「いい湯だな」をもじったようなタイトル「いい絵だな」(新刊/集英社2420円)は、伊藤孝行と南伸坊の二人のイラストレーターの対談による絵画案内です。「海の向こうから来た写実」「絵画と写真の間」「俺たちの印象派」「ヘタよりうまいものはなし」「シュルレアリスムはまだ終わっていない宣言」「イラストって何?」「現代美術のいただき方」「服を脱ぎ捨て裸の目で見よう!」の8章に分かれていて、明治から現代までの美術の流れを学習できます。帯に「ゆるくて面白い絵画談義」とあるように、ゆるゆるでありながら、時には辛辣な意見も飛び出して、刺激的な一冊に仕上がっています。

例えば、最近人気の川瀬巴水。南伸坊曰く「きれいだし、うまい。デッサンとかきっと小林清親や井上安治よりも正確だよね。だけど、何かつまんない。」「なんて言うかさ。手際がよすぎる。小節きかせすぎの演歌みたいなさ。手探り感がないっていうのかな。」と言います。

川瀬は当店でも人気ですし、私も好きな画家ですが、う〜んうまいこと言うなぁ、と感心しました。川瀬、小林、井上の図版が載っていますので、見比べてください。

「ピカソがルソーの絵を褒めたのも決して上から目線じゃなく、心の底から感心したんでしょう。絵がうまいってつまんねえことだな……って気づいたピカソは、やっぱり偉大です。」と言う南伸坊のコメントで始まる「ヘタよりうまいものはなし」でも、二人はあぁだ、こうだと語り合うのですが、これがめっぽう面白い!

「シュルレアリスムはまだ終わっていない宣言」では、つげ義春まで飛び出す奇想天外さ。でも、きちんとシュルレアリスムについて語っていて、それがよく理解できるのです。お、そうなのかと目からウロコだったのが「イラストって何?」で登場する小村雪岱。大正から昭和、挿画を中心にして活動した画家を、伊藤はこんな風に評価しています。

「雪岱は挿絵も描くし、デザインもやった。本の装丁や舞台美術、映画の時代考証なんかも手がけている。マルチです。やっていることは本質的に和田誠さんや宇野亜喜良さんなど六〇年代以降のイラスタレーターに近いですよね。」

と、まあこんな風に最後のページまで楽しく絵画についておしゃべりが続く素敵な本です。

小村雪岱と言えば、泉鏡花ファンならよくご存知だと思います。装幀家として繊細で、ちょっと懐かしい江戸の姿を描いて、懐古的でありながら、極めてモダンなタッチ。大正から昭和初期にかけて、大衆文化のジャンルで活躍したデザイナー的存在です。雪岱の作品を多数収録し、その生涯を解説した「意匠の天才小村雪岱」(新潮社とんぼの本/古書1300円)は、手頃に買える入門編として最適の一冊です。

雪岱は、 大正7年、出来たばかりの資生堂意匠部に入社し、商品や広告のデザインに携わることになります。西欧調のスタイルが主流だったデザイン業界で、小村のような日本調のデザインを使うことは画期的でした。大正12年には資生堂書体と言われる独特の書体に制作に取りかかります、しかし、関東大震災で中断、その後、彼は同社を退社します。

大正3年、泉鏡花の小説「日本橋」が刊行された時、雪岱は20歳そこそこの若者で、もちろん本の装幀なんて経験がありません。余程、鏡花は雪岱に惚れ込んでいたんでしょうね。「雪岱」という雅号も鏡花が与えたものです。入手が極めて困難なこの本の装幀も収録されています。

本書には、鏡花小説に使われた挿画が沢山収録されていて、モダンな感覚が溢れる作品を楽しめます。私が見とれたのは「愛染集」の表見返しです。しどけない姿で夜の屋敷街に佇む遊女と、画面全体を覆う雪、雪、雪。その寂しさと静けさ。

或は、「春告鳥」に載っている、髪の毛一本、一本まで描き込んだ見返り美人風の女性にも、目を見張りました。「新柳集」の鳥の装幀などは、一度でいいから手に取ってみたいと憧れます。

雪岱は、舞台美術の分野にも進出しました。歌舞伎界のトップ役者、中村歌右衛門、市川左團次の舞台美術を担当。六代目尾上菊五郎からは絶大な信用を受けて、昭和6年初演「一本刀土俵入り」の舞台が大当たりしてから今日に至るまで、この舞台美術は踏襲されているのだそうです。

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

 

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)