山と都市を結びつけることをテーマにしているミニプレス「murren」の編集者、若菜晃子さんの新刊「旅の断片」(アノニマスタジオ/新刊1760円)は、彼女が訪れた世界の国々のことを描いた随筆集です。

若菜さんは神戸出身。「山と渓谷社」に入社して、編集者としての道を歩き始め、仕事をこなす傍ら、自分の本も発表していきます。新潮社「とんぼの本」シリーズの一冊として書かれた「地元菓子」は、ヒットしました。ミニプレス「murren」では、当店が開店したころからのお付き合いで、毎号ほぼ完売を続けている人気雑誌です。アノニマスタジオから出版された「街と山のあいだ」(1760円)に続く本書は、訪れた国々の、名も知らない街で生きる人々の姿が、節度のある温かな文章で紹介されていきます。例えば、台北の街で出逢った「修理」と書いた札を机の上に置いたおじさんをこう描写しています。

「道行く人の時計ひとつ直したところでおそらく微々たるお金しかもらえないだろう。あるいはもっと違う労働をした方が割はいいだろう。けれどもあくまで自分の本分で食べていこうとする生き方もまた、正しいと思う。そこに人としての矜持を感じる。それほどまでに実直そうな人なのだ。」

ヨーロッパ、アジア、インド、カナダ、メキシコ、さらにはチリ、ロシアサハリン島と驚くべき範囲の国々を旅していますが、ただ回るだけではなく、趣味のダイビングをして「海の旅」というタイトルで一章を割いています。会社勤めの編集者として、膨大な量の仕事をこなしていた時、身心が疲弊していき、そんな時に逃げ出す先が海だったそうです。「私は海という自然に入り込むことで救われたのだ。地上に存在するさまざまな国へ、さまざまな山へ行くことも旅だが、私にとってダイビングは、海という別世界へのはるかなる旅であった。」と書かれています。この中で、孵化したばかりのウミガメの子供が、一直線に海へと向かう場面を素敵な文章で伝えています。

「波が来るのを待っているのだ。波が来るのを知っているのだ。頭をもたげて海からの迎えを待つ、その一瞬の姿がけなげにもいたましく思われるが、それ以上に気高く、壮厳である。今から未知なる世界へと船出する決意を感じさせる。」

ウミガメであれ、自分たちの生活を真摯にいきる人たちであれ、若菜さんの視線はかぎりなく優しい。スリランカの古都キャンディで出逢ったおじさんについて書かれたエピソードは、その最たるものだろう。密集したおしべの真ん中に、ひとつだけ薄緑色の丸いめしべがあるホウガンノキ(英語名キャノンボールツリーをそのまま日本語に翻訳)。おじさんはそれを指して「ブッダ」と呼びました。「なんという美しい発想。丸い玉のような白い花の中をのぞいて、仏様が鎮座しておられると思う、人々のその敬虔な心。その花を木に登って取ってきて通りすがりの外国人に教えてくれる、掃除夫のおじさんの温かい行い。」と、その姿を伝えてくれます。

世界は美しいものに満ち溢れている、そんな真実を思い出させてくれる素敵な一冊です。

★現在展示中の法蔵館主催の「本づくりへの願いー版木とともに」の内容が、同社社長の撮影による映像でyoutube に上がっています。下記のアドレスからどうぞ

https://www.youtube.com/channel/UCgNGqJl-JOMB72gHv8bXLtA

 

 

 

 

 

「街と山のあいだ」をテーマにしたミニプレスmurrenの最新22号が、なんと重版!これ、朝日新聞書評欄にて、最新号が取り上げられたからです。新聞掲載された途端に、どどどと注文が入ったとか……

