「いい湯だな」をもじったようなタイトル「いい絵だな」(新刊/集英社2420円)は、伊藤孝行と南伸坊の二人のイラストレーターの対談による絵画案内です。「海の向こうから来た写実」「絵画と写真の間」「俺たちの印象派」「ヘタよりうまいものはなし」「シュルレアリスムはまだ終わっていない宣言」「イラストって何?」「現代美術のいただき方」「服を脱ぎ捨て裸の目で見よう!」の8章に分かれていて、明治から現代までの美術の流れを学習できます。帯に「ゆるくて面白い絵画談義」とあるように、ゆるゆるでありながら、時には辛辣な意見も飛び出して、刺激的な一冊に仕上がっています。

例えば、最近人気の川瀬巴水。南伸坊曰く「きれいだし、うまい。デッサンとかきっと小林清親や井上安治よりも正確だよね。だけど、何かつまんない。」「なんて言うかさ。手際がよすぎる。小節きかせすぎの演歌みたいなさ。手探り感がないっていうのかな。」と言います。

川瀬は当店でも人気ですし、私も好きな画家ですが、う〜んうまいこと言うなぁ、と感心しました。川瀬、小林、井上の図版が載っていますので、見比べてください。

「ピカソがルソーの絵を褒めたのも決して上から目線じゃなく、心の底から感心したんでしょう。絵がうまいってつまんねえことだな……って気づいたピカソは、やっぱり偉大です。」と言う南伸坊のコメントで始まる「ヘタよりうまいものはなし」でも、二人はあぁだ、こうだと語り合うのですが、これがめっぽう面白い!

「シュルレアリスムはまだ終わっていない宣言」では、つげ義春まで飛び出す奇想天外さ。でも、きちんとシュルレアリスムについて語っていて、それがよく理解できるのです。お、そうなのかと目からウロコだったのが「イラストって何?」で登場する小村雪岱。大正から昭和、挿画を中心にして活動した画家を、伊藤はこんな風に評価しています。

「雪岱は挿絵も描くし、デザインもやった。本の装丁や舞台美術、映画の時代考証なんかも手がけている。マルチです。やっていることは本質的に和田誠さんや宇野亜喜良さんなど六〇年代以降のイラスタレーターに近いですよね。」

と、まあこんな風に最後のページまで楽しく絵画についておしゃべりが続く素敵な本です。