面白い女性に出会いました。先週末、岡崎のみやこメッセで行われた「京都文学フリマ」に参加するために夜行バスで来て、フリマ終了後、当店でフェアの話をまとめ、大きな荷物を引っ張って、再び夜行バス乗り場に向かっていきました。

その人は、モノ・ホーミーと言う名前で挿画を中心に幅広い活動をされています。夏葉社から出た大阿久佳乃「のどがかわいた」の表紙絵といえば、思い当たる方も多いと思います。

全6巻が出ている「貝がら千話」は一枚の絵と、奇妙なもの、楽しいもの、悲しいもの、へんてこりんなものなどの短い物語が、一緒になっています。彼女は先ず、絵を描き、それに合わせた物語を作り上げていくのだそうです。
第1夜「あなたの種、売ります」が書かれたのは2019年2月6日。第100夜「パブリックディスクロージャー」が同年5月16日。ここまでが第1集として単行本化され、最新刊は、2020年6月20日の第501夜「ぼくのかわいいぬいぐるみ」から同年9月27日の第600夜「風船」までを収録した第6集。いや、凄い!ここまでひたすら書き続けているのが。これ、どこから読んでも大丈夫。表紙と本文に挟み込まれている絵の、気に入った巻からお読みください。美しく輝く小説の導入部を読んでいるような気分になりますよ。
今回のフェアでは、つけペンとインクで描かれた「モノ・ホーミー線画集」も出ています。京都の出版社「さりげなく」より刊行された”お風呂で読める”長湯文庫「するべきことは何ひとつ」に収められている、33篇の短編のもとになった図案から描き起こしたものです。
また、詩画集「ユー・メイド・ア・ポエット、ガール」は、翻訳家で詩人の 高田怜央さんとの探索ユニット”海の襟袖”の第一作です。日本語で書かれた詩が、英語でも読める凝ったスタイルの本に仕上げました。このユニットの第二作「窓新聞『トキオタイムス』」は、モノ・ホーミーさん曰く「覗き込むと日常に風景から詩が浮かび上がる風景詩化装置」というさらにユニークな作りになっています。
その他にもポストカードセットや、原画カードもお持ちいただきました。ぜひ、ごらん下さい。
☆レティシア書房のお知らせ   
次週1月25日(水)〜29日(日) 「海外文学」セールを行います。特価商品がいっぱい!