文京建築会ユースは、東京建築士会・日本建築家協会の文京支部からなる「文京建築会」の若手有志団体として2011年に発足しました。その文京建築会ユースが、歴史的建造物などの記録保全・活用提案等の活動の中で、地域コミュニティ拠点として注目してきたのが銭湯でした。

京都もそうですが、文京区の銭湯もここ10年で半減し、数件しか残っていないそうです。解体される銭湯から、多くの道具や部品を回収したもののどう活用するか悩んでいました。

京都で行われた「京都銭湯芸術の祭りMOMOTARO二O一七」を視察したのがきっかけで、「祭り」の姿を借りて、銭湯を未来につなげようと企画。「銭湯山車巡行部」を立ち上げました。そして、2021年「令和三年度銭湯山車巡行」を行いました。本書はその公式記録集(1500円)です。

銭湯のあらゆる要素を一台の山車に詰め込む、という大胆な発想で、ユニークな山車を製作。そのプロセスも事細かに収められています。閉業した銭湯の写真と、その部品をどう活用していったかを見ることができます。出来上がった山車が表紙に使われていますが、立派な破風と下足箱が組み合わされ、タイル張りの水回りもついた楽しいフォルムは、可愛らしく、堂々としています。巡行を見たかったな、きっと大きな拍手を送ったことでしょう。

「祭礼における『山車』は、伝統文化や誇りを具現化し、精神を受け継ぐ依り代で、各地域の工芸技術の粋を集め永く継承するものでもある。今回の『銭湯山車』でも、東京の銭湯が培ってきた文化を建築や彫刻の要素も含めて色濃く再現することで、銭湯の『粋』が後世に伝わっていくことを期している。」

編集・デザインを担当された内海さんが、一緒にフリーペーパー「みんなの藍染大通り」を持ってきてくれました。この通りで行われている歩行者天国50周年を記念して出されたものだそうですが、1972年に始まった歩行者天国が今も続いているとは驚きです。こちらの編集も内海さんで、町の再生、失われてゆく文化の復活に努力されています。(フリーペーパーは10部ぐらいしかありません。お早めに)