今、世界で最も重要なワードといえば、「共生」「多様性」ではないでしょうか。

「ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと」と、長ったらしいタイトルだけどとても面白い本を出した奥野克己の新作「文化人類学入門」(辰巳出版/新刊1760円)には、「これからの時代を生き抜くための」が、付いています。

著者は「本書で紹介する文化人類学とは、地球規模のタイムスパンの中で変化し、これからも変化し続け、遠い未来には消えてなくなってしまうかもしれない、あるいはさらに別のものになって存続するかもしれない人間を探求する学問分野」と定義しています。

第1章「文化人類学とは何か」から第2章「性とは何か」、第3章「経済と共同体」、第4章「宗教とは何か」、第5章「人新生と文化人類学」、第6章「私と旅と文化人類学」にわたり人とは何かを探っていきます。

基本的に文化人類学者は、研究対象の民族の暮らしに長期にわたって密着し、観察して研究を続けていきます。著者の場合、ボルネオ島の狩猟採集民プナンと長年行動してきた実績を持っています。なぜ、そんな私たちの社会とは全く異なる民族の暮らしや慣習が大切なのか?私たちの社会が作り上げる常識、当たり前のことを一旦白紙に戻し、そうか、こんな社会ならこんな風に人は考え、行動するのかという事実を通して、他の国の人々との共生に進めるのではないでしょうか。

「二〇世紀の文化人類学はそれぞれ異なる文化を同じ地平に置き、地続きで考え、その内部へと分け入ってゆくような視点を手に入れたのです。二〇世紀後半には、それぞれの文化を文化進化論的に縦に序列化するのではなく、横並びにしてどちらの文化より優れているのかということは問わず、いずれの文化もそれぞれ固有の価値を有しており、そのことを認める『文化相対主義』という考え方が広がってきました。これは西洋社会を最も進化した文化とする文化進化論に対する、批判と反省の中から生まれてきた考え方であり、地球上の人類諸社会の多様なあり方を民族誌をつうじて描き出すことで、文化人類学は著しい発展を遂げたのです。」

著者は、例えばシェークスピアの「ハムレット」を俎上に上げ、「相手の側から物事を考えてみるのではなく、自分が慣れ親しんだ考え方ややり方に照らして状況を一方的に判断することは、社会の分断を生み出す原因のひとつにつながります。それは人種主義に基づくヘイト・スピーチなどに簡単に結びつきます。」と論じています。

本書は教科書でもなければ、文化人類学を学ぶための参考書でもありません。だから、読みやすい。そして紹介された多くの民族の暮らしに、ヘェ〜、とかふぅ〜んとか、ええっ!?とか言いながら、多くの考え方があることを知り、それを知った上でともに生きてゆくことの意義を教えられます。

インドネシアのスラウェン島に生きるブギスの人々には、男性でも女性でもない「第三のジェンダー」ばかりか、第四、第五と、五つのジェンダーがあるなどという話にはひっくり返りそうになりますが、脳内を軟らかく、新鮮な状態にするにはもってこいかもしれません。

どこまでも刺激的で面白い本でした。

当ブログでは「マンガ人類学入門」も紹介していますので、興味を持たれた方はどうぞ。