で、この号の特集は何かというと、「岩波少年文庫」だったのです。表紙をめくると、murren編集長の若菜昇子さんセレクトの「少年文庫 私の10冊」が飛び込んできます。選ばれたのは、ローラ・インガルス・ワイルダー「長い冬」、ヨハンナ・シュピリ「ハイジ」、トラヴァース「風にのってきたメアリー・ポピンズ」、ヒルダ・ルイス「とぶ船」、バーネット「秘密の花園」、ルブラン「怪盗ルパン」、メアリー・ノートン「床下の小人たち」、ドッジ「ハンス・プリンカー」、アーサー・ランサム「ツバメ号とアマゾン号」、トルストイ「イワンのばか」。すべての本について若菜さんのコメントが付いています。

「いやいやえん」の作者中川李枝子さんとの、児童文学をめぐる楽しいインタビューが続き、そして、現在岩波書店で児童書編集に携わっている愛宕裕子さんが、この時代に児童文学を出し続けるしんどさ、楽しさを語っておられます。この二つのインタビューは児童文学ファン必読です。

インタビューの間には、装幀の移り変わりが作品書影を元に解説されていたり、少年文庫の背表紙に印刷されている小さな数字の謎ときの楽しい読物があったりと、読むほどにのめり込んでいきます。

雑誌「PAPERSKY」を立ち上げた編集者井出幸亮さんも、10冊を選んでいます。今江祥智「ぼんぼん」、カニグズバーグ「クローディアの秘密」、舟崎克彦「ぽっぺん先生よ帰らずの沼」、エンデ「モモ」、マーク・トウェイン「トム・ソーヤーの冒険」、リンドグレーン「やかまし村の子どもたち」、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」、ケストナー「エミールと三人のふたご」、山中 恒「ぼくがぼくであること」、ロフティング「ドリトル先生航海記」の10作品です。

小さな小さな雑誌ですが、中身は大きな大きな一冊です。(当店でも人気ですので、お早めにお求め下さい)

 

★佐賀と長崎をめぐる無料配布のミニプレス「SとN」入荷しています。今回も、ほんまに無料??と言いたくなるような豪華な出来上がりです。こちらもお早めに。

 

 

 

「街と山のあいだ」をテーマに毎回、楽しい企画のミニプレス「murren」(540円)最新号が入荷しました。今回のテーマは「山でパンとスープ」です。

「山でパンとスープの会」は、季節ごとに山に登り、スープを作って、帰ってくるという女性だけの会です。09年に始まり、14年秋で15回の山登りを行っています。関東中心ですが、数時間の山歩きコースと、その時に作って食べたスープのレシピが紹介されています。

「インゲンとマッシュルームのニョッキスープ」「シーフードガンボ」「押麦とコーン入りソーセージスープ」「バターナッツスープ」「白菜とかぶのスープカッペリーニ入り」「トムヤムヌードルスープ」「にんじんとリーキのスープ粒パスタ入り」「簡単クラムチャウダー」「春の豆スープ」「いろいろキノコのクリームスープ」の10品です。

もちろん、これを家庭で作っても十分美味しいでしょうが、熱々の出来たてスープを啜りながら、パンをかじる目前に広がるのが青い空だとしたら、それは極上の味になると思います。

「北八ヶ岳高見石 森と池をめぐる夏」(約2時間35分)なんて、一度行ってみたいな〜。

山をこよなく愛した串田孫一の「遠い鐘の音」(筑摩書房1250円)の中に、「山頂」という詩があります。

「まぁここへ腰を下ろしましょう 疲れましたか ここが針の木岳の頂上です 水ですか ぼくはあとで貰います この光る眞夏の天の清冽 ぼくたちはもうその中にいるんです」で始まる、山を歩くことが人を幸せにすることを詩った詩です。

多分、こんな情景でスープを食べたら、その味は一生忘れないでしょう。

ところで、今号の表紙のところに、 アウトドアグッズ企業の「THE  NORTH FACE」のロゴマークが入っていました。「山でパンとスープの会」は「murren」と「THE  NORTH FACE」のコラボレーション企画みたいです。

Tagged with: