を迎えた同僚ブレイクの死に顔です。

戦争で犠牲になるのは若い命なのだという重い事実がズシンと残ります。

 

 

本来なら、古本市の本を紹介する連載ブログをアップする予定でしたが、先日観た映画があまりにも面白かったのでご紹介します。映画のタイトルは「ジョジョ・ラビット」です。

物語は、第二次世界大戦末期のドイツ。10歳のジョジョは、「青少年集団ヒトラーユーゲント」というナチ兵士養成学校の合宿に参加する予定でした。しかし、気の弱い彼は”空想上のお友達”のヒトラーに相談して、彼に頑張れと言われて、やっと合宿に参加します。映画の中で、ジョジョの友達として架空のヒトラーが何度も登場するところが面白いところです。まるで、二人で漫才をやっているような感じで物語を引っ張ります。少年にとって憧れのナチスを象徴するような存在として、彼が度々出てくるのです。

ある日、自宅に戻ったジョジョは、屋根裏でユダヤ人の少女エルザと遭遇して、驚愕し狼狽してしまいます。お母さんは何にも言っていなかったのに?なんで僕の家にユダヤ人が??排除すべきはユダヤ人、と確信していた彼の信念が揺らいでゆく様を、時にユーモアを交え、時ににサスペンスフルに描いていきます。

一丁前にジョジョはナチスを気取っていますが、気が弱く、何もできない子供。靴の紐さえ自分で結べなくて、母親に結んでもらっています。映画には、紐を結ぶシーンが何度も登場します。紐を結べないジョジョを、自分で何も考えることができない、何も行動できない少年の姿の象徴として描いています。しかし、そんなジョジョが、ラストでエルザの紐を結んでやるというシーンで、やっと自分の目で世界を確かめ歩み出す姿を、靴紐を通して表していました。 

物語のベースにあるのは「アンネの日記」だと思います。アンネの方は、追い詰められたユダヤ人の悲惨な人生を描いたものですが、一方、ここでは追い詰めた方のドイツ人の少年が、ナチスの人種差別思想からいかに離脱してゆくのかを描いています。「君は間違っている、ナチスに戻ろう」と説教する”お友達”ヒトラーを、ジョジョは躊躇なく蹴り出してしまいます。少年に幸あれと念じつつ劇場を後にしました

先日、ご紹介した「パラサイト」も傑作ですが、後味の良さでは、こちらが上です。娯楽性の高い映画作りながら、反戦、反レイシズムの思想を盛り込んだすごい作品でした。

 

★女性店主による『冬の古本市』は2/5(水)〜2/16(日)です。月曜日定休。12:00〜20:00

最終日は18:00まで。神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・神奈川・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください

勝手ながら2/17(月)〜2/20(木)まで連休させていただきます。

 

 

 

話題の韓国映画「パラサイト・半地下の家族」を観ました。映画館に滅多に行かない人も騙されたと思ってお出かけください!呆気にとられること間違いなしです。

韓国社会の格差をテーマにしているのですが、それをウルトラC級の映画テクニックで大エンタメに仕上げました。

事業に失敗ばかりしているキム一家。しがない内職で食いつなぐ一家は、半地下にある部屋で、夫婦と娘と息子の四人で生活しています。ある日、息子のギウが IT企業の社長の娘の家庭教師に雇われます。まぁ、その邸宅の立派なこと、登場する社長夫人も漫画に出てきそうなハイソな奥様です。家庭教師を始めたギウは、様々な仕掛けをして、父キム、母チュンスク、姉ギジョンを、次々にこの家庭に送り込みます。「高台の豪邸」一家と、「半地下家族」一家が交差してゆく過程でさらけ出される驚くべき真実!この格差には、さらに底があったのです。半地下だと思っていたら、あ〜ははは〜画面に釘付けになりながら、卑屈な笑いをしている自分に驚きます。

残念ながら、これ以上本作の内容については語ることはできません。しかし、観た後必ず誰かと話したくなる力を持っています。私の大好きな映画監督の阪本順治が「感動を越えて、ひざから落ちた。これはもう映画の範疇に収まらない」というコメントを出していますが、いや本当に、転げ落ちそうになりました。

半地下の住人たちを襲う大雨の凄まじさ、それはまるで黒澤明の「七人の侍」のラストのようなすごい雨、しかしその一方で高台の一族は、嵐などどこ吹く風で翌日には自宅に友人を呼んで優雅なランチパーティーを行なっています。

そこで繰り広げられる惨劇から、映画は一気にラストへ突入し、我々観客をはるか彼方へ放り投げてしまいます。生半可な感情や思いなんぞ、捻り潰し捨てて、恐るべきエンディングを迎えます。最後までエンタメ映画を作りながら、今の時代を切り取ったボン・ジュノ監督のしてやったりという高笑いが聞こえてきそうです。

映画監督の西川美和が「どんなに斜に構えている人でも、どんなに映画を見慣れていない人でも、五分で目を離せなくなるように作られています。」とコメントしていますが、映画という表現メディアは、ここまで出来るんだということを思い知らされました。

とにかく、観てください!それしか言いようのない稀有な映画でした。

 

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください

★古本市準備のため2/3(月)〜4 (火)連休いたします。


 

90歳に手が届きそうなクリント・イーストウッドの新作「リチャード・ジュエル」は、イーストウッドらしい正統派映画作りの一本でした。

物語は極めて現代的な「冤罪」を扱っています。1997年7月、オリンピック公園でのコンサートを警備していたリチャードは、爆弾を見つけ大勢の命を救いました。ところが英雄視される一方で、FBIは、彼を事件の容疑者と断定し、強引な捜査を始めていました。その情報を地元メディアが実名報道して、今度は世紀の犯罪者として世間に晒されることになってしまいます。これ、実話です。

「母親と一緒に住んで、ブタみたいに太っている、ゲイかも?」という差別的なメディアの主観で、主人公のリチャード・ジュエルは、あっという間に、犯罪者に仕立て上げられます。彼は確かに太っているし、独身で年老いた母親と暮らしています。しかし、そのことと犯罪は無関係なはず。状況証拠と、憶測だけで、下手をすれば爆弾犯人として絞首刑に処せられるところまで追い詰められます。この追い込まれ方は、アメリカだけでなく、日本でもどこでもありうる話です。イーストウッドは、冤罪に巻き込まれてゆく様をオーソドックスな手法で描いていきます。話の行く末はさておき、作り方のおかげで安心して観ていられる映画です。

リチャードと知り合いだった弁護士ワトソンが、彼を助けるためにFBIや地元メデイアに反撃を開始するあたりから物語は加速していきます。しかし、弁護士もの映画にありがちな、法廷で弁護士が朗々と主張し、正義を勝ち取るというような感動的な、あるいは観客に涙させるシーンが全くありません。それどころか、FBI捜査官とネンゴロな関係になって記事を書いていた女性記者も、後半ほとんど登場しません。

映画は主人公リチャードの心のあり様の変化へと向かいます。元々彼は、アメリカの正義を信じて警察官になろうとしていました。市民のため、アメリカの正義のため生きるのが彼の理想でした。しかし、事件の渦中の人物になった途端、正義のはずのFBIや警察は牙を剥いて彼を襲ってきました。始めはFBIに協力的だった彼でしたが、弁護士が見せつけてくれた「正義」の現実の中から、立ち上がっていきます。そこが映画のクライマックスですが、イーストウッド映画らしい静かな、派手さはないが力強いシーンで幕を閉じます。

エピローグ的なラストが、実にいいのです。再会したワトソンとリチャード。「相棒、元気かい」みたいな心地よさが漂い、ワトソンを演じたサム・ロックウェルの微笑みが、映画を後味の良いものに200パーセント引き上げていました。

ワトソンの恋人が、こんなセリフを言います。

「この国で有罪だと言われれば、それは無罪だ」

アメリカの、いや日本の現状も踏まえた恐ろしい、しかしリアルな言葉です。

 

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。


 

山田洋次監督「男はつらいよ お帰り、寅さん」を観ました。若い頃、私は寅さんシリーズが大嫌いでした。ロードショー公開されていた時、何本かは映画館で観ましたが、全く受け付けませんでした。日本的情緒たっぷりの登場人物たち、湿り気のあるユーモアセンス、そして何より渥美清演じる寅さんの行動が陳腐すぎて、何でこんな映画観るんだ!と怒りまくって映画館を出た記憶があります。

しかし、年を取るというのは恐ろしいというか、素敵というか。何年か前にBS放送で全作品を放映していた時、何気なく観たら、なんと完全に引き込まれてしまったのです。寅さんて粋だなぁー、カッコイイと思ってしまい、全作観たその上に、再放映されるごとに観るという熱心なファンになってしまいました。(もともと寅さんファンの女房は呆れ顔)

渥美清亡き後、再度寅さんをスクリーンに戻そうとして企画された本作品、最初はかなり??でした。かつてのマドンナが大挙登場して、同窓会みたいなお祭り映画になってしまうのでは、という懸念がありました。

いやぁ〜、流石に山田洋次監督は凄い!脱帽です。むやみと寅さんの映像を出さずに、きちんと一本の映画にしているのです。抑制が効いています。あくまでもさくらの息子満男を主人公にした物語として仕立てていました。小説家になった満男が、かつて結婚の約束までした初恋の人・イズミ(後藤久美子)と偶然出会うことから物語は始まります。彼女との過去を思い返すとき、そこに寅さんの姿が一瞬蘇ります。ストイックな演出が冴え渡ります。

私が感心したシーンがあります。イズミがお母さんと一緒に、老人ホームにいる父親に会いに行った帰りに、過去の母と娘の関係を巡って言い合いになり、母親が車を飛び出します。その背後に夕闇迫る空が広がります。暗闇とほんの少しの夕焼け。親子の行く末を象徴している風景のようでした。

そしてわずかな出番でしたが、やっぱり寅さんを演じた渥美清はかっこいい存在でした。こんな着こなしは、台詞回しや所作も含めて誰も出来ません。

★連休のお知らせ 1/20(月) 1/21(火)連休いたします

★1/22(水)〜2/2(日) レティシア書房冬の古本市プレ企画「こんな本が揃いました」展

★2/3(月)2/4(火)古本市準備のため連休いたします

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。


 

 

Tagged with: