年末から正月にかけてひたすら読み続けた本が、草山万兎「ドエクル探検隊」(福音館書店/古書2800円)でした。730ページにも及ぶファンタジー小説の大作です。

ところで著者の草山万兎って誰かご存知ですか?

実は、京大出身の霊長類学者河合雅雄です。本名で出した多くの著書の中で、「少年動物誌」「子どもと自然」「森の歳時記」などは当店でもよく知られている本です。専門は生態学の先生なのですが、草山万兎というペンネームで児童文学を発表していました。本作は、2018年94歳の時に発表した長編です。主人公は動物と自由に話せる通称”風おじさん”。

昭和10年、小学校を卒業した竜二とさゆりは、風おじさんの家に招かれます。そこには、おじさんと話す多くの個性的な動物たちがいました。二人はその生活に魅了されて、そのまま居ついてしまいます。ある日、アンデスにいるズグロキンメフクロウから一家に手紙が届きます。彼が住んでいる王国に危険が迫っていることが書かれていました。これは一大事とばかりにおじさんと竜二、さゆり、動物たちで探検隊が編成されて、一行は南米ペールーへと向かいます。

波乱万丈の物語が展開し、私の頭の中では映画「インディジョーンズ」のテーマ曲が鳴りっぱなしでした。第一部第二章は映画「指輪物語」ばりのアクションシーンやサスペンス。さゆりが誘拐されて、妖術師やら巨大アナコンダが待ち構える”黒い森”に竜二たちが救出に向かうあたりは、これぞ、冒険物語の醍醐味です。

第二部では一転して、かつて生息していた巨大哺乳絶滅への悲惨な道程が語られていきます。あとがきで著者は第二部についてこう語っています。

「残酷で無慈悲で凄惨きわまりない場面を書く段になって、戦中派の私は胸がしめつけられ、しばらく頭をかかえ、考え込みました。飢餓状態の動物たちが苦しむ状況と、人間の世界でいっこうにやむことのない、『戦争』という愚かしい営為とが重なったからです。」

確かに、第二部ではページをめくるのが辛くなる時がありました。しかし、だからこそラストの希望が迫ってくるのです。

「竜二とさゆりが小学校を卒業したのは、1935(昭和10)年の三月です。竜二とさゆりにこのあとすぐに訪れるのは、けっして平和な時代ではありません。でもきっと、ふたりは未来を信じ、苦しい時代を乗り越え夢を叶えたことと思います」と著者は締めくくっています。

もう一つ忘れてはいけないのは、挿画を松本大洋が担当していることです。可愛らしい動物の姿が方々に登場します。最後に登場する神獣ラウラの、悲しい過去の歴史を生き延びた憂いある表情など見事です。松本の参加は本書の大きな魅力になっています。