当店のお客様が、学生時代に馴染んだ海外文学をドンと放出されました。本日より29日(日)まで5日間のフェアですが、面白い本が沢山あります。

発売された途端に注目されたルシア・ベルリンの短編集「掃除婦のための手引書」(講談社900円)。1936年アラスカ生まれのルシアは不遇の作家でした。2004年に亡くなりましたが、生前はほとんど評価されませんでした。しかし、死後十数年たって”再発見”されます。

日本で初の翻訳を担当した岸本佐知子は「このむきだしの言葉、魂から直接つかみとってきたような言葉を、とにかく読んで揺さぶられてください。」と書いています。夜明けに、震える足で、酒を買いに出かけるシングルマザーを描いた「どうにもならない」は、辛い物語ですが心の奥底に響いてきます。

以前にブログで紹介したアメリカ社会の底辺を生きる人々の声をすくい上げたリン・ディンの「アメリカ死にかけ物語』(河出書房新社700円)も今回出ていますので、あわせてお読みください。

昨今の海外文学の紹介では新潮社「クレストブックス」シリーズは外せません。25歳でデビューしたテア・オブレヒト「タイガーズ・ワイフ」(新潮社700円)、人生の多面的な表情を巧みに掴み取る名手、現代イギリス文学の名匠イアン・マキューアン「土曜日」(新潮社900円)。長編小説の醍醐味ってこういう作家の本ですね。彼のブッカー賞受賞作「アムステルダム」を読み終わった時には豊かな気分になりました。

他に、ロシア系作家クセニヤ・メルニク「五月の雪」(新潮社500円)、岸本佐知子翻訳・ミランダ・ジュライ「最初の悪い男」(新潮社500円)などが出ています。

確か2000年だったと思いますが、みずす書房が「サン=テグジュべり・コレクション」全7巻を出しました。その装丁のスマートさに惹かれて、「夜間飛行」(みすず書房500円)を買った記憶があります。このシリーズからは「南方郵便機」(みすず書房500円)も出ています。文庫を買うなら絶対こちらがおすすめです。

村上春樹翻訳本では、グレイス・ベリーの短編集「その日の後刻に」(文藝春秋500円)、柴田元幸、川本三郎らと参加した「and Other Storiesとっておきのアメリカ小説12編」(文藝春秋300円)があります。後者は、アメリカ映画ファンなら読んで欲しい。映画化された作品ではありませんが、アメリカ映画の匂いが立ち上ってきます。

今回の目玉として、柴田元幸が編集した海外文学雑誌「MONKEY」(Switch)のバックナンバーがずらり登場。川上未映子が村上春樹にインタヴューする「WINTER 2015」は買いですよ!価格はすべて500円という特価。

最後にもう一冊ご紹介。梨木香歩翻訳・クレア・キップス「ある小さなスズメの記録」(文藝春秋500円)はとてもいい本です。ハードカバー、函入りのこの版をお勧めします。読んだ後は、ぜひ部屋に飾ってください。挿画は酒井駒子です。

とにかく安く出ています!お早めにどうぞ。

 

 

柴田元幸責任編集の雑誌「MONKEYvol.21」(スイッチ・パブリッシング/古書800円)の中で、作家の西崎憲が、柴田と「音のいいバンドは歌詞もいい」というタイトルで対談していることを知りました。。西田は、小説「飛行士と東京の雨の森」という傑作を出す一方で翻訳や作曲などでも作品を発表し、文学雑誌「食べるのがおそい」の編集長と、マルチな活動をしています。最近の彼の著書「全ロック史」は極めて良質のロック史なのですが、4000円ほどする本で、しかも分厚い。当ブログ用の読書に追いかけられている私には、今はなかなか手が出ない一冊なのです。だからせめて「MONKEY」の対談だけでも読もうと思いました。

もちろん、この対談も音楽好きには必読なのですが、今号の中でご紹介したいのは、巻頭を飾るブレイディみかこの小説「Everyday is like Sunday,isn’t it ?」です。今のイギリスの現状を鋭く突っ込んで描く彼女のノンフィクション作品は、以前当ブログで何度か紹介しました。小説は初めて読んだのですが、面白い!

主人公は、登校拒否と自傷行為で里親たちの間をたらい回しにされてきたスティーヴンという少年です。彼が、学校にいるバディというセラピー犬に出会い、少しづつ変化してゆく様が描かれていきます。「狼と熊が混ざったようなもこもこしたアキタ犬を一目見たとき、スティーヴンには彼がスペシャルだという子が瞬時にわかった。」らしいのです。

で、このバディの独白が何度か登場しますが、この犬、博多弁なのです(笑)。こんな感じです。

「どうも小耳に挟んだところによれば、コーヴィッド19っちゅう病気があって、それがえらい流行りだしだしとうらしいけん、ジョニーがあげなこと言いだしともそれと関係あるとかもしれん。

それにしたっちゃ暇……….。もし学校に行っとったら、今頃はカーム・ルームにおったっちゃけどね。」

そうこれは、コロナの流行で学校に行けなくなった少年と犬のお話です。しかし、犬のおかげで少年が前向きに生きてゆくとか、輝きを取り返すという風な物語ではありません。そこは、リアルにイギリスの今の状況を反映してあります。

コロナのために学校が休校になる措置が取られているのですが、施設入所中の子供や、ソーシャルワーカーが家庭に介入している家の子供たちは、逆に登校しなければならないのです。しかし、もとより登校拒否を繰り返していたスティーヴンは、やはり学校に行かなくなります。学校に行ってもバディがいないからです。

自分の部屋に閉じこもるスティーヴン。「子供の素行の改善は一進一退だということを知っている。魔法の杖で全てが一瞬にして良くなるわけではない」ことを熟知している里親ヘレンは、バディと彼を会わせる計画を作ります。オンラインで画面で向かい会うというものです。

「お?おお?お、おおおお、こ、この顔は、ひょっとすると……..、やっぱカーム・ルームに毎日来よった子やん、わん、わん、わん、わん、立て続けに吠えてしもうたが、ああ、懐かしかあ。元気しとったかや?」

いうのが、スティーヴンを見たときのバディの心の声ですが、もの言いたげなバディな顔を見たスティーヴンは、

「まったく、すべてがバカバカしいよね。こんな世界なんか滅んでしまえばいいのに。君と会えないのなら、世の終わりが来たっていいんだ、ダブルデッカーバスか十トンのトラックに轢かれて死んででもかまわない。」と言いたかったのかな、と考えてから、ちょっと最近聞いてる音楽に影響されてるかも、などと思います。

「毎日が日曜日みたい。毎日が静かで、灰色。」という文章で小説は終わります。

著者は、1988年、サッチャー政権以降のイギリスを代表するミュージシャン、モリッシーのヒット曲”Everyday is like Sunday,isn’t it ?”を元にして、この作品を書き上げました。作中スティーヴンの聞いていた音楽はこの曲です。