ミニプレス「よあけのたび」の、第2号発刊を記念して、「Have a wonderful morning 」と題した展示が今日から始まりました。

「よあけのたび」は、主に京都(他に鎌倉、尾道)のカフェなどの朝ごはん巡りが、エッセイと写真と楽しいイラストマップで書かれています。著者はまごさん。1000件以上のモーニング巡りをした朝型人間だそうで、朝の魅力を発信し続けています。早朝街を散歩していて、ふと気になったカフェに立ち寄りモーニングを注文する。まごさんは、店の佇まい、ドアを押して入った印象や、その時の気分を丁寧に綴っていきます。コーヒーの匂いが立ち上ってきて、店主との静かな対話、食器の音などが聞こえてくるようです。すぐにでも食べたくなるような美味しそうなトーストやサンドウィッチ、これは危険な本です。

いつも市内のカフェの情報を携えてレティシア書房に立ち寄ってくださるIさんに、昨年まごさんのミニプレスを教えてもらい、その後何度も追加注文している人気のミニプレス(2021年5月30日の店長日誌で紹介)。京都に長く住んでいますが、カフェでモーニングという時間を持たないまま暮らしてきました。「よあけのたび」を手にしたら、これを体験しないのは人生の楽しみを半分損してたのではないかと焦ります。

「わたしにとって朝の時間は、たとえ近所でも、コーヒーとトーストというシンプルな食事でも、旅をしているときに感じる非日常のような特別な時間です。」と、「よあけのたび」の1号に書かれていました。そして待望の第2号。冒頭にはこう書かれています。

「なんでもない日が少し特別に思えるから、夜明けのたびにワクワクする。それは旅へ出る日のように。」小さな旅は、今こんな時期にこそ大切なものかもしれません。

今回の個展では、まごさんの作った張り子の狸と、 ミニチュアフードを手がけるBonchi Kyotoさんとの「たぬきの朝ごはん」というコラボ企画も!!これがメチャクチャ可愛い!!たぬきの朝ごはんに、時を忘れて見入ってしまうこと請け合いです。(張り子のたぬきは販売しています。)その他、朝の散歩に持っていきたいオリジナルマルシェバッグなども販売していますので手にとってご覧ください。

そしてさらに、「思い出の朝ごはんを描かせてください」というinstagramを通じての呼びかけに寄せてもらった文章とともに、まごさんのイラストが並んだ「思い出の朝絵ご飯」(写真左)という、盛り沢山の展示となりました。食欲の秋、まごさんの展覧会でお腹いっぱいになってください。(女房)

 

 

朝ごはん巡りミニエッセイ本「よあけのたび2」発刊記念展

『Have a wonderful morning 』は、11月16日(水)〜27日(日) 13:00〜19:00(最終日は18:00まで)月火定休日

 

京都のカフェやギャラリーなどの情報にめっぽう強い、当店のお客様のIさんが、カフェで見つけた、とご紹介していただいたのが「よあけのたび」(ミニプレス/650円)です。

カフェ情報について熟知しているIさんが、知らない店ばかり!と言われたので、それは店で置いてみたいと連絡先を探し、販売の運びとなりました。(今のところ、書店で置いているのは当店だけです!)

「わたしにとって朝の時間は、たとえ近所でも、コーヒーとトーストというシンプルな食事でも、旅をしているときに感じる非日常のような特別な時間です」と、この本の著者まごさん。彼女は、今までになんと700軒以上もお店を回り、モーニングを食べたそうです。この本で取り上げられているのは、京都市内が9店舗、長岡京市が1店舗、そして鎌倉市から3店舗が紹介されています。

「お団子頭のおかあさんが細長い食パンを抱えて店のほうへ歩いてきた。ご店主だった。『おはようございます』マスクをしていても、その柔らかな表情は、目や声からじゅうぶん伝わるものだ。

買い出しを済ませた店主の後ろについて店の中へ入る。御所西に位置する喫茶『茶の間』で過ごすモーニングタイムは二回目。」

「茶の間」は地下鉄丸太町駅から徒歩9分というから、割とご近所です。分厚いトーストが実に美味しそうです。

西山の中腹にある善峯寺。ここは、日の出がクリアーに見える場所としてくる人の多い場所とか。ここで日の出を見た著者は、喫茶リゲルへと向かいます。

「ドラマチックな朝を迎えた後に向かった喫茶リゲルの店内は、先刻までいた善峯寺のような澄んだ空気に満ちていた。まだこの空間で呼吸をしている人が少ない証拠だ」と、ゆっくりとモーニングを味わい、「充実した朝の終わりは充実した一日の終わりに等しい」という風に文章を結んでいます。喫茶リゲルは長岡京市にあります。

写真と文章で楽しんだ後は、巻末に地図が載っていますのでお出かけください。