新潮社が発行している無料の冊子「波」に連載中の、北村薫の本をめぐるエッセイを愛読していますが、大きな書店にも少ししか置いてないみたいで、入手できなかったものがありました。2021年5月号から22年前半に連載されたものが収録されて、一冊の本になりました。

「水 mizu 本の小説」(新潮社/新刊1925円)は、帯に「謎解きの達人、7編の小説集」とありますが、エッセイ風の散文です。北村薫は、早稲田大学ミステリクラブに所属。1989年に「覆面作家」として「空飛ぶ馬」でデビューしました。「ターン」や「リセット」を面白く読んだ記憶があります。ミステリー系の作家としての顔とともに、読書家としても知られていて、本に関するエッセイも多数あります。最近では、宮部みゆきとの共同で「名短編、ここにあり」が印象に残っています。

本書では、小林秀雄から遠藤周作、橋本治から岸田今日子、芥川龍之介、そして金沢三文豪の泉鏡花、徳田秋声、室生犀星へと自由自在に作家の魅力を伝えています。作家だけでなく、歌舞伎の話や、立川談志の話、由紀さおりの歌からも詳細で深いエピソードが繰り広げられます。様々な人たちが発した言葉や、書き残した物語に秘められた力を掬い取って、ほらここにこんな世界があるよと教えてくれるのです。文学論や、書評集にありがちな硬さが全くなく、でも事実はきちんと押さえてある。とても信頼のできる本です。

こんな文章に出会いました。

「これは、こう聴くのですよ、こう観るのですよ、こう読むのですよ。という補助線に慣れてしまうのは、とても恐ろしいことです。感性が楽をするようになってしまうからです。 勿論、優れた評論を読むことには、大きな意義があります。斬新な解釈、想像的な読み方に教えられることは多い。しかし、考えるより先に道筋を示されてしまうのは、よいことではないでしょう。」

各章の初めに入る、猫をモチーフにした柔らかなタッチの大野隆司の挿画も本書にピッタリです。読書欲が上がる一冊です。