「NASAでは小便の色は同じだ!」

と、のっけから品のない台詞で申し訳ありません。これ、映画「ドリーム」に出て来る極めて象徴的な言葉です。時は1960年代、ソ連に宇宙開発で遅れをとったNASAは、有人飛行計画を必死で進めていました。学歴のある黒人女性達も、膨大な量の計算や、演算(パソコンはまだありません)のために、雇われています。

しかしこの頃は、まだ黒人と白人の間にはあからさまな差別がありました。黒人は黒人だけのオフィスで、黒人だけの食堂。バスなども後方に専用座席が区切られている状況です。映画はNASAに雇われている三人の黒人女性たちが、白人、しかも男性至上主義の世界の中で、己の実力で宇宙開発に携わってゆく姿を描いていきます。

キャサリンは、数学の実力で宇宙開発の花形である特別本部に移動します。しかし、そこはオール白人の、男性中心で、女性は秘書か事務員しかいない。黒人の、まして女子用トイレなどありません。そのため彼女は、用を足すためには遠くの黒人用オフイスまで走らねばなりません。雨の日も、風の日も膨大な資料片手に走ります。やっと彼女の窮状に気付いた部長(ケビン・コスナーがいい感じです)が、トイレの”White people only”の看板を叩き割ります。その時、唖然とするスタッフ達に言うのが冒頭の台詞です。

真にプロフェッショナルで魅力的な女性が、黒人ということだけで差別されている現実が、切実なトイレのエピソードを取り上げて描くことで、見事に浮き彫りにされます。差別を描く映画となるとどうしても、悲惨な生活から立ち上がってゆく、あるいは白人の暴力で命を奪われるといった辛い人生に重点がおかれますが、この映画は、そういう方向には進みません。ゆっくりと、しかし確実に歩んでゆく女性たちの日々を見つめていきます。

監督のセオドア・メルフィはCMディレクターとして業界ではトップクラスの人物ですが、それらしい華麗なカメラワークや最新の映像技術を封印して、アメリカ映画が健全だったころの、オーソドックスな演出スタイルです。だから、後味がとても心地良いのです。元気が出ます。

因みに、三人の女性は実在の人物で、NASAの発展に大きく貢献しています。エンドクレジットで、彼女たちのその後の写真が登場しますので、お見逃しなく。

 

Tagged with: