11月10日の京都新聞夕刊のトップは、「カライモブックス京から熊本へ」という記事でした。

京都市上京区にある古書店「カライモブックス」には、ここに移転される前のお店に何度か行きました。オールマイティな品揃えのお店ですが、一つ違うのは「水俣」関係の本と、水俣産のグッズが数多くあることでした。水俣病の発症の地、「水俣」を忘れないというオーナー夫妻のスタンスが反映されていました。

新聞によると「来夏、熊本県水俣市へ移転する。新天地は、作家の故・石牟礼道子さん(1927〜2018年)の自宅。水俣病に苦しむ人々に寄り添い、近代社会の矛盾や命の尊厳にまなざしを向けた石牟礼さんに共鳴してカライモブックスを始めた奥田直美さん(43)と順平さん(42)夫妻は『石牟礼文学に触れる拠点にしたい』と話す。」

お店のオープン時から、石牟礼作品や不知火海の物産を販売し、時には勉強会も開催されていました。私は、池澤夏樹個人編集による「日本文学全集」(河出書房新社)で石牟礼作品に出会いました。収録されていた「椿の海の記」の、豊かな言語表現と色彩感覚に圧倒されました。

代表作「苦海浄土」は実はまだ読んでいませんが、「あやとりの記」「水は海土路の宮」「十六夜橋」と、続けて読みました。最近、池澤夏樹による石牟礼文学論考の「されく魂」(古書1200円)を読了。

これほど、入れ込んで読んだ作家は最近ではありませんでした。その作家の自宅が本屋になるのです。奥田さん夫妻が2022年に自宅を見に行った時、水俣に住んでみたいという二人の希望と、石牟礼さんの家を残しておきたいという関係者の思いが一致したのだそうです。予定では来年3月〜4月あたりに京都の店を閉店し、その後移住、夏にはカライモブックスを再開し、石牟礼さんの書斎の公開を目指すと新聞には書かれていました。

「石牟礼文学のファンは、石牟礼さんのまなざしを通した水俣がみたいと思う。そんな人たちが立ち寄り、交流できる場所にしたい」とは直美さんの言葉です。私もぜひ見てみたい、石牟礼さんの書斎から見える水俣を。

アメリカ中間選挙の記事を差し置いて、京都の古書店の移転の話をトップに持ってきた京都新聞、地方新聞かくあるべしと思いました。記事を書かれた行司千絵さんには、当店も何度か取材していただきました。いつもありがとうございます。