ロシア・ポーランド文学が専門の沼野充義編著「対話で学ぶ<世界文学>連続講義」の最終第5集は「つまり、読書は冒険だ」(光文社/古書1100円)です。

この連続講義は2009年にスタートし、足かけ7年26回、ゲストを招いて対話をしたものが、全部で5冊の本になりました。対話をした作家や出版関係者は、平野啓一郎、綿矢りさ、加賀乙彦、谷川俊太郎、池澤夏樹、小川洋子、岸本佐知子等々。第5集の本作でも、巻頭を飾るのは川上弘美で、俳人の小澤實を含めて三人で、面白い文学論を展開していきます。

そして、「九年前の祈り」で芥川賞を受賞した作家であり、比較文学者の小野正嗣。

この中で沼野が、「辺境とか小さな場所とか、世界の産業や経済の中心からはだいぶ遠い、そういうところを描くこと、あるいはそういうところに徹することによって、逆に世界文学の広い地平に出ていくことがあると思うんです。それはすごく逆説的なことですが、さきほど話題になったように、作家は誰かのために書くのではなく、自分をどんどん掘っていくだけなのに、自分を掘っていったらそれがみんなのための場所になっていたということと同じかもしれない。小さな場所に徹することによって、広い文学に繋がるということについてはどう思いますか。」と問うのに対して、小野は「そういうことが起きるのが文学や芸術の不思議さ」と答えています。

海外文学の話なんか世界が広すぎて、こういうふうな対談でなければきっと退屈するのに違いないと思います。でも、沼野充義の話の持っていき方と、ゲストの知識と思想が相俟って、極めて知的な対話を楽しむことができました。

中国の比較文学者、張競との「世界文学としてのアジア文学」の中で、「随筆というのは、文字通り『筆の赴くままに』ということですね。だから最初はどこに行くかはわからない。それに対してエッセイというのは、フランス語でもともと『試み』を意味するものです。ある議論や思考を試みて、論理的に何らかの結論に到達しようとする。だから目的地を想定しているわけですね。そこが本質的に違う。」と沼野は言います。日頃、随筆とエッセイという言葉を無意識に使っていましたが、こういう違いがあるのかと知りました。

電車やカフェなどで、パラパラめくりながら読書欲が盛り上がる一冊です。ただし、ブルガリア出身の日本文学研究者のツベタナ・クリステワさんが展開する和歌、俳句、短歌を論ずる「心づくしの日本語 短詩系文学を語る」は、パラパラとは読めませんでしたが。

最終章「世界文学と愉快な仲間たち 第二部世界から日本へ」では、日本文学、日本語を研究している外国人の研究者・留学生たちが登壇します。これがとても面白い。一読をお勧めします。

小野正嗣が芥川賞を受賞した「九年前の祈り」(講談社/古書750円)を読みました。蓮實重彦が傑作だと太鼓判をおしていたので、レトリックな文体を駆使した小説かなぁと思っていましたが、いや、面白かったです。何と言っても、登場する大分弁バリバリのおばちゃんたちの会話がイキイキしています。

東京で同棲していたカナダ人と別れ、生まれた息子を連れて郷里に帰ってきた安藤さなえが主人公です。さなえの混血の息子、希敏は外見こそ美しいのですが、しばしば癇癪(かんしゃく)の発作を起こして、「引きちぎられたミミズ」のように手の付けられない状態になリます。

「引きちぎられてのたうつミミズに人の言葉が通じるのか。投げかけられる言葉は切実なものであればあるほど、尖った石のつぶてとなって、すでに傷ついた体をさらに切り込んだ。いっそう痙攣させ、のたうたせた。」

帰郷した彼女は、昔なじみの「みっちゃん姉(ねえ)」の息子が入院中で、かなり悪いことを知り、見舞いに行こうとします。みっちゃん姉は、9年前に地元のおばちゃんたち8人で行ったカナダ旅行で一緒だった一人でした。

さなえは見舞いの品に、故郷の島で取れる厄除の貝殻を採りに行きますが、その道中で9年前の旅の記憶がフラッシュバックします。そこでの彼女たちの大分弁が爆発するところは、微笑ましくも哀しくもあります。おばちゃんの二人が、モントリオールの電車ではぐれてしまった時に、みっちゃん姉は近くに教会でお祈りをしようと提案し、見よう見まねでお祈りをします。

「モントリオールの教会で、さなえと他の三人が祈りを終えて立ち上がったあとも、みっちゃん姉は依然としてひざまずいた。真剣な様子に声をかけられなかった。」

その真摯な「祈り」の姿がこの物語の大きなモチーフになってきます。さなえは、みっちゃん姉の息子も障害に苦しんでいることを、道中一緒だったおばちゃんちゃんから聞きます。

「あげえ明るい人じゃけどな、さなえちゃん、どこの世界に明るいだけの人がおるんか……..。そげな人がおったら、そら、ただの馬鹿じゃ…….。」

過去の回想が現在と交錯する文章が、発達障害を抱えた息子、シングルマザーを取り巻く環境、未来への展望が全く見えない人生など、さなえの抱える苦しみをあぶり出していきます。

「その腐敗から生じた毒がさなえの体を通して息子に伝わってしまったのだろうか。だとしたら、すべてはさなえのせいだ。膝の上に置かれている希敏の頭が寝苦しそうだ。汗で少し濡れた希敏の髪をそっと撫でた。」

 旅行の機内で泣き止まない赤ん坊を守らんとしたオバちゃんたち、そしてひたすら祈っていたみっちゃん姉、登場する彼女たちこそ救いの象徴なのです。残念ながら、本作では男性はほとんど無意味な存在です。

そう簡単ではないだろう、これからの人生。でも、

「いま悲しみはさなえのなかになかった。それはさなえの背後に立っていた。振り返ったところで日の光の下では見えないのはわかっている。悲しみが身じろぎするのを感じた。」と、さなえが感じるラスト。救ったのは、あのおばちゃんたちだったのです。

ちなみに、作者の小野正嗣は、現在「日曜美術館」(NHK・Eテレ日曜朝10時)で司会をしています。

 

★ただ今開催中の「福井さとこ絵本原画展」に伴い、2月3日(日)18時から、福井さんによるスロバキアのお話会を行います。参加ご希望の方はレティシア書房までお申し込み下さい。(075−212−1772)

★レティシア書房 恒例「女子の古本市」は2/6(水)~2/17(日)です。出店者は女子ですが、もちろんどなたでもご来店くださいませ!今回も27店程にご参加いただきます。お楽しみに!

「女子の古本市」準備のため、4日(月)5日(火)はお休みいたします。